スポンサーリンク
スポンサーリンク

音声でカレンダーに予定を登録する(Googleアシスタント、BASIO 3の場合)

スマホ基礎

スマホのカレンダーを活用できると、どこでも予定が確認できますし、予定時刻前になったら通知を鳴らすことができます。

はじめは登録に慣れないかもしれませんが、音声入力を活用すると使いやすくなります。

ポイント
  • カレンダーの予定は「タイトル」と「日時」を決める。
  • ホームボタンの長押しで音声認識がスタートする。
  • 「予定」が、カレンダーのキーワード。
環境

BASIO3、Googleアカウント

スポンサーリンク

カレンダーアプリのメリット

カレンダー(BASIO3)
カレンダー(BASIO3)
カレンダーアプリのメリット
  • 予定のメモをなくしたりしない。
  • スマホを持っていればいつでも追加・確認できる。
  • 予定時刻前に通知をセットできる。
  • 転記しなくてもパソコンなどに連携できる。
カレンダーアプリのデメリット
  • 慣れないと手書きに比べて時間がかかる。
  • ぱっと見てわかりにくい。

予定を登録する

まず、上の表示切替ボタンから、「日」に変更します。

日別表示に切り替える
日別表示に切り替える

予定を追加するには、時間帯をタップします。

「新しい予定を作成」という青いボタンになるので、さらにタップします。

細かく予定情報を入力できますが、まずは、「タイトル」を入力するだけで大丈夫。

カレンダーの予定で最低限決めること
  • タイトル
  • 日時

予定の通知

標準で 登録した時刻の 10分前 に「通知」されます。メールの受信と同じように表示されます。

予定を登録するときや、登録された予定をタップして、通知の設定を変更することかできます。

音声で予定を登録する

BASIO3 は、Googleアシスタントの音声認識からカレンダーの予定を登録できます。

ホームボタンを長押しして、音声認識をスタートします。

「〜月〜日 の 〜時〜分 に 〜 の予定を入れる」と話します。

「予定を入れる」「予定を登録する」などがキーワードになっていて、カレンダーに予定を追加してくれます。

カレンダーアプリを見てみると、予定に追加されているのがわかります。

一度に予定を言わないでも、予定を追加できます。

スマホ:はい、どんなご用でしょう?

自分:予定を追加する

スマホ:予定のタイトルは何ですか?

自分:ちいらぼに行く

スマホ:はい。日時を教えて下さい。

自分:3月4日

スマホ:時間を教えて下さい。

自分:10時15分です

スマホ:タイトル、ちい ラボに行く、日時、3月4日10:15ですね。保存しますか?

自分:保存する。

スマホ:はい。保存しました。[カレンダーを開く]

これらのやり取りは、ある程度 違う言葉遣いでも認識してくれます。

ぜひ、試してみてください。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
音声でカレンダーに予定を登録する(Googleアシスタント、BASIO 3の場合)
タイトルとURLをコピーしました