【スポンサーリンク】

なぜか夫・妻の写真が勝手に追加される?(Googleフォトの「パートナー共有」)

Androidアカウント動画解説あり相談と回答
  • 「配偶者の撮影した写真が勝手に自分のフォトアプリに入ってくる」という相談がありました。
  • 調べてみると、「パートナー共有」の「自動保存」が有効になっていました。
  • 「パートナー共有」と「ファミリー共有」を勘違いして設定していることがあるので、要注意ですね。

Googleフォトの同期機能は「強力」なので、きちんと理解して設定したいですね。

YouTube動画でも話しています。

【スポンサーリンク】

Googleフォトの「パートナー共有」の概要

配偶者の撮影した写真が、いつの間にか「フォト」に追加されています。
ちょっとしたメモの写真など、自分には不要な写真もあります。

二人ともスマホに詳しくないので、何か設定がおかしいのでしょうか?
どういう仕組みでこうなっているのか教えてください。

これは、Googleフォトの「パートナー共有」や「自動バックアップ」が有効になっているからです。

パートナー共有」は、お互いの写真を自動共有する機能です。
アプリや音楽、ストレージ容量などを共有する「ファミリー共有」とは異なります。

Googleフォトの自動バックアップ

まず、一人で「Googleフォト」を使っているときの「自動バックアップ」の仕組みを確認しておきます。

Androidスマートフォンの「フォト」アプリには、「Googleフォト」に写真を自動バックアップする機能があります。

「Googleフォト」は、Googleのオンラインストレージ15GBまで写真・ビデオなどを保存できます。

Googleフォトに預けた写真は、Googleアカウントで管理されます。
例えば、新しいスマホに機種変更しても、同じGoogleアカウントでログインすれば、保管してある写真などがそのまま見られます。

スマホで撮影した写真を本体だけでなく、インターネット上の個人スペースにも預けておけるのです。

自動バックアップのタイミング

この「預ける」作業は、Wi-Fi 接続時に自動で実行されます。
というのも 通常は、節約のためモバイルデータ通信を利用しないように設定されているからです。

ですので、家庭でインターネット回線契約をしていない場合など Wi-Fi 環境がなければ、バックアップが動作していないことも多いです。

だから、写真が来るときと来ないときがあるのか。

共有アルバムとパートナー共有

Googleフォトの写真は、インターネット上にあります。
しかし、通常は他人が閲覧できないように「ロック」がかかっています。

家族などに写真を見せたい場合、Googleフォトでは「共有」機能があります。
相手を指定して写真の「ロック」を解除するのです。
高画質な写真を直接送信するのに比べて、効率的に写真を見せることができます。

通常は、写真を指定して「共有」します。
複数の写真なら「共有アルバム」を作って相手を招待します。

通常は、家族で共有アルバムを作り、そこに思い出の写真を追加していきます。
しかし、「ほとんどのすべての写真を共有したい」という場合には「パートナー共有」を利用します。

「共有パートナー」に指定すると、自分の写真が自動的に共有されるようになります。

共有する写真の期間や人物を選択することもできます。
しかし、何も指定しなければすべての写真が共有されます。

相手のGoogleアカウントを指定すると、「パートナーとの共有」の招待メールが送られます。

ちなみに、パートナー共有に指定できる相手は、1つのアカウントだけです。

同時に複数の人を相手にしてパートナーとの共有を使用することはできません。

パートナーとの共有を設定する – Android – Google フォト ヘルプ
パートナー共有とファミリー共有

「パートナー共有」に似た名前の「ファミリー共有」は、まったく別の機能です。

ファミリー共有」では、データではなく使用権、つまり購入したアプリや音楽、オンラインストレージの保存容量などを共有します。

パートナー共有の招待を承諾する

招待メールを受け取った方は、「招待状を表示」ボタンを押すと、フォトアプリに切り替わります。

「承諾」を押すと、相手の共有した写真を閲覧できるようになります。
この操作では、自分の方の写真はまだ共有されません

〜さんから「パートナーとの共有」のリクエストが届いています

〜さんが共有した写真を閲覧できるようになります。
あなたの写真が共有されることはありません。

閲覧するだけか、相互に共有するか を選べるのです。

あなたの写真も〜さんと共有できます

〜と自動共有を設定して、大切な思い出をいつでも一緒に振り返りましょう。

共有された写真を見る・保存する

パートナーが共有した写真は、画面下の「共有」から閲覧できます。

また、写真を選択すると 自分の Googleフォトに「保存」することもできます。
保存した写真は、自分の写真と同じように「フォト」の写真一覧に表示されます。

パートナー共有の自動保存

さて、「パートナー共有」は基本的にすべての写真を自動的に「共有」する設定です。
これだけでも「強力」なしくみですが、さらに強力な設定があります。
それが「パートナー共有の自動保存」です。

パートナーから共有された写真が、自動で保存されるようになります。

自動保存をオンにすると、パートナーが共有した写真の思い出を閲覧、検索したり、楽しんだりできます。
共有写真はお使いのアカウントに表示されます。

自動保存の一番のメリットは、「検索」のフェイスグループなどにも含まれるようになることです。
家族の思い出を共通管理したい人(とくに子育て中の夫婦など)には向いています。

ただし、共有範囲が適切に指定できていないと、何でも写真が送られてきます。
お互いのプライバシー・適切な距離感が保てなくなってしまいます。

パートナー共有ではストレージは二重に消費しない

パートナー共有で写真を保存すると、二重にストレージ容量が使われてしまうの?

実は、Googleフォトでは そこは賢く設計されています。
相手の方が共有した写真を削除しない限り、相手のストレージ容量(クラウド)だけしか使いません。
自分が「保存」している写真を相手が削除すると、そのときに自分のストレージ容量を使用することになります。

パートナーとの共有機能で写真や動画を保存しても、パートナーがパートナーとの共有機能を通じて共有し続ける限り、自分のストレージ容量が使用されることはありません。

パートナーが Google フォト アカウントから写真を削除すると、その写真はパートナーとの共有から削除されます。削除される前にあなたが保存した写真は、あなたのフォト ライブラリで引き続き見ることができます。

パートナーとの共有を設定する – Android – Google フォト ヘルプ

パートナー共有のやめ方

一度「パートナー共有」に設定すると、それをやめるのは人間関係的になかなか気を使います。
しかし、Googleフォトの機能としては簡単にパートナーをやめられます。

一つは、「自分からの共有」だけを「停止」する方法。

共有の停止では、相手からの写真はそのまま閲覧できます。

もう1つは、すっぱりパートナー共有をやめる方法。
こちらは、「共有パートナーを削除」を選択します。

これで共有する前の状態に戻すことができます。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
なぜか夫・妻の写真が勝手に追加される?(Googleフォトの「パートナー共有」)
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました