スポンサーリンク
スポンサーリンク

[Mac] カレンダーアプリで「サーバからエラーが返されました」 【Googleカレンダーと同期できない】

インターネット小話ニッチな話題パソコン基礎知識

Macのカレンダーを起動したら、エラーメッセージが表示されました。

いろいろ試したことをメモしておきます。

ポイント
  • Googleアカウントを再認証しているうちに一度は直った。
  • 前後にシステムアップデート(macOS 11.2 → 11.2.1)があった。
  • 一度うまくいっても、しばらくしてエラーが出る(T_T)
  • 放っておくと、またエラーが消える(・・?

この記事では、解決法はわかりません。

うまくいったり、うまくいかなかったり。いろいろ試すと現象が変わるので、その経過が参考になるかもしれません。

経緯のまとめ
  • 2/3 … macOS 11.2 に更新
  • 2/9 … カレンダーアプリのエラーに気づく。
    同日 … アカウント認証をやり直して、エラーが消える。
  • 2/11 … 再度 エラーが表示される。
  • 2/13 … macOS 11.2.1に更新、エラーがなくなっている。
  • 2/24 … またしてもエラーメッセージが表示された。
    同日夕方 … カレンダーの同期できていた。
環境

MacBook Air 8,1(2018年) macOS Big Sur 11.2.1
カレンダー.app バージョン11.0 (2811.3.1)

2月15日ごろからこの記事へのアクセスが急増しているので、多くのMacで同時期に カレンダーのエラーが発生しているようです。

大規模なエラーならアップデートを待つしかないのかと、若干諦めモードです(2021年2月24日現在)。

Googleアカウントの2段階認証をオフにするとうまくいく、という話も聞きました。

対処方法としては勧められないですが、2段階認証がうまく処理できていないのかもしれません。

スポンサーリンク

サーバからエラーが返されました

カレンダーアプリを起動すると、エラーメッセージが表示されました(2021年2月9日)。

サーバからエラーが返されました。
サーバからエラーが返されました。

このメッセージだけだと、何のエラーかわかりませんね。

カレンダーの上にエラーのマークが表示されています。

カレンダーの左上にエラー表示
カレンダーの左上にエラー表示

ちなみに、カレンダーアプリのバージョンを見てみると、 11.0 (2811.3.1) でした。

CalDAVAccount RefreshQueueableOperation

クリックすると、Googleカレンダーへのアクセスでエラーになっているようです。

Googleカレンダーへのアクセス許可
Googleカレンダーへのアクセス許可

カレンダーを更新できませんでした。

アカウント “〜@gmail.com” へのアクセスは許可されていません。

サーバの応答: “403”

対象となる操作: CalDAVAccountRefreshQueueableOperation

カレンダー.appも Googleカレンダーも、CalDAVという規格に則って、iCal形式のデータをやり取りしています。

GoogleカレンダーにあるiCal形式のデータにアクセスしたいのに、うまくGoogleアカウントで認証できず、更新できないようです。

カレンダーアプリの設定ファイル(.plist)がおかしい?

CalDAVAccountRefreshQueueableOperation」のエラーについて検索してみるました。

iCloudでも同様のエラーがある
iCloudでも同様のエラーがある

カレンダーアプリのサーバ接続エラーは、これまでもたくさん事例があります。

2018年の情報では、iCloudカレンダーのサーバ接続エラーの対処方法として、カレンダーアプリの設定ファイルを削除する方法が紹介されていました。

和訳
  1. 隠しファイルを表示する(ショートカットキー: ⇧⌘ .
  2. 「/Users/your-username/Library/Preferences/」を表示する
  3. 以下のファイルを探して削除する:
    • com.apple.CalendarAgent
    • com.apple.iCal.plist
  4. コンピュータを再起動する

iCloud-specific calendars are not syncing… – Apple Community

ところが、わたしの環境では、com.apple.CalendarAgent は見つかりませんでした。

CalendarAgentがない
CalendarAgentがない

com.apple.iCal.plist はありました。

iCal.plistの情報
iCal.plistの情報

作成日が「今日」になっています。毎回 生成されているんですね。

iCloudの設定か、カレンダーアプリの設定か わからないので、とりあえず、削除せずにそのまま様子を見ました。

カレンダーアプリの環境設定の「アカウント」

メニューから「カレンダー」から、「環境設定」を表示して、「アカウント」タブを表示しました。

環境設定とアカウント
環境設定とアカウント

Gmailアカウントは2つ利用しているのですが、一つは正常で一つがエラー中です。

このことからGoogleサーバのエラーの可能性は低そうです。

「委任」タブを表示してみます。

エラーのアカウントでは、「委任」タブを表示しても「委任を更新中…」と表示され、アクセス権が表示されません。

エラーと正常なアカウントの比較
エラーと正常なアカウントの比較

「編集」ボタンを押しても、「サーバからエラーが返されました。」と表示されます。

カレンダーの要求は実行されませんでした。
カレンダーの要求は実行されませんでした。

アカウントを削除して設定し直す

メニューの「アカウント」を表示すると、「システム環境設定」の「インターネットアカウント」が表示されます。

インターネットアカウント
インターネットアカウント

一度、エラーになっているアカウントを削除してみます。

アカウントを削除する
アカウントを削除する

「Googleアカウントを追加する」して、ブラウザから認証します。

アカウントを追加する
アカウントを追加する

Googleアカウントにログインして、macOSからのアクセスを許可します。

Googleでログインする
Googleでログインする

HTTP404エラーが起きました

これで、できると思ったんですが……。

やっぱりエラーになりました。

アカウントを再設定したが読み込めない
アカウントを再設定したが読み込めない

「表示」からカレンダーリストを表示して確認してみると、エラー内容が変わっています。

カレンダーリストを表示してエラーを確認する
カレンダーリストを表示してエラーを確認する

サーバからエラーが返されました。

URL https://apidata.googleusercontent.com/caldav/v2/***%40gmail.com/user にHTTPエラー404が起きました。URLが正しいか確認してください。

[OK]

先ほどのエラーと比べてみると、

  • 403 アクセス禁止
  • 404 未検出
エラー内容を比べる
エラー内容を比べる

ちなみに、Wi-Fiをオフにしているときのエラーは、こちら。

インターネットに接続していない場合
インターネットに接続していない場合

カレンダーを更新できませんでした。

アカウント “〜@gmail.com” に接続できませんでした。ネットワークに接続できないか、接続を確立中です。

一度 カレンダーのアカウントをオフにしてみた

ここまで、うまくいかなかったのですが、試しにエラーのGoogleアカウントの「このアカウントを使用」をオフにしてみました。

もう一度を「オン」にすると、なぜかエラーが消えました。

「このアカウントを使用」をチェック
「このアカウントを使用」をチェック

【追記】カレンダーの共有が関係している? 【2021年2月11日】

しばらくすると、やっぱり、同じエラーになりました。

実は、この2つの仕事用と個人用のGoogleアカウントです。

  • 仕事アカウント(エラー) – 業務カレンダーを公開
  • 個人アカウント(正常) – 業務カレンダーを共有
カレンダーの共有

業務カレンダーの内容を、個人アカウントのGoogleカレンダーでも見ることができるように、共有しています。

「委任」の欄にも、業務カレンダーが表示されています。

「カレンダー」アプリでは複数のアカウントのカレンダーを同時に表示できます。同じカレンダーを参照しているのが、良くないのかもしれません。

仕事アカウントにサインインしているのは、もともとメールアプリで表示するためです。

カレンダーは重複しているので、いったん、エラーになっている仕事アカウントのカレンダー機能をオフにしました。

エラーの出ているアカウントのカレンダーをオフにした
エラーの出ているアカウントのカレンダーをオフにした
iCalとGoogleカレンダーの同期でエラー頻発。 | さばとら!。
愛すべき猫たちとの飽きない日々、そしていろいろな記録。

↑ この記事でも、一度アカウントの再設定でうまくいっているのですが、しばらくしてぶり返しています。

最初、更新時間を15分に設定していましたが、またもやエラーが頻発。1時間にしてみると、ようやく落ち着いたようです。

ただし、まだ完全には同期エラーはなくならず。結局、根本的な解決にはなってませんが、しばらくこの設定で様子をみることにします。

さばとら!。 iCalとGoogleカレンダーの同期でエラー頻発。

【追記】macOS Big Sur11.2.1にアップデートして落ち着いた【2021年2月19日】

これで様子をみると、しばらくしてエラーが消えました(2月13日)。

ただ、この後でmacOS 11.2.1へのシステムアップデートがあったので、それが理由なのかもしれません。

振り返ってみると、macOS 11.2(2021-02-01リリース)のアップデートを2月3日にして、その後 2月11日にエラーが発生しました。

macOS 11.2.1(2021-02-09リリース)を2月13日に実行すると、更新後にアカウント認証がありました。

時系列
  • 2/3 … macOS 11.2 に更新
  • 2/9 … カレンダーアプリのエラーに気づいて様子見
  • 2/11 … やっぱりエラーが表示される
  • 2/13 … macOS 11.2.1に更新、エラーがなくなっている

