スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneでインターネットを見る 【Safariの画面】

インターネット小話スマホ基礎

iPhoneでインターネットを見るときの、いろんなボタンって何なの?

スポンサーリンク

インターネットブラウザ Safariの基本画面

iPhoneでインターネットを見るアプリは「Safari」という名前です。

iPhoneのインターネットブラウザ Safari
iPhoneのインターネットブラウザ Safari

Safariの画面は大きく3つに分かれます。

Safariの画面構成
  • アドレスバー
  • ページ画面
  • アンダーバー
Safariの画面構成
Safariの画面構成

検索はアドレスバーから

YahooやGoogleのページでなくても、アドレスバーをタップすると、キーワードを入力して検索できます。

アドレスバーで検索する
アドレスバーで検索する

通常 Googleの検索結果が表示されます。

Googleの検索結果は、記事の前に、広告や動画などの領域があります。調べたい内容を選んで、タップすると詳しい内容が確認できます。

Googleの検索結果はいくつかのブロックが組み合わせてある
Googleの検索結果はいくつかのブロックが組み合わせてある

タブを作って、終わったら閉じる

Safariは、いくつかのウェブページの画面を切り替えることができます。

これを「タブ」といいます。

Safariのタプ機能
Safariのタプ機能

タブを追加するときは、タブ一覧画面から「+」をタップします。はじめのページが表示されるので、検索やお気に入りのページを見ていきます。

Safariでタブを追加する
Safariでタブを追加する

つまり、新しいタブを開いて、好きなページを閲覧して、終わったら閉じる、というのが基本の使い方です。

タブの基本的な使い方
タブの基本的な使い方

もっとも慣れてくると、タブを閉じるのは、後でまとめてする人も多いですね。

お気に入りのページを残す

いま表示しているページを、友だちにメッセージで送ったり、残したりするのは「共有」ボタンから操作します。

Safariの共有
Safariの共有

上の段は 別のアプリと連携する共有で、下の段はSafariの機能です。

後で見るために、ブックマーク、お気に入り、リーディングリストに追加できます。URLをコピーしたり、印刷などができます。

登録したページをもう一度 見る

あとからページを見る機能は、用途に合わせて4つ用意されています。

一番基本になるのは「ブックマーク」です。

Safariのあとからもう一度見るための機能まとめ
Safariのあとからもう一度見るための機能まとめ

「ブックマーク」ボタンを押すと、登録したブックマークやリーディングリスト、それに自動的に記録される履歴から、表示したいページをタップします。

ブックマークからリーディングリストや履歴に切り替える
ブックマークからリーディングリストや履歴に切り替える

ウェブページを毎回 検索して探すのは大変です。よく見るページはブックマークに登録しておくと便利ですね。

インターネットブラウザ(safari風)のフリーイラスト
インターネットブラウザ(safari風)のフリーイラスト クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。
http://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0/
https://chiilabo.com/licenses-image/

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
iPhoneでインターネットを見る 【Safariの画面】
タイトルとURLをコピーしました