スポンサーリンク
スポンサーリンク

写真に文字や手書きを追加したい【LINEアプリで写真の編集】

インターネット小話スマホ基礎冊子テキスト

写真に手書きや文字を入れるには、どうしたらいいの?

画像編集用のアプリは、たくさんありますが、実は LINEアプリだけで画像編集することができます。

編集した写真は送信せずに、自分のスマホに保存することもできます。

今回は、LINEの画像編集機能を見てみましょう。

ポイント
  • わざわざ画像編集アプリをインストールしなくても、LINEアプリでかんたんな写真の編集ができる。

LINEアプリ一つで、いろんなことに使えるんだね。

十徳ナイフみたい。

スポンサーリンク

LINEの写真編集画面

LINEのトーク画面で、写真を選ぶときに、写真右上の○をよけてタップすると、編集画面に切り替わります。

LINEには、8種類の画像編集機能があります。

編集できた写真は、右下の「送信(紙飛行機)」ボタンで相手に送るだけでなく、左下2つ目の「保存(↓)」ボタンで自分のスマートフォンに保存できます。

画像編集だけすることもできるんだね。

スタンプ・テキスト

「スタンプ」では、枠・フレームだけでなく、絵文字やLINEスタンプを貼り付けることができます。

「テキスト」では、「T」のボタンからフォント(字体)を選ぶことができます。

切り抜き・色合い

切り抜きや色合い調整もできます。

手書き

マーカーの種類や色を選んで、描きます。

その他の機能

せっかくなので、ふだんあまり使わない機能も試してみました。

まずは、「文字認識」です。写真から文字情報を認識して、メッセージに送信できます。

「選択を解除」して、一部分だけを認識させることの方が多いかもしれません。

LINEアバター

「LINEアバター」は、自分の顔写真から3D人形を作って、ポーズを取らせることができます。

アニメやゲームのキャラクターみたいですね。

自撮りをせずに、「基本アバター」を選ぶこともできます。「編集」から服装や髪型などを変更することができます。

自分のアバターだけでなく、アバターを公開している友だちと一緒にポーズを取らせることもできます。

いろんな「写真の遊び方」があるんですね。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
写真に文字や手書きを追加したい【LINEアプリで写真の編集】
タイトルとURLをコピーしました