スポンサーリンク

iPhoneの写真をパソコンにコピーする【エクスプローラーの使い方】[Windows 11]

いろんな周辺機器スマホ基礎パソコン基礎知識冊子テキスト

iPhoneの写真も、デジカメのようにパソコンにコピーして管理することができます。

ただし、iPhone内の写真は入れ子構造になっているので、ファイル管理の操作をしっかり理解しておくことが大事です。

環境

iPhone 13(iOS 15)、Windows 11の場合

スポンサーリンク

ケーブルでつないだら「アクセス許可」

iPhoneの写真をパソコンに保存するには、まずケーブルで接続します。

充電・データ転送のケーブルのUSB端子をパソコンにつなぐと、
iPhone・パソコンのそれぞれに通知画面が表示されます。

ここで操作が必要なのは iPhoneの通知画面です。

iPhoneでは、「パソコンから iPhone内の写真を閲覧・コピーできるようにしてよいか」、確認画面が表示されますので、「許可」を選択します。

iPhoneをパソコンに接続してアクセス許可をする
iPhoneをパソコンに接続してアクセス許可をする

このデバイスに写真やビデオへのアクセスを許可しますか?

このデバイスは、お使いの iPhone に接続されているときに、写真やビデオにアクセスできるようになります。

[許可]
[許可しない]

iPhoneがロックされたままだと、「許可」できません。
パソコンにつないだら、iPhoneの画面を表示させましょう。

たまに互換品のケーブルだと、充電のみでデータ転送に対応していないこともあります。

エクスプローラーでiPhoneの写真を見る

iPhoneの写真をパソコンに送るときに、iPhoneの画面で写真を選びたくなりますが、パソコン側から操作する必要があります。

Windowsのパソコンでは、「エクスプローラー」というアプリで、ファイル管理をします。

エクスプローラーは、左右の画面に分かれています。
ナビゲーションウィンドウ(左)で保管場所を選んで、
メインウィンドウ(右)でファイル一覧を操作する
というのが 基本の使い方です。

ナビゲーションウィンドウ:入れ子構造をたどる

ファイルの保管場所は「入れ子構造」になっているので、左側のナビゲーションウィンドウでたどっていきます。

フォルダ名の左にある「 > (展開)」ボタンをクリックすると、中にあるサブフォルダが表示されます。

PC
Apple iPhone
Internal Storage(内蔵ストレージ)
DCIM(デジカメ画像:Digital Camera Image)
202102_ …(撮影年月ごと)
の順に「展開」していくと、
iPhoneで撮影した写真が、撮影年月ごとに小分けされているのが確認できます。

iPhoneの「アクセス許可」ができていないと、Apple iPhone以降は反応しません。

その場合は、もう一度 ケーブルを外して、やり直します。

メインウィンドウ:ファイル一覧を表示する

ナビゲーションウィンドウにある「撮影年月フォルダ」をクリックすると、右側のメインウィンドウに、小分けされた写真が表示されます。

画面右上にある「表示」をクリックすると、ファイル一覧の「表示形式」を変更することができます。

例えば、
・写真イメージを見たい場合は、「大アイコン
・撮影日などを確認したい場合は、「詳細」を選択します。

以前のiPhoneでは、DCIM内のサブフォルダ名は、「APPLE100」などのように、ただの連番になっていました。

この撮影年月で小分けされるようになって、いつ撮影した写真か わかりやすくなりましたね。

写真をまとめてコピーする

iPhoneの写真をパソコンで保管する場合は、
一枚一枚の写真をコピーするより、
月毎にまとめてコピーするのがオススメです。

まずは、ナビゲーションウィンドウで「DCIM」をクリックします。すると、メインウィンドウに撮影年月ごとのフォルダが並びます。

コピーしたい撮影年月のフォルダを1つ選んで、コピー先まで「ドラッグ」します。すると、そのフォルダごと写真がまとめてコピーされます。

「ドラッグ」は、マウスのボタンを押したまま動かす操作のことです。

フォルダのコピーでは、
ボタンを押し始めた点で コピーするフォルダを選び、
ボタンを離した点が コピー先の場所を指定しています。

指を離したときに、マウスポインタがコピー先フォルダに重なっていると、「〜にコピー」と表示されます。しっかり確認しましょう。

マウスポインタは、矢印の尖った先の地点を指示しています。

【コツ】あらかじめ受け皿フォルダを作っておく

ちなみに、フォルダをデスクトップにそのままコピーすると、画面上にごちゃごちゃになってしまいます。あらかじめ、受け皿になるフォルダを用意しておいた方が、スッキリします。

デスクトップ上で右クリックすると、メニューが表示されます。
新規作成」ー「フォルダー」の順で選択すると、
右クリックした地点に「新しいフォルダー」が作成されます。

自分の好きなフォルダ名を入力して、エンターキーで「確定」すれば、フォルダ作成は完了です。

ここを指示して、iPhone内の写真フォルダをコピーしてくれば、管理がしやすいですね。

こちらもどうぞ。

Windows PCの中にファイルはどうやって整理されているか? 【フォルダ構成の基本】
パソコンの中のファイルがどこにあるかわからないんだけど、基本的なことを知りたいな。Windows PCでは、「エクスプローラー」というアプリでファイルを管理します。すべてのファイルは、階層構造で管理されていて、通常は ...
iPhoneを外部USBメモリにバックアップするときの注意点(バッテリー充電)
iPhoneを外部USBメモリにつないで、バックアップを作成しようとしたら、バッテリーが足りなくなりました。Lightning端子をUSBメモリにつないでいるので、充電ができません。USBメモリに直接つないでバックアップする場合は...
iPhoneストレージが減っているので動画を削除したい【自分のビデオを再検討】
iCloudストレージは有料プランで増やせたんですが、iPhoneストレージの増やし方が分かりません。「iPhoneストレージ」とは?iPhoneストレージは、iPhone内蔵の保存容量です。i...
iPhoneの「ライブラリ」の写真がなぜか削除できない【iTunesの写真の同期】
iPhoneの写真の中にある「ライブラリ」ってところの写真で削除できないものがあるのは、なぜでしょうか?削除できない写真はどんな写真でしたか?「iPhone内の写真で削除できない」というと、まず思い浮かぶのは、PC...
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
iPhoneの写真をパソコンにコピーする【エクスプローラーの使い方】[Windows 11]
タイトルとURLをコピーしました