スポンサーリンク

Twitterを「Googleで登録」すると どんなデメリットがあるの?

インターネット小話

Twitterを「Googleで登録」して始めると、個人情報の入力を省けるので手軽です。しかし、個人のGoogleアカウントと連携するのは、注意が必要です。

匿名でTwitterを利用したくても、気をつけないと、プロフィール画像などから「身バレ」をしてしまうかもしれません。

また、Googleアカウントの不正アクセス停止によって、連鎖的に利用できなくなってしまうリスクもあります。

SNSでは、ほかのユーザーとのやり取りがあります。アカウントを作成し直しても、友だちのつながりを戻すのは大変です。プライバシー情報を公開してしまうと、元には戻せません。そこが、ショップサイトなどの登録とは違います。

登録するメールアドレスには、Gmailアドレスを利用することもできます。メールアドレスとパスワードを決めてアカウントを作成する方が無難だと思います。

スポンサーリンク

TwitterはGoogleアカウントで登録できる

Twitterをはじめるときに「Googleアカウント」を使って、「登録」することができます。

このような「1つの認証で、複数のウェブサービスにアクセスできるようにする仕組み」を、「シングル・サインオン(SSO:Single Sign On)」といいます。

「メリット」は、いちいち新たにメールアドレスやパスワードを決める必要がない点です。

便利な反面、「デメリット」にも気をつけておく必要があります。

Googleアカウントの情報の共有

1つ目は、Googleアカウントの個人情報が利用されることです。

Googleアカウントを使って、Twitterを登録すると、Googleに登録している名前、メールアドレス、プロフィール写真が自動で入力されます。

アカウントを作成するために、Googleはあなたの名前、メールアドレス、プロフィール写真を twitter.com と共有します。

「メールアドレス」は公開されることはありませんが、名前やプロフィール写真は、そのまま変更しないと、Googleアカウントと同じになってしまいます。

また、メールアドレスを通して、「知り合いかもしれない」と、自分のTwitterアカウントが知人に表示されてしまうこともあります。

Twitterを「匿名」で使いたい場合は、デメリットになります。

不正アクセスが発生した時の被害が大きくなる

次は、不正アクセスの被害が大きくなることです。

もし Googleアカウントのパスワードが漏れて、不正アクセスされたときの被害が大きくなることです。アカウントが乗っ取られてしまうと、多くのサービスにログインできてしまいます。

ただし、Googleアカウントは、2段階認証など、不正アクセスしにくいので、この心配はそこまで大きくありません。

アカウント管理が複雑になる

もう一つの注意点は、「どのアカウントで、どのサービスにログインしているか」が混乱しやすいことです。「ログイン」画面で「Googleアカウント」を選ぶと、認証するだけで、そのサービスのアカウントが登録されます。

気をつけないと、既存のアカウントにログインするつもりが、別のアカウントを登録してしまって、「何も表示されなくなった」と慌ててしまうことがあります。

Googleアカウントへの過度の依存

最後のデメリットは、Googleアカウントへの依存が高まることです。長く利用していると、一番の問題はこの「依存」かもしれません。

Twitterなどの別サービスの認証に、Googleアカウントを利用していても、普段は全く問題がありません。しかし、もし なんらかの手違いで、Googleアカウントが「停止」されるような事態になると、困ります。Googleだけでなく、Twitterも利用できなくなってしまうからです。

Googleは、Gmail、検索だけでなく、マップやYouTubeでも利用されています。例えば、クチコミやコメントをしていると、問題がないのに「誹謗中傷」などとして制限されてしまう場合があります。アカウントの利用規約違反のチェックは、機械が自動判定しているので、誤検知があるからです。

たいていは、異議申立てをすることで、人間によるチェックがあると、解決されますが、依存するサービスが多くなると、かなりヒヤヒヤします。

特に、ネットショップの利用登録など、再登録の手間が少ない場合は、心配する必要がありませんが、TwitterなどのSNSでは、友だちのつながりが消えてしまうのは大きなデメリットです。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
Twitterを「Googleで登録」すると どんなデメリットがあるの?
タイトルとURLをコピーしました