【スポンサーリンク】

現金払いで新幹線の予約する場合の注意点【e5489の予約期限・支払期限】

この項目は、随時追記します。なにかのヒントになれば嬉しいです。

JR西日本の「e5489」では、スマホから新幹線切符の予約ができます。

支払い方法は、クレジットカードと現金払いが選べますが、現金の場合には注意点があります。
当日の新幹線など、直前の予約では利用できないのです。

乗車する2日前までに予約・支払いを済ませておく必要があります。

インターネットサービスは、クレジットカード決済が便利なしくみになっているよね。

でも、ちょっと怖いんだよなー。

\記事が役に立ったらシェアしてね/
【スポンサーリンク】

事前予約と直前予約

切符の予約では、2つの利用場面を区別して考えてみましょう。

  • 決まった予定に前もって予約したい
  • 当日、座席を確保したい

基本的に「現金払い」が使えるのは、(1)「決まった予定に前もって予約する」と考えてください。

例えば、「旅行計画などを事前に立てて、必要な新幹線の切符を予約する」、こんなときにはパソコン・スマホから予約できるのは便利です。

ホテルやコンサート、キャンプ場などを予約するのと一緒だね。

一方、「急用で新幹線を使う必要があって、座席を確保したい(2)」という場合には、現金払いは選べません。こういう場合には、「クレジットカード払い」を選ぶしかありません。

現金払いには「信用」がない

当日に新幹線の切符を買おうとすると、けっこう直前に席が埋まっていくから、ハラハラするんだよね。

「現金払い」でも予約できたらいいのに。

現金払いとクレジットカード払いの違いは、決済のタイミングです。

企業側からすると、クレジットカードは即時決済されるため、安心して予約を取れます。
一方、現金払いはコンビニや券売機で実際に支払われるまで、回収できるか不透明です。

これが、もしネット通販なら、
▶ 入金を確認してから発送したり、
▶ 商品と引き換えに支払ってもらったり(代引き)
することもできます。

しかし、指定席切符には「乗車日・時刻」があります。
もし、予約された指定席を確保したのに、実際に入金されないですっぽかされてしまうと、その席が無駄になってしまいます。

そのため、いつまでも支払いを待つことができません。

e5489では2日前が支払期限

e5489では、基本的に乗車する2日前が支払期限になっています。

(2)お支払い期限
 ご予約日から3日以内
 (ご乗車の4日前から2日前までの予約の場合は、ご乗車の2日前まで)

JR西日本ネット予約「e5489」 コンビニなどでの現金によるお支払いを5月16日に開始:JR西日本

2日前までに入金されていなければ、キャンセルして当日販売に回すわけです。

予約してから、3日以内に入金しない場合もキャンセルになってしまいます。

そうなると、当然 予約も2日前までに済ませる必要があります。
つまり、当日・前日の予約では、支払い方法で現金払いを選べません。

(1)予約期間
 乗車日1カ月前(10時)から2日前まで

JR西日本ネット予約「e5489」 コンビニなどでの現金によるお支払いを5月16日に開始:JR西日本

利用イメージとしては、
▶ 旅行計画が決まったら前もって新幹線指定席を予約します。
▶ 予約した3日以内に近所のコンビニで支払いを済ませておきます。
▶ 当日は駅の指定席券売機で切符を発券します。

支払いは券売機でもできますが、それならわざわざe5489を使わずに券売機で指定席の予約をした方がシンプルな気がします。

結局、クレジットカード払いじゃないと、そんなに便利にはならないんだね。

  • 急な出張ならクレジット払いが向いている。
  • 旅行計画でいろいろ予約・支払いがあるなら、e5489の現金払いも便利。

新幹線の切符を予約するまでの流れ

JR Club Westのネット会員になる

JR Club Westのネット会員になるには、まずメールアドレスを登録します。
e5489のログインページから、「新規会員登録」することができます。

あとは、登録用メールにあるリンクから、パスワードや連絡先情報を登録します。
会員登録ができると、「12桁の会員番号(J-West ID)」が割り当てられます。

JR Club Westでは、メールアドレスではなく、会員番号を使ってログインします。

ログインして予約する

e5489にログインすると、メニューから予約することができます。

東海道新幹線は、「その他の特急・新幹線予約」から選択できます。

「出発時刻(あるいは到着時刻)」、経路、座席などを選ぶと支払い方法を選択します。

「コンビニ払い」を選択すると、コンビニ払いの方法が表示されます。
この画面は、あとからメニューの「予約の照会・変更・払い戻し」からも確認できます。

予約できたら支払いを済ませる

あとは、指定したコンビニで支払いを済ませます。

スマホでe5489にログインして予約画面のQRコードを表示します。
これをレジやチケット発券機で読み取らせると、料金を支払うことができます。

切符を発券する

支払いができていれば、あとは切符を発券するだけです。

乗車前に駅構内の「みどりの窓口」にある指定席発券機を使います。

ここでも、スマホでe5489のQRコードを表示します。
指定席発券機の「予約したきっぷのお受け取り」を選ぶと、右下の読み取り機でQRコードを読み取れるようになります。

あとは、ログインパスワードで本人確認すれば、予約した切符を発券してくれます。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
現金払いで新幹線の予約する場合の注意点【e5489の予約期限・支払期限】
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました