スポンサーリンク

店舗のブログをどう作る?【ブログサービスとHP作成サービス】

インターネット小話パソコン基礎知識ホームページ運用

仕事で、ホームページの他に、「ブログで発信していく」ように言われました。

まだ、曖昧な段階なのですが、そもそもブログって どんな風に作っていったら良いのですか?

店舗などの集客ツールとして「ブログ」に着目するケースは多いと思います。

個人の日記ブログと店舗のブログの違いについて、見てみましょう。

ポイント
  • 一言で「ブログ」といっても、運用の仕方はさまざまある。
  • 時代とともに、ブログサービス、WordPress、HP作成サービスと、選択肢が広がってきた。
スポンサーリンク

ブログサービス内の日記スペースとしての「ブログ」

「ブログ」といえば、アメーバブログやライブドアブログ、はてなブログのようなブログサービスに登録する方法が一般的でした。

ブログは、当初 「ウェブ日記」という位置づけで、ブログサービスの「中」に、自分の日記スペースを開設する形でスタートしました。

よく「芸能人のブログ」とかを読んだりするね。

ですので、ブログの画面を見ると、画面上部にブログサービスのロゴがあることが多いです。

また、サービス内のブログ同士で交流するような仕組みもあります。

Amebaブログの画面(出典:Amebaヘルプ|記事を書こう
はてなブログの画面(出典:自分のブランドをつくろう | はてなブログの使い方 – はてなブログ アカデミー

「個人の日記」としては、その後 SNSが普及しています。現在でも、自分の考えや情報を、文章や写真のまとまった形で発信できるので、ブログを選ぶ場合があります。

CMSで作る独自ブログ

ブログといえば、「WordPress(ワードプレス)」っていう単語を目にするんだけど、何なの?

ブログが普及したのは、それまでのホームページ作成に比べて、データをサーバにアップロードする手間がなく、直接 ブラウザで記事を投稿できるという「手軽さ」です。

このブログの手軽さで、柔軟にウェブページを作成できるようにしたのが、「CMS(Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム)」です。自分のサーバに導入することで、自前のブログ システムを作ることができるツールです。

WordPressは、代表的なCMSです。サーバをレンタルして、WordPressをインストールすることで、自分のブログを作ることができます。

難しいHTMLやデータ保存の仕組みを知らなくても、ウェブサイトを構築していくことができます。

ブログサービスの中のシステムを、自分で使えるようになったのがWordPressなんだね。

いわば、ウェブサーバ用のソフトです。このサイトもWordPressで作成しています。

HP作成サービスで作るブログ

一方で、サーバを借りたり、WordPressの設定をしたり、というのは、ちょっと「ややこしい」です。そうした部分をサービスとしてまとめたのが、WixやJimdoなどの「HP作成サービス」です。

ブログサービスに比べると、ページ作成の自由度が高く、サイトの独立性も強いです。

現在、店舗などのブログを作成するなら、このようなHP作成サービスを利用することが多いです。

Wixの画面(出典:未経験でもできる、ブログの始め方完全ガイド | Wix

Jimdoの画面(出典:無料ブログ作成 | 誰でも簡単にブログ開設 – Jimdo

これらのサービスは、アカウントを作成するだけで、簡単に始めることができます。初期費用がないので、まずは個人で試してみて、ある程度どんなことができるかわかってから、お店用のページを作るのがオススメです。

はじめからうまくやろうとするより、一度 いろんな失敗に気づいてから、「本番」に望んだ方がスムーズです。

どうやって読者に届けるか?

店舗に興味をもってくれたお客さんに、もっと日常的な情報を発信するのには、独自ブログは効果を発揮します。独自のブログがあれば、「信頼感」にもつながるものです。

とはいえ、ブログサービスに頼らない「独自のブログ」は、集客面ではデメリットもあります。ブログサービス内にある読者が巡る仕組みを利用できないので、自分で集客をする必要があるからです。

読者がどんな検索キーワードで、ブログに辿り着くのか、ということを考えて記事を公開しないと、新しいお客さんに読んでもらうのは、なかなか難しい面があります。軌道に乗るまでには、時間がかかります。

ある意味、ブログサービスやSNSを利用した方が、「交流」しやすい分、取り組みやすいかもしれません。

ブログサービスだと、「関連ブログ」として、他の人のブログに並んで掲載されるので、お店を知らない人にも興味を持ってもらいやすいかもしれません。

この辺の話は、自分でネットショップを運営するか、メルカリなどのサービス内で運営するか、の違いに似ています。

ブログは簡単に作れるようになったけど、その分 たくさんのブログの中から読んでもらう、知ってもらうのは大変なんだね。

独自のブログを作成するのは簡単になったが、読者に届けるの簡単ではない。

誰に対して発信するのか(新規/既存、ローカル/グローバル)考えて、運用していく必要がある。

ちなみに、ちいラボでは、地域を問わず教室を知らない方に対して、役立つ情報を発信することで、サイト自体が地域内でも検索で上位に表示される(権威性)ことを目標に、ブログを運営しています。

あと、授業や相談を受けて学んだことの整理・記録という面もありますね。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
店舗のブログをどう作る?【ブログサービスとHP作成サービス】
タイトルとURLをコピーしました