スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEをPTAなど直接知らない参加者が多いコミュニティの連絡に使う【オープンチャット】

インターネット小話スマホ基礎冊子テキスト

LINEには「グループトーク」という複数人で、メッセージをする機能があります。

しかし、グループトークは、基本的に身近な友だちでやり取りをするように設計されています。仕事やPTAなど直接は知らない参加者が多いグループで、LINEの連絡先を教えるのは なんか気になる方も多いのでは?

今回は、PTAや自治会などのゆるいつながりでも グループトークができる、LINEの「オープンチャット」の使い方を見てみましょう。

スポンサーリンク

非公開のオープンチャットも作れる

LINEは、プライベートなやり取りで利用されるので、あんまり付き合いの少ない人と連絡先を交換することに抵抗がある人も少なくありません。

LINEを仕事やPTAで使う上で気になること
  • プライベートのLINEアカウントを伝えたくない。
  • アカウント名のニックネームだと誰かわかりにくい。

グループトークで、あまり知らない人から LINEの友だち申請が来たら、断りにくいしなぁ……。

しかし、LINEは、いちばん身近なコミュニケーション ツールで、スマホが不慣れな人でもほとんどの人が使うことができる、という利点もあります。

メーリングリストやグループウェアに登録するのは、慣れていないと戸惑いますよね。

LINEには、グループトークと違って、自分のプロフィールを隠して参加できる「オープンチャット」という機能があります。

「オープンチャット」というと、検索に公開されたチャットルームに不特定多数の人が参加するものをイメージしますが、もう一つ別の使い方ができます。

オープンチャットの主な用途
  1. 趣味・関心の合う人と匿名でやり取りする(公開)
  2. ゆるいコミュニティでやり取りする(非公開)

非公開で招待や承認が必要なオープンチャットも作ることができるんです。

非公開のオープンチャットでも、通常のグループトークとはいくつか違う特徴があります。

オープンチャットとグループトークの違い
  • URLやQRコードでトークルームに招待できるので、友だち登録が必要ない
  • トークルームごとに「ニックネーム」を設定できるので、LINEアカウントを伝えなくてよい
  • オープンチャットを作成した人は、管理者機能を使って運営できる(さらに共同管理者を指名できる)。

オープンチャットは、直接知らない人とのやり取りで利用するので、よりプライバシーに踏み込まない配慮があります。

これは、大きなサークルやPTAなどで登録をお願いするときに便利ですね。

PTAのオープンチャットだと、「〇〇(父)」など子どもの名前で登録したりします。

ニックネームについての注意点

オープンチャットでは、入室時に自由に「ニックネーム」が設定できます。
これを悪用すると「なりすまし」ができてしまうので、その点は注意が必要です。

オープンチャットを作る

どうやったら、オープンチャットを作れるの?

LINEの「ホーム」タブー「サービス」から「オープンチャット」を選択します。もし、サービスの項目にない場合は、「もっと見る」から探すことができます。

「OPENCHAT」画面の下にある「+ オープンチャットを作成」をタップします。

「オープンチャットを作成」では、チャットルームの名前や説明、画像などを設定できます。今回は、不特定の人に入ってほしくないので、「検索を許可」のチェックを外して非公開にします。「カテゴリ」も公開用の設定なので、そのままで構いません。

オープンチャットの設定ができたら、「次へ」をタップします。

「オープンチャットのプロフィール」では、オープンチャット内での 自分のニックネームとプロフィール画像を決めます。アイコンを左右にスライドすると、はじめからあるアイコンを選ぶこともできます。「完了」をすると、無事にオープンチャットに参加できました。

トーク画面にも、オープンチャットが追加されています。

オープンチャットに招待するには、QRコードやLINEの友だちをそのまま招待することができます。

QRコードを長押しすると、画像として保存できます。

PTAの会合などで、プリントに印刷したものを回覧して、登録してもらえばよいわけです。

オープンチャットの設定

オープンチャット設定を表示するには、「≡ メニュー」の「その他」を選択します。

zじbぶ

オープンチャットでの自分のプロフィールや、(管理者は)オープンチャット自体の設定を変更できます。

オープンチャットの公開設定が「全体設定」でも検索はされない

公開設定が「全体公開」になっているけど、大丈夫?

オープンチャットの「全体公開」は、「自由に入室できる」という意味です。検索に表示されるわけではないので、ご安心を。

もっと参加を管理したい場合は、「参加コード」を指定したり、承認制にすることもできます。

最初は、全体公開(自由参加)のかたちで良いと思います。もし、知らない人が参加してくるようなら、「参加の承認」にして参加時に本名を確認すれば良いです。

メンバー管理には、「再参加禁止リスト」があり、不審なアカウントの参加は、拒否することができます。

詳しくは
LINE OpenChat 公式ブログ
オープンチャットを利用する|LINEみんなの使い方ガイド

こちらもどうぞ。

配達やアンケートで突然LINEに来るメッセージ! これって本物? 【公式アカウントの見分け方】
スマホのコツ ミニテキスト配布中です!お持ちいただいたテキストをカウントしてみると…やっぱり一番人気はLINE関係の記事ですね♪今回はLINEで「いきなり来るメッセージ」の見方について解説します。こ...
LINEで「知り合いかも?」と表示される3つの条件(電話番号)
LINEで「知り合いかも?」って表示されているんだけど、どうすればいいの?LINEに「知り合いかも?」と表示される理由はいくつかありますが、今回は一番困惑しやすい「電話番号で友だち追加」される理由と対処法を説明します。...
お店のLINEを登録してもらうには? 【LINE公式アカウントのQRコード】
お店でSNSを使って告知をしてみたいんだけど、あんまりあれもこれもはできないし……。何がいいかな?お店で利用する「SNS」としては、LINEが手軽かもしれません。お店の告知にLINEを利用するメリットLINEアプリを...
LINEでメッセージを取り消すには 【長押し → 送信取消】
LINEで間違えてメッセージを送ってしまったときには、「送信取消」機能を使います。ポイント「送信取消」は、長押しメニューにある間違えて送信してから 24時間 以内に「削除」機能と勘違いしやすい「LINEバージョンによっ...
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
LINEをPTAなど直接知らない参加者が多いコミュニティの連絡に使う【オープンチャット】
タイトルとURLをコピーしました