【スポンサーリンク】

[Excel] 数式はコピーしてこそ役に立つ【セル参照】

Excel は「表計算ソフト」です。
数式を活用してこそ、その真価を発揮します。

とくに数式は「自動的に再計算される」性質があり、うまく再利用すると計算の手間をぐんと減らせます。

逆にいうと、再利用しなければ 数式の良さを活かすことはできません。

\記事が役に立ったらシェアしてね/
【スポンサーリンク】

数式の利点は「再利用」

「表計算」には「電卓」と違って 2つの特長があります。
▶ 自動的に再計算されること
▶ 便利な関数を利用できること

電卓は、計算のたびに手入力が必要です。
しかし、Excelでは、一度 計算式を入力しておけば、似たような計算の手間を省くことができます。

Excelの数式の構成要素

そもそも Excelの数式ってなんなの?

Excelの数式(formula)は、「=」からはじめて 構成要素を組み合わせ、セルに入力したものです。
演算子:+ – * / () , : % など
定数:123 3.5 “abc”など
セル参照:A1など
関数:SUM AVERAGEなど

演算子が「接着剤」の役割をして、ブロックのようにつなぐことができます。

Excelの画面では、数式の計算結果が表示・印刷されます。
しかし、数式バーを見ると、セルに入力した数式を確認・編集できます。

演算子なの?

「10%」の「%」は、左の値を100で割る「単項の算術演算子」です。

かっこ()」については「演算子」と呼ぶかは微妙です。
また、「計算の優先順位付け」と「関数呼び出し」の2種類があります。

参照しているセルの値を変更すると再計算される

ここで大事なのは、「セル参照」です。
数式の中にセル番地を入れると、そのセルの値を計算に利用できます。

セルの中身を変更すると、そのセルを参照している数式は自動的に再計算されます。

つまり、先に掛け算や合計などの数式を入れておけば、後で必要な数値を入力するだけで自動計算させることができます。

あらかじめ請求書などの「ひな形(フォーム)」を作っておいて、数値だけを入力する使い方ですね。

コピーするとセルの位置に合わせて再計算

「セル参照」の面白い点は、もう一つあります。
それは、コピーすると参照セルが平行移動することです。

コピー・貼り付けすると違う計算結果に変わってしまうので、はじめは戸惑います。

しかし、この性質は数式を縦や横にコピーしたときなどに効果を発揮します。
セル同士の相対的な位置関係をもとに計算されるので、同様の計算を簡単に繰り返せるからです。

ちなみに、数式の結果をそのまま別の位置に表示したい場合は、
値のコピー」や
リンクコピー」を利用します。

こちらもどうぞ。

[Excel] マス目(セル)の中身を書き換えると全部消える【数式バー】
なんとなく見様見真似で Excelを使っているんだけど、なんか いまいちなんだよね。 とくにマス目を書き換えるたびに全部入力し直しているんだけど、もっとよい方法はないかな? セルの中身は「数式バー」で編集するのがオススメです。 まずは、エクセルの基本の「き」を見てみましょう。 ポイント 「マス目」のことを「セル」という。 「数式バー」を使うと編集しやすい。 表のことを「ワークシート」という。 エク...
データベースとしてのExcelの表の作り方(テーブルとフィールド)
Excelは、「表計算ソフト」です。並んだマス目に自由に入力していくことができます。 しかし、それだけでは管理しやすい表にはなりません。 Excelでデータをスムーズに管理するには、「何を項目にするのか」というデータベースの視点が大切です。 印刷とデータ管理を分ける データベース設計では、印刷時の見栄えではなく、記録する情報の性質に注目していきます。 まずは、一つのシートには、1つの表だけを入れま...
[Excel] 印刷範囲を確認したい (表示タブと3つの表示方法)
Excelの画面上には、いろんな機能を整理して切り替える「タブ」があります。 「表示」タブを見てみましょう。 標準(Normal) 通常は、「標準」になっています。 データを入力したり、罫線を指定するなどの編集は、「標準」が1番 高速に動作します。 改ページプレビュー(Page Break Preview) 「改ページプレビュー」は、ページの切替位置(改ページ)を青い線で示します。 改ページは、ド...

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
[Excel] 数式はコピーしてこそ役に立つ【セル参照】
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました