スポンサーリンク

iPhoneの「設定」アプリの8つのグループを整理する

スマホはじめてスマホ基礎

iPhoneの「設定」アプリを見ると、色とりどり たくさんのアイコンに目を奪われます。

今回は、たくさんの設定項目を大きく8グループに分類して、全体像を掴んでいきましょう。

数が多いものを把握するには、分類して整理するのが一番です。

スポンサーリンク

設定アプリの暗黙のグループ分け

iPhoneの「設定」アプリの項目をみると、グループ区切りを示すグレーの帯があります。

設定の項目は、8つのグループに分かれています。

特にグループ名は書かれていませんが、だいたい機能の意味合いで分類されています。

iPhoneの設定のグループ
  • 日常の設定項目
    • Apple ID
    • インターネット通信
    • 通知・音
  • 本体のカスタマイズ
    • iPhoneの本体設定
    • アプリ購入・決済
  • アプリごとの設定
    • 標準アプリの設定
    • 標準アプリの設定2
    • 他社製アプリの権限

日常の設定項目

1〜3は、日常的に確認・変更する機会が特に多い項目です。

・iCloudの容量を確認したり(1)、
・Wi-Fiのオン・オフを切り替えたり(2)、
・通知の管理やマナーモードを切り替えたり(3)、
周りの状況に合わせて変更する設定が、優先的に並んでいます。

本体のカスタマイズ

4〜5は、iPhone本体に関する設定です。いわゆる「カスタマイズ(好みに合わせた設定)」です。

・自動スリープの時間や
・ロック解除の方法
・コントロールセンターの表示項目などを
変更しておくと、自分なりに使いやすくなります。

アプリごとの設定

6〜8は、アプリごとの設定です。

Apple の標準アプリは、アプリ内に「設定」ボタンがありません。「設定」アプリにまとめてあるのです。メールやメモなどのアカウント設定も、ここにあります。

アプリ個別の設定がアプリ内にないので、慣れないと探すのに戸惑いますね。

他社製のアプリは、「設定」アプリでは、ファイルアクセスやカメラ・マイクなどのアプリ権限の設定があります。細かな設定項目は、アプリ内で操作します。

こちらもどうぞ。

iPhoneの標準アプリを7つのグループに分類
iPhoneを初めて持つと、たくさんの「標準アプリ」に戸惑います。年々 少しずつ増えたものなので、一度にその使い方を理解する必要はありません。使う頻度にも違いがありますし。アプリを用途ごとにグループ分けして、まとめてみまし...
[iPhone] プリペイドカードでアプリを買いたい(AppStoreとAppleギフトカード)
コンビニで購入したAppleギフトカードを使うには、AppStoreのプロフィールにある「コードを使う」からコードを入力します。入金した金額は、Apple IDの残高に加算(チャージ)されます。AppStoreとApp...
iPhoneでスクリーンショットを撮影する【機種の違いまとめ】
スクリーンで表示されている画面を、画像として保存することを「スクリーンショット」といいます。iPhoneの場合は、ホームボタン・サイドボタンの「ある・なし」で、若干 操作が異なりますので、まとめておきます。・ホーム...
iPhoneでインターネットを見る 【Safariの画面】
iPhoneでインターネットを見るときの、いろんなボタンって何なの?インターネットブラウザ Safariの基本画面iPhoneでインターネットを見るアプリは「Safari」という名前です。iPhoneのインター...
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
iPhoneの「設定」アプリの8つのグループを整理する
タイトルとURLをコピーしました