【スポンサーリンク】

[iPhone] きれいな満月の写真を撮影するには【露出と明るさを下げる】

この項目は、随時追記します。なにかのヒントになれば嬉しいです。

  • iPhone でそのまま夜空の満月を撮影すると、ぼんやりとしたただの白い丸になってしまいます。
  • そこで、月のクレーターをくっきり撮影するには、もっと明るさを抑える必要があります。

通常の夜景では明るさを上げて撮影しますが、満月を撮るには明るさを下げるのがポイントです。

\記事が役に立ったらシェアしてね/
【スポンサーリンク】

標準カメラアプリで露出・明るさを抑えるには?

  1. まずカメラの倍率を最大にして、近くにある灯り(街灯など)に焦点を合わせます。
  2. その状態でカメラを月に向け、画面下の「+-(露出)」をタッチして、一番下(-2.0)まで下げます。
  3. 最後に、カメラ画面の中央にある「☀(明るさ)」を一番下まで下げます。

このようにすると、露出・明るさを下げた状態で撮影できます。
月が白でつぶれてしまうことを防げるのです。

肉眼で見るときには意識していないけど、夜景と満月でそんなに明るさが違うんだね。

露出などをマニュアル調整するには「夜撮カメラ」がおすすめ

ただし、この方法では一発でうまく撮れるとは限りません。
何度か挑戦しないとなかなか意図した明るさにできません。
iPhoneの標準カメラでは露出など自動調整(オート)されるため、なかなか微調整が難しいのです。

今回のように手動(マニュアル)で調整したい場合には、専用のカメラアプリを使う方が向いています。

私は「夜撮カメラ」というアプリを使っています。

こちらもどうぞ。
スマホの「カメラ」アプリで満月を撮った(Pixel 5の場合)
月のクレーターをきれいに撮影するには、「暗く」設定する必要があります。 スマホのカメラアプリでは自動調整されるため苦労しましたが、なんとか撮影できました。 撮影できた写真の「詳細」を確認してみると、露出時間が小さく、ISO感度が低い値になっていました。 環境 Pixel 5, 標準「カメラ」アプリ 満月の撮影は自動調整に合わない Pixel 5の 標準カメラアプリでは 露出は自動調節されます。 月...

[iPhone]「カメラ」アプリで桜を撮影する【ビビッド】
桜の写真を華やかに撮影するには、iPhoneの「カメラ」アプリの「ポートレート」モードで「ビビッド」フィルターを使うのが定番です。 さらに、被写体をタップして「露出」を少し上げることで、明るくくっきりとした写真に仕上げることができます。 撮影時に「露出」を調整するのは、後から「明るさ」を編集するのとは違い、自然な仕上がりになるポイントです。 桜の写真は、華やかに撮影できると嬉しいものです。ちょっと...

カメラアプリで星座を観察する【ナイトモードと明るさ調整】
星座観察をしようとしても、街灯が多いとなかなか星を見つけることができません。肉眼では一等星の中でも特に明るい星しか見えませんでした。 そこで、カメラで撮影してから、明るさ調整することにしました。肉眼では見えない星もポツリポツリと浮かび上がってきます。ただし、ノイズもあるので、注意が必要です。 夜景モードと画像認識 たまたま、Pixel 5とiPhone 11を持っていたので、撮影して比べてみました...

iPhoneで夜景を撮影したい【LIVE Photosの長時間露光】
QiPhoneで夜景をキレイに撮影したいんだけど、どうすればいいの?A 夜景など暗い写真は、長時間シャッターを開けることで、たくさん光を取り込んで撮影するのがコツです。 iPhoneの「カメラ」アプリでは、LIVE Photos をオンにして撮影しておくと、あとで「長時間露光」に設定することができます。 写真を撮影したあとで、「長時間露光」にするんだね。 Live Photosの「長時間露光」エフ...

カメラアプリでディスプレイを映すと黒い縞模様(フリッカー)が表示される【シャッタースピード】
カメラ撮影で縞模様(フリッカー)が表示されるときは、シャッタースピードを調節すると消えます。 シャッタースピードを変更できないアプリでも、ピントを合わせ直すと、変わることがあります。 また、カメラアプリによっては、チラツキ防止機能があって、自動で調節してくれます。 スマホのカメラでパソコン画面を撮影すると縦縞が入ってしまう Pixel 5にしてから、標準カメラアプリでパソコン・スマホ画面を撮影する...
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
[iPhone] きれいな満月の写真を撮影するには【露出と明るさを下げる】
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました