スポンサーリンク

Apple Magic Mouseと普通のマウスを持ち替えて使うなら【カーソルセンス】

いろんな周辺機器パソコン基礎知識

Apple Magic Mouse(初代)を使ってみたら、はじめは持ち方の違いに戸惑いました。しかし、タッチ操作に慣れると、その意味がわかってきました。

ただ、ほかのマウスとの感度の違いのために、切り替えるたびに マウスの速度設定を直す手間があります。「カーソルセンス」(20日試用あり:980円)を購入して、マウスごとの速度や加速度を設定しました。

マウスが思い通りに動くと、集中できます。

スポンサーリンク

Apple Magic Mouse(初代)を購入した

家族にマウスを1つ譲ることになって、新しくBluetoothマウスを購入する必要が生じました。

今使っている 同じ Bluetoothマウスを購入しても良いのですが、せっかくの機会なので、 ちょっと毛色の違ったマウスを試してみたくなりました。

マウスを探してみると、
▶ エルゴノミクスマウス
▶ Apple Magic Mouse
▶ トラックボール
で迷いました。

手首の負担を減らす エルゴノミクス マウスは、徐々に普及してきていて、以前に比べて安価になってきました。

サンワダイレクト Bluetooth エルゴノミクスマウス 400-MABT127
サンワダイレクト
¥3,980(2022/10/22 08:30時点)
マルチペアリング 3台ワンタッチ切替 充電式 静音 5ボタン ブルーLED

Apple Magic Mouseは、マウスとしては かなり高価です。

Apple Magic Mouse(MK2E3J/A)
Apple(アップル)
¥10,364(2022/10/22 08:30時点)
2021年版。表面はMulti-Touchに対応

トラックボールは、机のスペースが少なくても、作業できます。私は、画像編集などでドラッグ操作が多いので、ちょっと合わない気もしています。

サンワサプライ Bluetoothトラックボール MA-BTTB179BK
サンワサプライ(Sanwa Supply)
¥4,327(2022/10/22 08:46時点)
エルゴノミクス チルトホイール マルチペアリング

3つの候補を比べながら、今回は Magic Mouse にすることにしました。

やや高価な Apple純正マウスを使ってみようと思ったのは、MacBook Air のトラックパッドの使い心地が想像以上だったからです。ほかのノートPCと違って、トラックパッド全面にちゃんとクリック感があるところに、Appleのこだわりを感じました。Magic Mouseにも、そういうこだわりが感じられたらよいな、という思いです。

最新版は、充電式なのですが、乾電池の方が管理が楽だったりするので、今回は やや古い初代のものを選びました。

Apple Magic Mouseの型番まとめ
  • Magic Mouse(MB829J/A:2009年):単3乾電池2本
  • Magic Mouse 2(MLA02J/A:2015年):Lightning端子充電式
  • Magic Mouse(MK2E3J/A:2021年):Lightning端子充電式

Magic Mouse – Wikipedia

シンプルさを追求したデザイン

Apple Magic Mouseを持った第一印象は、
「あっ、全然違う。ちょっと失敗したかも……」でした。

というのも、Magic Mouseは、ツルツルして 平べったくて 持ちにくかったからです。

これまで使っていたマウスとは、だいぶ違いがあります。

単3乾電池2本は、さすがに重く感じますし、古い感じがしますね。

マウス表面を押すと、カチッというボタンの反応があって、クリックはできます。しかし、全面がツルツルで、左右のボタンの区別がありません。

スクロールホイールもなくて、指でなぞってスクロールします。しかし、ホイール(車輪)が付いていないので、「コツコツと回す」感覚がありません。

ですので、はじめは「極力無駄をなくしたデザインだけど、昔のMacみたくクリックしかできないのは、さすがに困る……」と思って、がっかりしました。

ところが、数日使っているうちに、だんだんとこの設計の意図がわかってきました。

マウス全体がタッチセンサー

Apple Magic Mouseの特徴は、マウス上部全体をタッチセンサーにしたことです。この贅沢な設計のために、価格消費電力が増えています。

そのメリットは、マウス上部をトラックパッドのように操作できることです。

Magic Mouse のタッチ操作は、「システム環境設定」ー「マウス」から設定できます。

一般のマウスにはない設定項目が増えています。

例えば、「右クリック(副ボタンのクリック)」は、
「右側をクリック」にしたり、「長押し」にしたり、
自分でスタイルを選ぶことができます。

その他、「デスクトップの切替」や「タスクの切替」も、マウスのタッチ操作でできます。

MacBookにしてから、トラックパッドの3本指操作で「デスクトップの切替」や「タスクの切替」を多用しているので、これが(ちょっと違う操作にはなるものの)手元のマウスでできるのは嬉しいです。

マウス・ジェスチャー」と言えば、ドラッグ操作で指示するものが一般的です。

Magic Mouseの表面をタッチする操作感を知ると、「なるほど、たしかに魔法みたい」と思いました。指先でなぞるだけで操作できるので、押す力が必要なく スムーズなのです。

全画面にしたブラウザやKeynoteを、左右に切替えて作業できるのは、とっても便利です。

スマホのアプリ切替みたいにできます。

Magic Mouseでは、アプリの切替、デスクトップの切替がスムーズ。

平べったいのは、人差し指と中指を浮かせて持つから

そうしてみると、Magic Mouseが平べったい理由がしっくり来ました。スワイプするための指の可動域を確保するには、手のひらからマウスまでの距離を取る必要があるからです。

普通のマウスとは、自ずと持ち方が違ってきます。

普通のマウスが、手のひら全体で包むように動かすのに対して、
Magic Mouseでは、親指と薬指でつまむように動かすのです。

スクロールするときは置いてあるマウスを、トラックパッドのように操作します。

ちょっと小指を上げてマイクを持つような感じがするね。

Magic Mouseでは持ち方が変わってしまうので、人によっては受け付けない場合もあると思います。しかし、私の場合は 意外とすぐに慣れました。はじめは、違和感のあったスクロールも、慣れてしまえば、柔らかく操作できる良さもあります。

マウスの速度・感度に違いがある

ただ、使っているともう1つ不満な点が出てきました。
それは、マウスの速度がほかのマウスと違う点です。

自宅と職場で MacBookを持ち運んで使っているのですが、マウスも携帯するのは大変です。自宅用と職場用とでマウスを用意して、Bluetoothで接続しています。

自宅用をロジクール、職場用を Magic Mouseにしていると、マウスの速度に差があるのです。
・ロジクール:速い
・Magic Mouse:遅い

これは、センサー感度の違いによります。しかし、マウスを替えるたびに、マウス速度を変更するのは大変です。

なぜかコマンドが反応しない

まず、考えたのは、シェルスクリプトでマウス速度を変更する方法です。

ターミナルコマンドで変更できるなら、スクリプトを常駐させて、接続しているマウスを判定して、自動でマウス速度を変更すれば、問題は解決です。

調べてみると、「defaults write」のコマンドからマウス速度の設定を書き換えられるようです。

defaults write "Apple Global Domain" com.apple.mouse.scaling 10

あるいは、

defaults write -g com.apple.mouse.scaling 1.5

ところが、自分の環境(macOS Monterey 12.3.1)では、このコマンドはうまく反応しませんでした。

「カーソルセンス」

仕方がないので、ツールアプリを探してみると「カーソルセンス」を見つけました。

カーソルの「加速度」と「感度」を設定するアプリケーションです。

カーソルセンス
出典:カーソルセンス

開発元であるプレンティコム・システムズ社は、主に大手メーカーのMac用マウスドライバを開発している企業です。

ちなみに、同じ開発元のアプリに「ステアーマウス」もありますが、こちらはMagic Mouseなど特殊なマウスには対応していません。

出典:ステアーマウス

カーソルセンスの設定

「システム環境設定」の「セキュリティとプライバシー」から「アクセシビリティ」へのアクセス権限を許可が求められます。

マウスの制御は、システムの土台になっているので、アクセス許可が必要です。

他のユーザーの設定をベースに微調整する

「カーソルセンス」はアプリケーションではなく、「システム環境設定」に項目があります。

カーソルセンスでは、加速度・感度の設定をマウスごとに変更することができます。

加速度や感度の数値を見ても、なかなかピンと来ないのですが、他のユーザーの方の共有している「おすすめ設定」をベースにできるので、少し微調整すれば自分のイメージ通りに設定できます。

お互いのユーザーの設定を共有しているので、ランキング形式で人気のある設定値を見ることができます。

このユーザー・コミュニティの存在が大きいですね。

たいてい誰かが同じマウスを使っているので、その設定を参考できるのです。

ライセンスの購入と登録

体験版で十分以上に満足したので、ライセンスを購入することにしました。

「ライセンスとサポート」タブの「ライセンスの購入または入力」から、「ライセンス購入」ページにアクセスすることができます。

支払いは、
▶ クレジットカード払い(PayPal)
▶ クレジットカード払い(FastSpring経由)
▶ 銀行振込
から選択できます。

カーソルセンス/ライセンス購入

すでに、PayPalアカウントを持っているので、PayPalで支払いました。

購入が完了すると、PayPalの登録メールにに、「登録情報のお知らせ」メールが届きます。

面白いのが、メール本文をコピーした状態で、ライセンス入力画面を開くと、自動的にID・コードか入力されることです。

クリップボードの中身を解釈して、自動でID・コードが入力されるんですね。

無事にライセンス認証が完了しました。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
Apple Magic Mouseと普通のマウスを持ち替えて使うなら【カーソルセンス】
タイトルとURLをコピーしました