LINEスタンプをプレゼントされたのに使えない? 【アカウントとダウンロード済み】

スポンサーリンク

LINEアプリといえば、楽しいのがスタンプのやり取りです。

「スタンプ」というのは、メッセージをやり取りするときに使う絵柄です。

笑顔や驚いた顔など、気分を伝えたり、「ありがとう」などよく使う簡単なメッセージを伝えるのに使われます。

こんな質問がありましたので、スタンプの使い方を少し解説します。

ちいラボでは、このような「何がわからないか、わからない」というこんな質問でも大丈夫!

スマホの入力に慣れていなくても大丈夫! 一緒に悩みながら解決しましょう。

スポンサーリンク

持っているLINEスタンプを確認するには歯車マーク

まずは状況を整理してみましょう。「友だちからLINEのスタンプをプレゼントされたものの、使えるスタンプとして表示されない」ということですよね。

持っているスタンプを確認するには、「マイスタンプ」を表示します。

  1. トーク画面で「スタンプ」を押す
  2. 「設定(歯車)」を押す

マイスタンプ画面では、購入したり、プレゼントされたスタンプの一覧を見ることができます。

LINEスタンプの「ダウンロード」って何?

マイスタンプ画面を見ると、「ダウンロード」アイコンが表示されているスタンプがある場合があります。

このスタンプは「まだダウンロードされていません」

LINEサーバーにアカウント情報は保存されている

どういうことなのか説明しましょう

LINEを使う人、つまりLINEユーザーは、「アカウント」というものを持っています。

「アカウント」とは、サービスを利用する上での登録情報のことです。

個人を区別するための「ID(アイディー)」と、本人確認するための「パスワード」を決めることが多いです。

「アカウント(account)」の元々の意味と「口座」です。

皆さんのメッセージのやり取りは、LINE社のサーバー(大きなコンピュータ)で処理されます。ちょうど、銀行が預金を管理するようなイメージです。

友だちからプレゼントされたスタンプは、いったんサーバーにある「あなたのアカウント」に書き込まれます。

「振り込み」みたいなもんかー

そうです。しかし、まだ「あなたのスマホ」にはスタンプのデータはありません。そこで、サーバーから「あなたのスマホ」に「ダウンロード」することになります。

「引き出し」みたいなもんだね

もっとも電子データなので、スマホにダウンロードしても、ちゃんとサーバーにも残っています。

だから、スマホを買い替えても、同じスタンプを使い続けることができます。

LINEスタンプをプレゼントされたらダウンロードを忘れずに

ということで、実際にスタンプをダウンロードしましょう

先ほどの「マイスタンプ」の画面で、使いたいスタンプをタッチしてください。

ダウンロード(購入済み)」をタッチすると、ダウンロードが始まります。

少し待つと「ダウンロード済み」になるので、「戻る」ボタンを押して、トーク画面に戻りましょう。スタンプが増えているはずです。

まとめ:LINEスタンプはダウンロード済みになっていないと使えない

今回は、「プレゼントされたスタンプが使えない」というトラブルを考えてきました。操作としては、「マイスタンプ」画面で「ダウンロード」する、という手順をしました。

しかし、大事なのはその理由。スマートフォンは、インターネット上にある「サーバー」といういろいろな会社の大きなコンピュータの力を借りながら、便利な機能を実現しています。

別の言い方をすると、「自分のスマホ」だけでなく、遠くの「サーバー」を操作していることになります。いわば、自分のスマホは「リモートコントローラー」のような役割なのです。

サーバーにある全部のデータを「自分のスマホ」にいれるとわかりやすいのですが、そうするとすぐにデータでいっぱいになってしまいます。

そういう理由で、「適宜」ダウンロードしながら利用している、ということになります。

ビデオ授業でも説明しています

こちらのビデオ授業(約20分)でもゆっくり説明しています。

LINEスタンプのダウンロードについてのお話

こちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました