【スポンサーリンク】

Googleがウェブサイトの信頼性を低く考える3つの要因

ウェブサイトの信頼性を下げてしまう要因として、Google検索リエゾン(@searchliaison)のSNS投稿で以下の3つがあげられていました。

  • 更新されていない情報を掲載している
  • まだ実在しない製品やサービスを紹介している
  • 情報が散乱していて見つけにくい
\記事が役に立ったらシェアしてね/
【スポンサーリンク】

具体的な指摘とそこからわかること

Google検索リエゾンの投稿では、ビデオデッキのレビューサイトからの質問に対して以下のような指摘をしています。

  • サイトに一見してオリジナルコンテンツが少ない
  • 独自の情報価値を見つけるためにサイト内を深く掘り下げる必要がある
  • 未発売の製品を紹介しており、訪問者にとって満足できない体験になる可能性がある
  • 新しい情報を提供していると主張しながらも、古い内容がそのまま残っている箇所がある
出典:XユーザーのGoogle SearchLiaisonさん

形として情報があるだけでなく、本当に読者の判断材料になるかどうかを評価しているのですね。

更新されていない情報を掲載している

ウェブサイトに古い情報が掲載されていると、訪問者は最新の情報を求めて他のサイトに移動してしまいます。
また、検索エンジンは定期的にコンテンツをクロールし、最新の情報を提供しているページを高く評価します。

内容を定期的に見直す

改善策
  • 定期的な更新:
    コンテンツを定期的に見直し、最新の情報に更新することが重要です。
  • 更新日の表示:
    記事の最初か最後に最終更新日を明記し、読者に情報が最新であることを知らせます。

記事のメンテナンス、リライトって大変なんだよね。

マジメにがんばるしかないのかな。

まだ実在しない製品やサービスを紹介する

未発売の製品やサービスを紹介すること自体は問題ありませんが、それらが主要なコンテンツである場合、訪問者は具体的な情報を得られず不満を感じる可能性があります。
また、予定されているリリースが遅れたり、製品が市場に出なかったりすると、信頼性を損ねる原因にもなります。

事実と予測を区別する

改善策
  • 現実的な紹介:
    未発売の製品やサービスを紹介する場合は、その情報が予測であることを明確にし、可能であれば代替案を提案します。
  • 信頼性のある情報源の引用:
    情報の出典を明記し、読者が情報の信頼性を確認できるようにします。

情報が散乱していて見つけにくい

有益な情報があっても、それが見つけにくい場合、訪問者は欲しい情報にたどり着けず、フラストレーションを感じます。
また、検索エンジンは利用者に最適な経験を提供するサイトを好むため、情報が整理されていないサイトは評価が低くなりがちです。

目次やサイト内検索を設置する

改善策
  • 明確な構造:
    記事の構造を明確にし、見出しや目次を活用して情報を整理します。
  • 検索機能の強化:
    サイト内検索を最適化し、訪問者が簡単に情報を見つけられるようにします。
こちらもどうぞ。
Microsoft版のサーチコンソールに登録した(Bing Webmaster Tools)
Bing検索 にも「Google Search Console」のようなツールがあります。Bing Webmaster Tools です。 アカウント作成、サイトの所有権確認、サイトマップの送信までできました。 Bing版のGoogle Search Console これまでは、インターネット検索は Google をおさえておけばよい感じでした。しかし、最近 の ChatGPTとの連携で Bing...

[Google] 検索結果に「生成AI」の回答が出てくる
Google検索で、検索結果より上にAIの回答が表示されました。 AI回答にはリンクもありますが、公式サイト以外になっていることもあるようです。 「生成 AIは試験運用中です」 Googleで「スマホ教室 大津」と検索すると、一番上に生成AIによる回答が出てきました。 生成 AI は試験運用中です。詳細 回答結果の中には「展開(v)」ボタンがあり、情報源となるウェブサイトへのリンクがありました。 ...

画像ごとの個別ページは画像SEOに有効な場合もある【検索とページ構造】
「検索エンジンに評価される工夫」のことを「SEO:検索エンジン最適化」といいます。 現在はキーワード検索だけではなく、地図で表示されるための「MEO(地図エンジン最適化)」など、ひろがっています。 今回は、Googleの「画像検索でのSEO」についての話が興味深かったので、メモしておきます。 へ〜、「画像SEO」という考え方もあるんだね。 画像検索と個別ページ 「Google SEO オフィスアワ...
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
Googleがウェブサイトの信頼性を低く考える3つの要因
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました