スポンサーリンク
スポンサーリンク

バックアップ用にネットワークHDDを導入した【NAS】

いろんな周辺機器インターネット小話パソコン基礎知識

今回、Windows が11にアップグレードする機会に、パソコンのデータのバックアップ環境を整えようと思いました。

最近は、USBケーブルで接続する外付けHDDだけでなく、Wi-Fiネットワークに接続する NAS(ネットワーク・ストレージ)という選択肢もあります。

スポンサーリンク

外付けHDD

これまでデータの保管・バックアップ用に、外付けHDD(80GB)を利用していました。

私が購入したのは、2007年ごろなので、だいぶ前です。

しかし、PCのシステムデータをまるごとバックアップなどには、容量が足りなくなってきたので、Windows 11やMacOS Monterey 12 へのアップグレードを前に、バックアップ環境を整えて置こうと思います。

ちなみに、最新版だと 1TB〜5TBの容量があるんですね。

Logitec 外付けHDD ポータブルハードディスク 1TB 耐衝撃 LHD-PBM10U3BK
ロジテックダイレクト
¥9,592(2021/12/01 12:44時点)
シンプルながら高級感のあるデザイン。上質なマットラバーコーティングが高級感を際立たせます。

外付けHDDでなくNAS

外付けHDDは、備え付けのPCには適していますが、持ち運んで利用するノートPCの場合、常には接続できません。肝心なときに限って、たまたま接続していなくてバックアップできていなかった、ということが起こってしまいます。

そこで、今回は、外付けHDDではなく、「NAS(Network Attached Storage)」にしようと思います。

これまで、自宅ではデータの保存場所としてNASを利用したことはあります。写真や動画、音楽を保管して、ネットワークにつないだパソコンからアクセスできるのは、便利です。

家の機種は、バッファロー LinkStation LS-V1.0TL で、製造年を見てみると 2010年でした。

それでも10年になるんだねー。

NASサーバとHDDの関係

NASを利用するには、NASサーバと内蔵HDDが必要です。

NASサーバ」は、いくつかのHDDを取り付けて、Wi-Fi ネットワークに接続し、データの保存・転送などを制御するコンピュータです。

NASサーバとHDDは、はじめからセットになっている場合もありますが、別途 用意して取り付ける場合もあります。

NASサーバ単体では、データを保存できません。

Synology の DiskStation

今回、同じバッファローの LinkStation にしても良かったのですが、以前の機種(LinkStation LS-V1.0TL)では 転送速度がHDDに比べてかなり遅いことが気になりました。

自宅のWi-Fiネットワーク環境もあるかもしれませんが、データが表示されるまでに、時間がかかります。特に、写真のサムネイル画像が見えないので、事実上は、過去の写真が探せなくなっていました。

もしかすると、最新機種では改善されているかもしれませんが、今回は Synology のNAS、DiskStationを試してみることにしました。

予算の関係で安価な1ベイのもの、HDDは2GBを選びました(予算2.5万円)。

Amazon商品リンクショートコード内にASINが入力されていません。

「1ベイ」というのは、HDDを1機取り付けることができる機種です。

複数取り付けるタイプだと、HDDをいろいろ連携させることもできます(「RAID」という)。

これは、動画や高画質の写真ではないので、そこまでデータサイズが多くないのと、大事な写真データなどはクラウドストレージに保管してあり、あくまでパソコンの復旧用が目的だからです。

あと、転送速度を速くするために SSDも検討しましたが、最大データ書換数の限界があるのが難点です。バックアップでは、頻繁に最新のデータに更新する必要があるのと、予算から HDDにしました。

もし、写真・動画の仕事がメインでデータ保管を考えるなら、二重のバックアップは大事ですよね(その場合は、予算を10万円ぐらいは必要かも)。

また届いたら、使い勝手などレポートします。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
バックアップ用にネットワークHDDを導入した【NAS】
タイトルとURLをコピーしました