【スポンサーリンク】

【注意】 「Windows バックアップ」を有効にしても「入り切らない」ことが多い(OneDriveの容量制限)

  • Windows 10のパソコンを使っていたら
    「Windows バックアップを有効にする」こと
    を勧める通知が表示されました。
  • しかし、このバックアップは要注意
    「ドキュメント」や「写真」などの個人データを、
    すべてオンラインのOneDriveに保管しようとします
  • ところが、OneDriveの無料の容量は わずか 5GB
    パソコンのストレージ容量に比べてかなり少なく、
    すぐに容量いっぱいになってしまいます。
  • さらに、「バックアップ」を有効にした状態で、
    OneDriveの容量を増やすためにデータを削除すると
    パソコン内のデータも一緒に削除されてしまいます。
    ただの「バックアップ」ではなく「同期」だからです。

YouTube動画でも話しています。

\記事が役に立ったらシェアしてね/
【スポンサーリンク】

OneDriveの通知

Windows 10のパソコンを使っていたら、
「バックアップ機能」をオススメする通知が表示されました。

Windows バックアップを有効にする

デスクトップ、ドキュメント、画像を OneDrive に自動保存して、保護し、どこからでもアクセスできるようにします。

[始めましょう] [必要ない]

(フォルダーのバックアップに関する詳細情報)

「なんとなくデータをバックアップしておいた方が安心」と思って、
「有効」にしたくなりますが、ちょっと待って

OneDriveのバックアップを有効にしたことで「トラブル」も多いのです。

Windows には OneDriveが組み込まれている

パソコンの基本システムである Windows には、クラウドストレージの OneDrive との連携機能が組み込まれています。
2013年の Windows 8.1 以降、OSに標準搭載されるようになったので、もう 10年以上になります。 

OneDriveのバックアップは、データをパソコン本体ではなく、
インターネット上にある OneDriveのサーバに保管する仕組みです。
ですので、パソコンが壊れたり、なくしたりしたときでも、データを失わずにすみます。

また、OneDriveに預けたデータは、削除や変更があっても「復元」できます。
「コンピュータウイルス」などで、データを勝手に暗号化されてしまった場合などでも、元に戻すことができるのです。

OneDriveのバックアップ設定は、
画面下のタスクバーにある「雲(OneDrive)」のアイコンから管理できます。

バックアップ機能を有効にすると、自動的に指定したフォルダ内のデータを保管してくれるようになります。

バックアップできる容量が少なすぎる(無料プランだと)

このようにOneDriveのバックアップは、放っておいてもデータを安全に保管してくれる とても便利な機能です。

しかし、この OneDrive には重要な弱点があります。
それは 個人で利用できる容量が決まっていることです。

OneDriveの無料プランでは 5GB
最近の パソコンであれば、ストレージ用容量は 1,000GB(1TB:テラバイト)以上のものがほとんどです。
個人データを丸ごとバックアップする保管先としては「少なすぎる」のです。

もちろん、すべてのデータをバックアップするわけではないです。
しかし、写真、ビデオなどをパソコンに保存していると、5GB はすぐに埋まってしまいます。

OneDriveの「アップグレード」は有料プラン

OneDriveに入り切らない量のデータをバックアップしようとすると、「バックアップが無効になっているので、有料のプランを契約しないと」と通知してくるようになります。

よく パソコンが「容量不足」という表示されるようになった、という相談で多いんだよね。

まもなくファイルの同期が停止する可能性があります

ストレージがいっぱいです:同期を継続するには、いくつかの簡単な手順でアップグレードしてください。

アップグレード」を押すと、有料プランを選ぶ画面が表示されます。
「今すぐ購入」で Microsoftアカウント に支払い方法(クレジットカード番号など)を登録することで、有料プランに入れます。
しかし、自分のデータの保管し続ける限り、ずっと月額料金を支払っていく必要が出てきます。

OneDriveのバックアップは元に戻すのも一苦労

しかも、OneDriveのバックアップは、もとに戻すのもややこしいです。

  • 容量を増やそうとしてバックアップデータを削除すると、PC本体のデータも削除されてしまったり、
  • また、バックアップをオフにしても、データは自動的に別のフォルダに移動されていたり、

と、よくわからずに操作すると、大事なデータがどこに行ったのかわからなくなるのです。

フォルダーのバックアップを停止すると、OneDrive へのショートカットを開き、ファイルを選択してコンピューター上の場所にドラッグすることで、OneDrive からコンピューターに手動でファイルを移動できます。

OneDrive を使用してフォルダーをバックアップする – Microsoft サポート

ボタン1つでオンにできるけど、元に戻すには ファイル管理の仕方がわからないと困ってしまうんだね。

頻繁にオススメ通知が表示される

OneDriveのバックアップを勧める通知は、かなり頻繁に出てきます。

「設定」からも通知が表示されました。

大事な画像とドキュメントを保護します

お客様の情報は大事です。最適なバックアップオプションを選択して情報を保護してください。

Windows Update後などに表示される全画面のお知らせでも、OneDriveのバックアップを勧める表示があります。

OneDrive を使用してファイルをバックアップ

デバイスを安心して使用しましょう。デバイス上の[デスクトップ]、[ドキュメント]、[画像]フォルダーは OneDrive にバックアップされるため、セキュリティで保護され、どこからでもどのデバイスでも使用できます。

このPCにのみファイルを保存する
次へ

このように Windows PCでは、ことあるごとに OneDrive の利用をオススメしてきます。
「次へ」などと順当に進むだけで、いつの間にか OneDriveのバックアップが有効になっているのです。

これらのオススメ通知をかいくぐって、OneDriveバックアップをオフのまま利用するのは、なかなか大変です。

こちらもどうぞ。
大事なファイルがバックアップのせいで消えた?【OneDriveの容量制限と同期】
「パソコンに保存していた文書データが全部消えてしまった」という相談がありました。 幸いデータは復元できましたが、間違えてファイルを削除してしまったようです。 しかし、間違えるのも無理はない理由があります。それが、OneDriveの「バックアップ・同期」機能です。 Windowsからオススメ表示されるのに、わかりにくいんですよね。 誤解したまま使って、大事なデータを消してしまうケースがあります。 O...

[OneDrive] 「どの場所からでも削除される」って大丈夫なの?(クラウド上の「ごみ箱」)
パソコンでファイルを移動していたら、「削除されたファイルはどの場所からでも削除されます」と表示されました。 これって大丈夫なのでしょうか?削除したつもりはないのですが、何が削除されてしまったのでしょうか? この確認メッセージは、OneDriveと同期しているファイルを、OneDriveと同期していないフォルダに移動しようとしたときに表示されます。 同期処理によってクラウド上のファイルも削除されるこ...

パソコンの故障対策!大事なデータをどこに保存する
Qパソコンが故障したときにデータを外部保存するには、どんなものを買えばよいですか?A 手軽な外付けディスクなら、SSDがオススメです。以前は高価でしたが、最近は価格が十分安くなってきたからです。 また、データの安全性をより重視すれば、クラウドストレージの有料プランを利用するのもよいです。サービス側でメンテナンスしてくれるので、故障によるデータ紛失のリスクはかなり少なくなります。 私は、一番大事なデ...

「バックアップ」とは?
「バックアップ(backup)」とは、「コピーを保管しておくこと」です。データやプログラムの複製を、別の場所に保存しておくことで、破損・盗難・紛失などに備えます。「バックアップ」には、ファイルをそのまま保存するだけでなく、ひとまとめ(アーカイブ)にして保存する方法があります。

1ギガって どれくらいで なくなるの? 【ギガ使用警告】
よく「○○ギガ使用警告」とか表示されると、まだ大丈夫と思っても不安になるんだよね。どれくらいを目安にしたらいい? 1ギガ(GB:ギガバイト)のデータ通信量の目安を見てみましょう。 1GBのデータ通信量 動画のデータ データ通信で、まず気をつけたいのは、動画データです。 動画の時間あたりのデータ量は、画質がよいほど大きくなります。 例えば、Youtube動画の場合は 約90分で1GBになります(通常...
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
【注意】 「Windows バックアップ」を有効にしても「入り切らない」ことが多い(OneDriveの容量制限)
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました