【スポンサーリンク】

YouTubeホームに表示された「仲間と勉強」はなに?(YouTube注目)

  • YouTubeに表示された「仲間と勉強」は、YouTube Japanの公式チャンネルの再生リストです。
  • YouTubeは、クリエイターと視聴者にとって「有益」と考える動画を、「YouTube注目(YouTube Spotlight)」として提示しています。
  • これは、YouTubeコミュニティを活性化させ、YouTubeのエコシステムを強化するためのもの、と言えます。

そもそも、YouTube自体が勉強に集中しにくい気もするけど。
いろんなことを考えるんだね

\記事が役に立ったらシェアしてね/
【スポンサーリンク】

「仲間と勉強」というお知らせが表示された

YouTubeのホーム画面に「仲間と勉強」というお知らせが表示されました。
YouTube Japanの公式チャンネルのプレイリストのようですが、その目的や理由を知りたいです。

YouTubeを見ていたら、画面上に 本とカップのロゴ が表示されました。
タップしてみると、「仲間と勉強」という画面が表示されました。

YouTubeのホーム画面に「仲間と勉強」という画面は、YouTube ジャパン公式チャンネルのプレイリスト「仲間と勉強」がおすすめされたためです。

YouTube注目
仲間と勉強
落ち着いた雰囲気をつくってくれる「Study With Me」クリエイターと一緒に、集中して勉強しよう

このプレイリストには、勉強のモチベーションを上げる方法や、勉強仲間を見つける方法など、勉強に関するさまざまな動画が収録されています。

「Study With Me」というジャンル

再生リスト「仲間と勉強」には、「Study With Me」というジャンルの動画が含まれています。

「Study With Me」というジャンルは、YouTubeを中心に人気を集めている動画形式です。
このジャンルの動画では、クリエイターが実際に勉強や作業をしている様子を撮影し、長さは30分から2時間以上に及ぶこともあります。

視聴者は、動画を見ながらまるで友達と一緒に勉強しているかのような感覚で、やる気の向上や孤独感の軽減に役立つとされています。

特にコロナ禍で自宅で過ごす時間が増えた時に人気が出ました。

コメント欄で勉強仲間を見つける?

また、YouTube ジャパンの意図としては、ユーザーがより楽しく、勉強を継続できるように応援することのようです。

プレイリスト内の動画を視聴しているユーザー同士で交流することで、勉強仲間を見つけることができるかもしれません。

かえって、コメントの返事が気になって勉強に集中しにくそうだけど。
まぁ、YouTubeとしては、ポジティブなコミュニケーション手段として使ってもらってほしいんだね。

「YouTube 注目」とエコシステム

「YouTube 注目(YouTube Spotlight)」は、YouTubeが独自に選定した注目のコンテンツやイベントを前面に出して、視聴者に新しい発見や学びの機会を提供し、同時にクリエイターの活動をサポートすることを目的としています。

YouTubeは、クリエイターが投稿する様々なジャンルの動画を通じて、教育、エンターテイメント、社会的な取り組みなどで役立っています。
特にコロナ禍での在宅時間の増加に伴い、教育分野でのYouTubeの活用が進んでいます​​。

一方、クリエイターに対しては、チャンネルメンバーシップやスーパーチャット(投げ銭)、企業案件など、様々な収益化手段を提供しています。

YouTubeは、このエコシステムで回っています。
YouTube Japan公式チャンネルが「YouTube注目」に登場するのは、これらのクリエイター支援策の一環として、より多くの視聴者に高品質なコンテンツを届けるため、と言えます。

こちらもどうぞ。
YouTubeアプリで動画を楽しむための手順(広告の見分け方)
「スマホは電話やメールだけ」という方でも、YouTubeで動画を見てみると面白い発見があるかもしれません。 アプリの起動とホーム画面 まず、「YouTube」アプリをタップして開きます。はじめに表示される画面は、さまざまな動画が並んだ「ホーム」です。 アプリ内を移動するには、画面の下部にあるアイコンを使います。(ホーム、ショート動画、動画アップロード、チャンネル、自分のアカウント) YouTube...

YouTubeで「保存」した動画を見るには? 【動画の保存先と再生リスト】
YouTubeの「保存」ってどうやって使うの? 「YouTube動画を保存したい」とイメージする機能と、YouTubeアプリの「保存」は少し違うかもしれません。 今回は、YouTubeの「保存」を通して、再生リストの仕組みを見てみましょう。 「保存」を押して見ると… YouTube動画を見ていると「保存」というボタンがあります。 ところが、「保存」といっても、「スマートフォンの中にデータを保存(ダ...

今さらだけど やっぱりTikTokの発信力ってすごい【TikTok売れと偶発性】
「TikTok書評」をめぐる賛否のニュースを見て、「TikTok売れ」という言葉を知りました。 「ショートムービーでの紹介で、本が売れる現象」についての評価はさておき、私は、そういう現象があること自体知らなかったので、勉強になりました。 「書籍PR」と「書評」は、似ているようで微妙に違いますもんね。 試しにTikTokアカウントを作って、ショート動画を投稿してみたら、特にフォローされていないのに、...

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
YouTubeホームに表示された「仲間と勉強」はなに?(YouTube注目)
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました