スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneのカメラで「TikTok」? 【QuickTake(長押し)、Live写真】

インターネット小話スマホ基礎

最近、新しい iPhoneにしました。

カメラを初めて起動した時に、表示されたメッセージで見慣れない単語がありました。

たしか、「ライブ⁈」「ライブラリ⁈」や「tiktok⁈」のような単語がありました。説明のような感じで、アクセスの許諾ではなかったと思います。

よく見ずに進めてしまいましたが、今になって不安です。

カメラで撮った写真が意図せずにネット上へ飛んで行ったり、第三者に見られてしまうような心配はありませんか?

おそらく iPhoneのカメラの新機能、「ライブ写真」と「QuickTake」のことでしょう。

QuickTake, TikTok、ちょっと似ている。

スポンサーリンク

ライブ写真(Live Photos)

ライブ写真」は、「写真を撮影したときに、前後の動きや音も一緒に保存する」機能です。

LIVE写真をオンにして撮影すると、写真がミニ動画のようになります。

QuickTakeは長押しのビデオ録画

QuickTake(クイック・テイク)」は、素早くビデオ録画をするための機能です。

カメラアプリでは、通常 「ビデオ」にモードを切り替えてから録画をしますが、QuickTakeは、シャッターボタンを長押しして短いビデオ撮影をします。

QuickTakeを有効にすると、長押しが連写(バースト)ではなく、録画になるわけです。

ただし、QuickTakeでは、シャッターボタンから指を放すと、撮影は停止します。

ビデオの撮影をそのまま続けるには、長押ししているシャッターボタンを右にスライドさせてから指を放します。

写真の自動アップロード(iCloud写真)

カメラアプリには、直接アップロードする機能はありません。

写真の自動アップロードは、アプリを入れていなければ iCloud が関係しています。

iPhoneの場合、初期設定では 撮影した写真データをAppleのサーバに自動的に預ける設定になってます。

iCloudはApple IDのサービスの一部

もし、写真データをインターネット上に預けるのに不安があれば、「設定」からオフにすることもできます。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
iPhoneのカメラで「TikTok」? 【QuickTake(長押し)、Live写真】
タイトルとURLをコピーしました