スポンサーリンク
スポンサーリンク

macOS Big Sur 11.4のアップデートとApple Podcastサブスクリプション

ニッチな話題パソコン基礎知識

macOS Big Sur 11.4のアップデートの通知が来ていたので、実行しました。

ポイント
  • macOS Big Sur 11.4(3.06GB)で更新に10分ほどかかった。
  • 有料のPodcast配信・購読ができるようになった。
スポンサーリンク

データサイズは3.06GBで再起動には10分ほどかかった

データサイズは 3.06GBで、再起動が必要です。

わりと大きな更新なので、再起動に10分ほどかかりました。

途中で画面が真っ暗になりますが、そのまま待ってください。約2-3分で更新中のバーが表示されます。

このアップデートが完了するには数分かかり、画面が最長で1分間オフになります。

再起動後は、一部のファイルの場所が変更されたようで、デスクトップに「場所が変更された項目.nosync」フォルダが追加されていました。

前回のmacOSアップグレードまたはファイル移行中に、一部のファイルを新 しい場所に移動できませんでした。このフォルダには、移動できなかった ファイルが含まれています。

構成ファイル

これらの構成ファイルはご自身、別のユーザ、またはアプリケーションによって変更またはカ スタマイズされました。それらの変更は最近のmacOSアップグレードと互換性がない可能性

があります。変更されたファイルは“構成”フォルダ内にあり、元の場所の名前が付いたサブ フォルダで整理されています。

カスタム構成のいずれかを復元するには、macOSのアップグレード時に行われた構成変更と 比較して、可能であれば両者を統合してください。

“system_default”のサフィックスを持つ構成ファイルが編集またはカスタマイズされました が、変更内容はインストールされたままになっています。ファイルのsystem_defaultバージョ

ンは、Appleが提供したバージョンがどのようなものかを示すために提供されています。2つ を比較して、Appleがデフォルトバージョンに加えた変更内容を統合するべきかどうかを評価 することをおすすめします。

最新の状態になりました。

macOS Big Sur 11.4ではPodcastの機能が追加された

macOS Big Sur 11.4は、2021年5月24日にリリースされています。

バージョン番号が 11.4 に上がったことで、機能の更新がありました。主な変更点は、Podcastのサブスクリプションが追加されたことです。

macOS Big Sur 11.4 には、Apple Podcast のサブスクリプションとチャンネルが追加されました。重要なバグ修正も組み込まれています。

Podcast

Apple Podcast のサブスクリプションは、月額または年額のサブスクリプションとして購入できます。
Podcast 作成者による番組のコレクションがチャンネルにまとめられています。


このリリースでは、以下の問題も解決されます。

Safari でブックマークの表示順序が変わったり、非表示のフォルダに移動したりする場合がある
Mac のスリープ解除後に特定の Web サイトが正常に表示されない場合がある
写真 App から写真を書き出したときにキーワードが含まれない場合がある
PDF 書類の検索時にプレビュー App が反応しなくなる場合がある
Civilization VI のプレイ中に 16 インチの MacBook が応答しなくなる場合がある

macOS Big Sur のアップデートの新機能 – Apple サポート

また、セキュリティも修正も含まれています。

macOS Big Sur 11.4 のセキュリティコンテンツについて – Apple サポート

Apple Podcastサブスクリプション

「Apple Podcastサブスクリプション」は、有料番組(プレミアムサブスクリプション)の購読ができるマーケットプレイスです。

クリエイターは、Podcastでの番組配信を、有料サービスにすることができるようになりました。

Appleは本日、Apple Podcastサブスクリプションを発表しました。Apple Podcastサブスクリプションは、これまでApple Podcastが提供してきた膨大な数の無料番組とあわせて、リスナーが自分のお気に入りのクリエイターが提供するプレミアムサブスクリプションを見つけることができるグローバルマーケットプレイスです。

Apple、Apple PodcastサブスクリプションでPodcast配信の次章を牽引 – Apple (日本)(2021 年 4 月 21 日)

4月21日のサービス発表を受けて、
5月24日のアップデートで機能が追加され、
6月15日にサービス提供が開始されました。

Appleは米国時間6月15日、「Apple Podcastサブスクリプション」の提供を開始した。

アップル、「Podcastサブスクリプション」を提供開始 – CNET Japan2021年06月16日

「音声コンテンツの収益化」というのは、最近のブームのようですね。

試しにPodcastで、「The Midnight Miracle」を検索してみると、「無料で体験」という有料購読のボタンが表示されました。購読にはApple IDのログインが必要です。

[無料で体験]
7日間無料、その後は月額¥550

「Podcast」は、2004年からある仕組みで、音声や動画番組を配信する仕組みです。

ユーザーは、購読しているフィードで番組の通知を受信します。現在は、YoutubeやSpotifyなどのサイトで直接閲覧する配信サービスが一般的ですが、2000年代は自宅で番組をダウンロードして、外出中に視聴する、というスタイルが主流でした。

今、Podcastが見直されるのは、Youtubeなどの奇抜な投稿型コンテンツが一巡して、改めて質の安定したコンテンツを求める機運が高まっているのかもしれません。

私も語学の勉強で、海外のニュースや語学講座の番組をiTunesでダウンロードして、iPodで視聴しました。

PodcastでもYoutubeのように収益化できるようになれば、また盛り上がるかもしれませんね。

Google Podcastには有料購読はまだない

ほかの Podcastアプリ でも有料購読できるのか気になって、Google Podcast で「The Midnight Miracle」を検索してみました。

Google Podcastからは無料番組しか視聴できないようです(2021年6月20日時点)。

ホームページへのリンクを確認してみます。

「Start Free Trial」を押してみると、Apple Podcastsで視聴するように書かれていました。

私たちのアプリはあなたの国では利用できません。

Luminary Originalsは、Apple Podcasts(Mac、Apple TV、Apple Watch、CarPlayなど)にアクセスできる場所ならどこでも利用できます。

Apple PodcastsのLuminaryチャンネルに登録して、Dave Chappelle、Russell Brand、LenaDunhamなどの受賞歴のある番組をストリーミングしましょう。

[Apple Podcastsで聴く]

Luminary Web(Google翻訳)

PodcastのEマークは「不適切なコンテンツ」

余談ですが、PodcastについているEのマークは、「有料」の意味ではありません。

”E”は、”Explicit(明示的)”の略で、メディア製作者が発行する「不適切なコンテンツ」を明示するラベルです。

「不適切」というのは、子どもにとって「露骨な表現」が含まれている可能性があることで、「ペアレンタルコントロール」で除外される対象になります。

必ずしも「成人指定」というほど、エロ・グロの過激な内容でなくても、やや粗雑・暴力的な表現が含まれると、Eラベルが付くことが多いです。

イメージ的には、幼稚園児・小学校低学年には見せたくないレベルです。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
macOS Big Sur 11.4のアップデートとApple Podcastサブスクリプション
タイトルとURLをコピーしました