セキュリティ・アップデートの内容を読むと、アカウント関係でいえば、「Sudo」の項目ぐらいでしょうか。「sudo バージョン 1.9.5p2」に更新されています。

現在は、カレンダーアプリのエラーはなくなっています。

macOSシステム・アップデート
Googleアカウントの再認証
どちらかが奏功したのかと考えています。

【追記】エラーマークだけは残っている(2021年2月20日)

カレンダーを起動したときのエラーメッセージは表示されなくなっているのですが、画面をみるとエラーのマークだけは残っています。

ただ、エラーマークをクリックしても、反応しません。調子が悪かったときは、エラーメッセージを確認できたのですが。

始めから「エラーマーク」は付いていたのか、疑問に思いましたが、エラーなしの状態では表示されないはずです。

あと気づくのは、カレンダーリストを見ても、どのカレンダーにもエラーは付いていません。

表示は抑制されているものの、アプリ内部ではすっきりしていないのかも……。

【追記】エラー表示は一度なくなった(2021年2月21日)

本日、カレンダーアプリを表示してみると、エラーマークも消えていました。

【追記】エラー表示が増えた(2021年2月24日10時ごろ)

カレンダーアプリを表示したら、また「サーバエラー」が表示されました。

今度は、Googleアカウント 2つともでエラーです。

ただし、カレンダーの表示・同期はうまくいっています。

Googleカレンダーで直接入力した予定は、アプリでも反映されました。

逆に、カレンダーアプリで入力した予定も、Googleカレンダーで確認できます。

メッセージ内容に反して、接続はできているんですよね。

iCal形式のURLをCalDAVアカウントとして追加……できず💦

実用上は動いているようなんですが、なんか気持ち悪いので、再度 Googleアカウントを削除して、設定し直してみました。

今回は「CalDAVアカウント」として追加してみます。

過去の記事を参照してみると、Googleアカウントではなく、より一般的なCalDAVアカウントとして登録する方法が紹介されていたからです。

Googleカレンダーの設定から、iCal形式の非公開URL を確認して、アドレスに入れてみました。

ところが、今回はログインできませんでした。状況が異なるようです。

アカウント名またはパスワードを確認できません。

つまり、一般的なCalDAVアカウントとして、接続できていないことになります。

Googleアカウントとして追加はできるが反映されず

仕方がないので、もう一度「Googleアカウント」として追加します。

ブラウザからGoogleアカウントにサインインして、2段階認証をします。

しかし、アカウント追加が完了しても、予定が表示されません。「カレンダーを更新」しても予定が出てこないのです。

カレンダーリストにも「Google」というアカウント名だけで、カレンダーがありません。

かえって、Googleアカウントにうまく接続できなくなりました。

うーむ、やぶ蛇でしたね。本格的に困った。

カレンダーアプリのメニューから「環境設定」の「委任」をみると、「サーバがこのアカウントの委任に対応していません」というメッセージになっています。

GoogleとAppleの情報管理の関係?

Googleカレンダーの認証方式と、macOSの認証方式が合致していないように見受けられます。

Problem with Calendar - Apple Community

↑ この回答によると、2012年頃からたびたびあるエラーのようです。

最近のmacOSの更新が影響しているのか?

それとも最近のGoogleとAppleの情報管理の変化が影響しているのか?

こうしてみると、最近 AppleもGoogleも大きな更新で忙しそうですね。

もう少し調査が必要です。しばらくはブラウザから直接 Googleカレンダーを操作します。

【追記】時間を置くとまたつながった……(2021年2月24日19時ごろ)

今 カレンダーアプリを確認したら、アカウントが表示されて、予定も表示されています。

カレンダーの「委任」もチェックできる状態でした。

もしかして、これって Googleカレンダーのサーバにつながりにくい、という単純なことなのかな?

でも、ブラウザやAndroidスマホからは通常通りアクセスできているし……。

【追記】今現在もエラーはない(2021年2月27日〜3月1日)

その後も引き続きカレンダーは正常に同期できています。

カレンダーアプリの変更はないです。

Googleカレンダーが一時的に不安定だった説に少し傾いています。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
[Mac] カレンダーアプリで「サーバからエラーが返されました」 【Googleカレンダーと同期できない】
タイトルとURLをコピーしました