【スポンサーリンク】

Macのディクテーション(音声入力)を上手に使うコツは?

MacBookに向かって話して入力できると、作業効率が上がります。
ディクテーション機能のポイントについて整理しておきましょう。 

\記事が役に立ったらシェアしてね/
【スポンサーリンク】

30秒途切れなければ話し続けることができる

初期設定だと、コマンドキーを2度押しすると音声入力を開始できます。

音声入力は ESCキーなどでオフ(完了)にできますが、そのままでも30秒間音声が検出されないと自動的に停止します。

逆にいうと、全体の話す時間が長くても 30 秒以内に話を続けていれば、入力し続けることができます。

Appleシリコン搭載だとスムーズ

Appleシリコンを搭載したMacだと、音声入力はデバイス上で処理できるようになります1
つまり、インターネット接続の必要がなくなるので、反応がよくなります。

このために MacBookを新調しようかな。

イヤホンマイクだと雑音が減る

MacBookには内蔵マイクがあるので、パソコンに向かって話すこともできます。しかし、口元との距離があるので認識精度が落ちやすいのも事実。イヤホン付属のマイク(ヘッドセット)を利用すると認識されやすくなります。

雑音を減らすのが認識率アップのコツ。

キーボード操作を減らす音声コマンド

キーボードやマウスの操作はどうしても必要です。
それでも 音声コマンド をうまく使うことで、キー操作を減らすことができます。

コマンド結果
次の行
改行
新しい行を開始します。
次の段落新しい段落を開始します。
Macのテキストの音声入力用のコマンド – Apple サポート (日本)

「改行」と言うと、変換中は「改行」の部分が空白のまま入力文章は続きます。
しかし、そのままで大丈夫。後で確定したときにまとめて改行が入力されます。

(補足)

  1. Macでメッセージや書類を音声入力する – Apple サポート (日本)
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
Macのディクテーション(音声入力)を上手に使うコツは?
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました