上げ底メモリー

ひとこと日記

ネット通販の欠点は、期待した品物でなかった時。
商品説明をよく読めば自分の勘違いに
気づくことも多いのですが、

中には性能を偽って出品されているものも散見されます。

インターネットの先には、
気づかずに「闇市」に入りこんでいることもあるので
嗅ぎ分ける力が大切です。

「上げ底」といえば、コンビニ弁当が実際の容量よりも多く見せるために、底を上げた容器を使っているのが話題になったよね。

「16TB」と記載されていた格安のSSDが、実はその30分の1しか容量がなかったニュースがありました。他にも、microSDカードの容量偽装など、メモリー容量にも「上げ底」がたくさんあるんです。

届いてみないとわからないものも多いので、要注意ですね。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
上げ底メモリー
タイトルとURLをコピーしました