スポンサーリンク
スポンサーリンク

[Windows]「PC 正常性チェック」というアプリが追加されている

インターネット小話パソコン基礎知識

Windows 10のパソコンを起動して、スタート画面を見ていたら、見慣れないアプリに気づきました。

PC 正常性チェック(PC Health Check)」アプリです。

ポイント
  • 「PC 正常性チェック」は、Windows Updateで自動的にインストールされたアプリ。
  • PC設定の「無駄」な部分を探して、修正するためのツール。
  • アプリを横断して設定項目にリンクされているのが便利。
スポンサーリンク

PC 正常性チェックの画面

スタート画面から「PC 正常性チェック」を起動してみます。

まず、目を引くのが「Windows 11の準備ができました」という表示です。

Windows 11へのアップグレードするにあたって、十分な性能があるか確認するアプリかと思ったのですが、どうもパソコンを快適にする設定を網羅的にまとめたツールのようです。

「Health Check」を「正常性チェック」と訳しているので、ちょっと戸惑いましたが、設定の「無駄な部分を削ぎ落とす」アプリという位置づけです。

これまでもフリーソフトでは、チューンナップツールがありましたので、その公式版ということになりますね。

「PC 正常性に関するヒント」を見てみると、設定やブラウザなど、Windows PC全体のいろいろな便利な設定にリンクされています。いろんなアプリに分かれている設定を、横断して確認できるのは良いですね。

よく「パソコンが遅い」と相談されるときに、チェックする項目がまとまっているので、うまく利用すると個人でもパソコンのメンテナンスに活かせます。

ちょっとカタカナ用語が多くてしんどいけどね。

PC正常性チェック
  • Windows セキュリティのクイックスキャン
  • Microsoft Edgeの高速起動
  • Microsoft Edgeのパスワード管理
  • タスクバーのバッテリーパフォーマンス
  • アクションセンターのバッテリー節約機能
  • Microsoft Edgeのタブのスリープ機能
  • Windows Updateの更新プログラムのチェック
  • メールアプリのフィッシング詐欺メールの注意点
  • 設定-アプリのスタートアップアプリの変更

こんな機能が追加されていたんだ、と発見もあります。

表示された警告

PC 正常性チェックでは、5項目について検証して、チェック事項があれば警告を表示します。

PC 正常性チェックの項目
  • バックアップと同期
  • Windows Update
  • バッテリー容量
  • ストレージの容量
  • 起動時間

私のPCでは、2つ警告が表示されていました。

一つはWindows Updateの警告。これは、まだ「Windows 11へのアップグレード」のダウンロードを開始していないからのようです。

もう一つのストレージの警告は、空き容量不足です。

確かに空き容量が少ないです。

ゴミ箱を空にして少し空き容量を増やしました。

PCHealthCheck.exe(Program Files)の保存場所

Microsoft Storeのアプリではなく、Program Filesに保存されていました。

Windows Update(KB5005463)でインストールされた

このアプリは、Windows Update(KB5005463)のタイミングでインストールされたようです。

KB5005463 – PC 正常性チェック アプリケーション

この更新プログラムでは、PC Health Check アプリケーションを Windows 10 バージョン 2004 以降のデバイスにインストールします。 

KB5005463 – PC 正常性チェック アプリケーション

履歴をみると、「その他の更新プログラム」の中に、2021/11/03にインストールされたことが記録されていました。

「PC正常性チェック」のバージョンは、「3.2.211014001-s2」でした。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
[Windows]「PC 正常性チェック」というアプリが追加されている
タイトルとURLをコピーしました