【スポンサーリンク】

【後日談】半年前に交換したスマホのバッテリーがもう膨らんでいる

この項目は、随時追記します。なにかのヒントになれば嬉しいです。

古いスマートフォンを使っていたら、急にリカバリー画面になるようになりました。

スマートフォンをケースから外してよく見ると、背面が浮き上がっています。

どうも、バッテリーが膨らんでいるようです。

スマートフォンが古いからかと思ったのですが、実は6ヶ月前にバッテリーを交換していたものでした。

どうも、互換バッテリーには粗悪品も含まれているようです。

もう、古いスマートフォンなので廃棄してもよいのですが、もう一度 バッテリー交換を試してみることにしました。

前回のバッテリーは「DEPALAI」製のものでした。
今回は、ROWA JAPANの互換バッテリーを選びました。

追記:ROWA JAPANについて

国内企業による輸入なので比較的安心かと思って、「ROWA JAPAN」を選びました。

しかし、さらに調べてみると、2021年にコードレス掃除機用の互換バッテリーパックで火災事故の事例があったようです。

有限会社すみとも商店、ロワ・ジャパン有限会社が輸入した、ダイソン株式会社のコードレス掃除機に取り付けできる非純正のバッテリーパックから、出火したとみられる火災事故が多発しています。このため、既にリコール対応が行われていますが、本製品は、充放電をしていない保管状態であっても発火のリスクがある大変危険な製品です。

有限会社すみとも商店、ロワ・ジャパン有限会社が輸入したコードレス掃除機用非純正のバッテリーパックについて (METI/経済産業省)(2021年10月29日)

輸入品の製造元によるとは思いますが、慎重に選ぶ必要があります。

バッテリーは安全性が大事なので、どの製品を選んだらよいのか迷いますね。

互換品にはリスクが付きものなのかな。

結局、純正品やメーカー修理に頼るしかないのかな。

(補足)

  1. 「ROWAにしてもJTTにしても充電池メーカーとしてそれなりに信頼性が高いと思います」 –
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
【後日談】半年前に交換したスマホのバッテリーがもう膨らんでいる
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました