【スポンサーリンク】

タッチ式ランプがつかないので分解してみた(CL024)

この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。
記事内で紹介した商品・サービスを購入した場合、売上の一部が ちいラボ に還元されることがあります。

#PR含むいろんな周辺機器とりあえずのメモ

テーブルで読書や作業をするために、充電式のテーブルランプを購入しました1

充電式のテーブルランプを購入した

テーブルで読書や勉強をするときに、天井のライトだけだと影になってしまいます。

4,680円ということで予算的にはちょっと高かったのですが、充電式ですぐに移動して使えるのが選んだ理由です。

使ってみると、側面から出てくる光が目にあたるので、厚紙で覆うようにしました。

HEYTOUR コードレス テーブルランプ CL024
HEYTOUR
¥4,999(2023/09/24 10:20時点)
コードレスタイプは線が全然邪魔にならない。一回フル充電は約6時間、連続使用時間は8-24時間、デスクランプ、間接照明、常夜灯として長時間点灯することができます

子どもが振り回して壊れた?

ところが、うちの幼児がおもちゃのように振り回すので、しばらくしまっていました。
二歳児にはちょうどよい棍棒です。

最近、だいぶ落ち着いてきたので もう一度 取り出してみると、ランプがうまく点灯しません。
タッチボタンを押すと、パッとついてすぐに消えてしまいます。

バッテリーが少ないのかと思って、充電コードにつないでみましたが、それでもすぐに消えてしまいます。

タッチセンサーの電子回路

振ると中でカタカタ音がするので、一度分解してみました。

内部は、電子回路とバッテリーだけのかんたんな構造でした。

カタカタと鳴る音は、バッテリーを固定する接着剤が剥がれていただけで、どこかの部品が取れたわけではないようです。

回路を見ると、タッチボタンにつなぐ線と、USB-Cポート、バッテリー(BAT)、そしてライト(L)につなぐ端子かあるだけです。

どうも回路自体がタッチセンサーの動作を処理しているようです。

見た感じ はんだ付けにも問題なさそうで、回路の問題なら修理はちょっと難しそうです。

高かったので、もう少し様子見だね。

(補足)

  1. 購入したのは 2023/1/14
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
タッチ式ランプがつかないので分解してみた(CL024)
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました