Android

Android

[Google] 「〜年分のGmailの履歴にアクセスできなくなる可能性がある」?(再設定用の電話番号の意味)

Gmailで「〜年分のGmailの履歴にアクセスできなくなる可能性がある」という警告が出てくることがあります。 再設定用のメールアドレスが登録してあれば、基本的には電話番号は登録せずとも大丈夫。 でも、アカウントを使い続けることを考えると、電話番号を登録しておく方が無難な面もあります。 とくに、最近は Googleによる「不審なアカウント」の取り締まりが厳しくなってきているからです。 不正検知アル...
Android

LINEでかわいい文字を使いたい(フォント設定)

LINEでは、無料でも3種類のフォントが選べます(「無心」フォントは手書き風でかわいい感じです)。 フォントを変更するには、LINEの設定の「フォント」から好きなフォントを選んで適用します。 ただ、もっと多くのフォントから選びたい場合には、有料のLYPプレミアム(650円/月)に加入する必要があります。 自分でフリーフォントを追加できるわけではないんだね。 LINEのフォント LINEでは、画面に...
Android

「この電話番号は、既に何度も確認に使用されているため無効です。」と表示された(Googleアカウントの過剰なスパム対策)

Googleアカウントにログインする際、「この電話番号は、既に何度も確認に使用されているため無効です」とエラーが表示されてログインできなくなる問題に遭遇しました。 家族などやほかの電話番号で認証しようとしても、やはり同じエラーになってしまいました。 どうも1つの電話番号で複数のGoogleアカウントを登録していたことが一因になっているようです。 あるいは、端末の故障などでSMSの受信に何度も失敗し...
Android

Stripe請求書メールからクレジットカード払い

オンライン購入後、Stripe決済プラットフォームから請求書メールが届きました。 今回は実際の購入後に届いた正しい請求内容だったことを確認して支払いました。 迷惑メール対策を考えると、通常はメールのリンク先でクレジットカード情報を入力するのは慎重になるべきです。とはいえ、このように正しい請求メールの場合もあるので、難しいところです。 Stripe請求書のメールが届いた Stripeから請求書のメー...
Android

スマートフォンの電源がつかない?【バッテリー切れと再起動】

「スマートフォンの電源がつかなくなった!?」という相談では、実は電源が完全にオフになっているだけ、ということも多いです。 とくに、「バッテリー切れ」になると、自動的に電源が完全にオフになることがあります。 そんなときは、電源ボタンを「長押し」すれば、元通りスマートフォンを「起動」できます。 電源ボタンをふつうに押しても反応しないと、「壊れた?」と思うかもしれません。 しかし、スマートフォンの正常な...
#非営利

AppCloudというアプリが「勝手に」アプリをインストールしようとする?

最近、「AppCloud」というアプリからの通知が気になる、という相談がありました。 AppCloudは、スマホメーカーやキャリアが入れているアプリですが、どうも実態は「不要なアプリ広告」になっているようです。 システムアプリなので削除は難しいですが、通知を止めることはできます。 ユーザーの意図に反して広告を表示するアプリは、「迷惑アプリ(PUA:Potentially Unwanted Appl...
Android

[BALMUDA Phone]起動エラーで「No Command」になった

BALMUDA Phoneが起動できなくなってしまい、画面に「No command」や「FastBoot Mode」と表示されている、という相談がありました。 この状態は「Fastbootモード」と呼ばれ、デバイスに問題が発生した際に起こることがあります。 電源ボタンと音量ボタンを同時に長押ししたり、バッテリーを入れ直すことで、通常モードに戻せる可能性があります。 製造から2年半ほど経過して、内蔵...
Android

Yahoo!のログイン画面で再認証が必要なのにパスワードが入力できない(エラー番号:F003)

Yahoo!メールにログインできない、という相談がありました。 エラー番号「F003」と表示され、ログインが一時的に制限されてしまいました。 しかし、20分ほど待っているとスマホに認証コードが送られるようになり、再度ログインできました。 大事なサービスが前触れもなく急に使えなくなるから怖いよね。 Yahoo!IDにログインできない? ふだんスマホで Yahoo!アプリで天気などを見るために、Yah...
AIの話題

「Gemini」アプリと思ったら?(GeminiはGoogleアプリの一部)

ホーム画面にある「Gemini」アプリのアイコンを起動すると、AI対話画面になります。 ところが、アプリ情報を見てみると「Google」。 「Gemini」のアプリがインストールされているわけではありませんでした。 Geminiを普及させるために、既存のアプリ・機能を置き換えているから、こんなちょっとややこしいことになっているんだろうね。 環境 Pixel 5 Geminiアプリの画面はGoogl...
AIの話題

音声アシスタントをGeminiから元に戻したい

GeminiはGoogleの試験運用中のAI搭載アシスタントで、創造力や生産性を高めることを目指しています。 しかし、複雑な質問に対する回答に時間がかかるので、速さを求めるなら「Google アシスタント」がおすすめ。 元の「Google アシスタント」に戻すには、「設定」ー「Google」ー「すべてのサービス」ー「Google アプリの設定」ー「検索、アシスタントと音声」ー「Googleアシスタ...
AIの話題

ロック画面だとGeminiの音声アシスタントが動かない?(クイック音声操作の設定)

Androidスマートフォンで、Geminiの音声アシスタントを使うと、ロック画面での音声操作ができなくなることがあります。 これは設定によるものです。 Geminiアプリは初期状態だと「ロック画面での応答」の設定がオフになっています。 Geminiアプリの設定で有効にすると、スマートフォンがロック中でも、いちいち解除せずにクイック音声操作ができます。 てっきり、Geminiは、ロック解除しないと...
AIの話題

「Geminiをお試しください」(音声アシスタントの切替え)

Androidスマートフォンに新たな音声アシスタント機能「Gemini」が登場しました。 従来の「Googleアシスタント」から切り替えられて、簡単なスワイプ操作で すぐに生成AIに相談できます。 スクリーンショットを添付することで、画面内の情報を「見る」能力も備えています。 利用には「Google 利用規約」と「生成AIの利用規約」の同意が必要です。 環境 Pixel 5、Android 14 ...
Android

[Windows] 「近距離共有」はパソコン同士のファイル転送(Windows版のAirDrop)

Windowsには「近距離共有(Nearby Sharing)」というファイル転送機能があります。 同じWi-FiネットワークにあるWindows PCに、ファイルを直接送ることができます。 ただし、Androidの「ニアバイシェア(NearBy Share)」とは別物。今のところアプリなしではスマホとのやり取りできないのが残念(2024-02-28現在)。 かんたんに言うと、iPhoneのAir...
Android

[Slack]「Sending message…」という通知が消えない(永続的な通知)

ロック画面に Slackの「Sending message...」と通知が消えなくなりました。 結局、スマートフォンを再起動したら、通知が消えました。 「Sending message...」と通知 ロック画面に Slackの「Sending message...」と通知が消えなくなりました。 セキュリティアプリなどの通知と同じパターンで、スワイプしても非表示になりません。 しかも、Slackアプ...
Android

いろんなクラウドストレージの基本

クラウドストレージは、スマホから重たいデータを移すのにも適したツールです。 Google ドライブ、iCloud Drive、OneDrive、Dropboxなどがあり、それぞれに無料容量や有料プランが設定されています。 選び方は使用しているデバイス、必要なストレージ容量、ファイル共有の頻度、コストを考慮することが大切です。 たとえば、Androidスマートフォンを使っているならGoogleドライブ、iPhoneならiCloud Driveが使いやすく、Windowsパソコンを利用していればOneDriveを選ぶとスムーズです。
Android

HangoutはGoogle Chatになっている(ビジネスチャットツール)

Google Chatは、Google Hangoutの後継ツールで、ビジネス向けに拡張・発展させたものです。 GmailやGoogle Docsなどとの連携がしやすくなっています。 ZoomやSlack、そして Microsoft Teamsに対抗しているんだろうね。 Google Hangoutは個人向け Google Chatは、テキストでのグループチャットができるコミュニケーションツールで...
Android

Googleチャットの通知がGmailにも二重に来る

最近、Googleチャットを使い始めたのですが、同じ通知が2つも届くようになりました。 調べてみたら、Gmail アプリからもチャットの通知が来ていたので、止める設定にしました。 Gmailアプリにも「チャット」タブがあるから、Chatアプリをインストールすると重複してしまうんだね。 Googleチャットの通知をGmailでオフにする Googleチャットを始めたところ、通知が二重に来ました。通知...
Android

メルカリ出品ページが勝手に更新された?ログイン履歴の見方

メルカリで「自分が触っていないのに出品ページの更新時間が変わっている」という場合でも、「アカウント乗っ取り」の可能性は多くありません。 とくに、二段階認証に設定していれば、かんたんには不正アクセスされません。 心配な場合は「マイページ」の「個人情報設定」から「ログイン履歴」を確認できます。 見に覚えがない時間に出品ページが更新されている 昨日から、触っていないはずのメルカリ出品ページが「1時間前に...
Android

d払いタッチのエラー(「おサイフケータイ」と「Googleウォレット」を連携させる意味)

Androidスマートフォンで「d払いタッチ」を使うには、グーグルウォレットに設定します。 しかし、レジで「iDをご利用いただくには、おサイフケータイアプリへGoogleアカウントでログインいただく必要があります」というエラーが表示され、決済ができないことがあります。 これは、Googleウォレットと「おサイフケータイ」アプリ がうまく連携できていないからです。 おサイフケータイアプリ を開いて、...
Android

問題. 「顔を識別して写真を整理しますか?」

写真を開いたら「写真識別をどうしますか?」と表示されました。オンにした方が良いのでしょうか?デメリットはありますか?教えていただけると ありがたいです。 回答例 Googleフォトの写真識別機能は、「オフにする」で構いません。それでも通常のGoogleフォトの使い方はできます。 「オン」にするのは、便利な自動振り分け機能を使いたいときです。 写真識別機能は便利ではある 写真識別機能を「オン」にする...
Android

Googleの子どもアカウントの意外な使用制限(ペアレンタル・コントロールと児童保護)

Googleの「子どもアカウント」では思わぬ機能が制限されていて、保護者でも解除できないことがあります。 これは、保護者が子どものスマホ利用を管理するためだけでないからです。 子どものセキュリティやプライバシーや保護するために、小学生まで(13歳未満)だとさまざまなアプリやサービスが利用できません。 子ども用アカウントで制限される意外な機能 Googleの子ども用アカウントには、いくつかの制限が設...
Android

問題. 「Google Play Pass」、どうする?

「Playストア」でアプリを更新しようとしたら、こんな画面が出てきました。いったい何なのでしょうか。どうしますか? 回答例 下にスクロールして「後で」を選びます。 「確認する」は、有料のゲーム・アプリをたくさん利用したい人向けです。 有料ゲーム・アプリの月額サービスである「Google Play Pass」の宣伝です。 多くのアプリでは、運営が仕向けたい操作ボタンを目立たせるように配置しています。...
Android

スマホにたまった写真をすっきりさせるには?「Google フォト」の「お気に入り」・「アーカイブ」・「削除」

Androidスマートフォンの「フォト」アプリには、「削除」だけでなく「お気に入り」や「アーカイブ」といった写真を整理する機能があります。 また、整理する前に、ストレージの空き容量の確認をしておきましょう。本体のストレージだけでなく、バックアップするならクラウドストレージの容量も大事です。 写真の整理の前に容量を確認する スマートフォンの写真が整理できていないのですが、どうすればよいですか? (A...
Android

どうして UQモバイルのメールでHTMLメールが表示できないの?(MMS)

UQモバイルメール(〜@uqmobile.jp)にHTMLメールを送ると、テキストメールに変換されて表示されます。 これは、UQモバイルメールが MMS という仕組みを採用しているからです。 MMSは、2000年代に規格化された携帯電話向けのメッセージ方式で、一般的なパソコン用メールとやり取りできるものの、携帯電話に適した「軽量化」が施されています。 つまり、GmailやiCloudメールなど同じ...
Android

「安全でないサイト」と「危険なサイト」との違い(Chromeの警告画面)

Chromeによるサイトの警告には、大きく分けて2種類あります。「安全でないサイト」と「危険なサイト」です。 「安全でないサイト」は、そのサイトとの通信が暗号化されていないので、途中のやり取りが傍受される危険性があることを注意喚起しています。 一方、「危険なサイト」は、そのサイト自体が「利用者を騙して情報を盗み取ろうとしている」と通報されていることを意味しています。 Chromeで説明していますが...