スポンサーリンク

[mac] Bluetoothキーボードをつないだら修飾キーの変更がスムーズでびっくりした【logi K370S】

いろんな周辺機器スポンサード記事パソコン基礎知識

これまで MacBookにキーボードを接続するのをためらっていました。それは、標準的な外付けキーボードは Windows向けで、キー配置がMacと微妙に異なっているからです。

しかし、試しにつないでみると、「システム環境設定」から「修飾キー」の配置は簡単に変更できました。

「システム環境設定」ー「キーボード」ー「修飾キー」を選択する

スポンサーリンク

Windows/Mac兼用のキーボード K370

MacBook本体のキーボードが傷んできました。また、外付けだと好みのキーボードを使うことができます。

そこで、試しにBluetoothキーボード、logi K370Sをつないでみることにしました。

このキーボードは、WindowsでもMacでも利用できるように、それぞれの日本語配列で違いがあるキーの箇所には、グレーで Mac(あるいは英字配列)のキーの刻印がついています。

2016年の発売なのですが、「PC(Windows)とタブレット(iPad)で兼用できる」というのがもともとの「売り」だと思います。iPadにBluetoothキーボードをつなぐと、英字配列なんですよね。

記号の位置が、微妙に違うから、刻印があるとわかりやすいね。

Logiでは、このように兼用できるキーボードがいくつか販売されています。

ロジクール ワイヤレスキーボード 無線 K370s
Logicool(ロジクール)
¥2,700(2022/06/28 11:19時点)
WindowsまたはMac、AndroidまたはiOS。お気に入りのホットキーやショートカットを搭載したなじみのあるキーボードレイアウト

コントロールキーはどこにある?

ただし、不安があったのが、コントロールキーの位置です。

私のMacBook Airでは、Aの左隣にあるのですが、
K370Sでは、シフトキーの下にあります。

ふだんのキーボード入力で、コマンドキー(⌘)によるショートカットや、コントロールキー(^)のカーソル移動を多用していると、ちょっとしたキー配列の違いでも戸惑ってしまいます。これでは、無意識にカーソル移動でコントロールキー押したときに、CapsLockになってしまいます。

この微妙な違いが原因で、これまで外付けキーボードを敬遠していました。

UNIX由来の左にあるコントロールキーの配置が好きです。

修飾キーの「作用」は設定で変更できる

実は、macOSの「システム環境設定」では、「キーボード」の「修飾キー」を変更することができます。

しかも、嬉しいことに接続したキーボードごとに設定することができるので、MacBook本体のキーは変更せずに済みます。

ということで、「Keyboard K370/K375」を選択して、
・CapsLock キー → ^ Control
・Ctrlキー → ⌘ Command
に変更しました。

外付けキーボードでもふだんと同じ配置にできるんですね。

「システム環境設定」ー「キーボード」ー「修飾キー」を選択する

意外とキーボードはmac用に使える

これまでのWindows PCでの経験では、修飾キーを変更するには、フリーソフトなどを利用する必要があり、変更すると接続するすべてのキーボードが影響されてしまうことが多かったです。

このようにキーボードごとに設定を保存できるのは、すごく便利です。

わざわざ修飾キーの配置が同じタイプのキーボードを探す必要があるのかと思っていたのですが、多少違っていても、設定で吸収できそうです。

macでのキーボード選択の幅が広がります。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
[mac] Bluetoothキーボードをつないだら修飾キーの変更がスムーズでびっくりした【logi K370S】
タイトルとURLをコピーしました