【スポンサーリンク】

クレジットカードのポイントはお金じゃない(還元率と経済圏)

  • クレジットカードにたまったポイントを使うのは、インターネットに慣れていないとややこしいです。
  • ポイントに細かなルールがあるのは、お店にとっての販売促進のためです。
\記事が役に立ったらシェアしてね/
【スポンサーリンク】

ポイント交換はカタログギフトに近い

最近、「クレジットカードのポイントがたまっているけれど、使い方がわからなくてそのままになっている」という相談がありました。

確かに、クレジットカードのポイントは、使い道の選択肢が多いため戸惑います。

  • PayPayポイントやTポイントなどは、QR決済などで1ポイント=1円 としてそのまま利用できます。
    チェック一つでチャージしたお金と同じように使えるのです。
  • 一方、クレジットカードの「ポイント交換」では、さまざまな商品から交換したいものを選ぶ必要があります。
    手続きには、ANAやVISA、AMEXなど利用しているサービスでの「ログイン」が必要です。

感覚的には「カタログギフト」に近いです。

ポイントの「現金化」

今回は、特にほしいものがなかったので、どんな買い物にでも使えるクレジットカードの「キャッシュバック」にしました。

「キャッシュバック」は、次回のクレジットカードの引落金額から相殺されます。

クレジットカードのお支払い金額に対して、いつキャッシュバックが反映されるかというと、原則として翌月、または翌々月です。

Vポイントのキャッシュバック反映はいつ?手続きの方法も解説! |クレジットカードの三井住友VISAカード

ただし、1ポイント単位で使えなかったり、やや還元率が悪くなったりすることもあります。

  • ANA カードの「キャッシュバック」:
    10000ポイントごと10000円分
  • AMEXの「ポイントでお支払い」:
    1ポイント = 0.3円など(ランクにもよる)

使いきれなかったり、目減りしたりしちゃうね。

VISAカードの「キャッシュバック」に交換すると、Vpassアプリで確認できます。

Vpassアプリをご利用の方は、「Vポイント」をタップするとVポイントページに進み、「かんたんに使う」をタップ後、キャッシュバック案内の右側「繰越残高の確認」をタップすると「キャッシュバック繰越残高照会」が表示されます。

Vポイントのキャッシュバック反映はいつ?手続きの方法も解説! |クレジットカードの三井住友VISAカード

ポイントの還元率

商品や旅行などを選んで交換した方が、還元率は高くなります。

  • 特定の商品なら還元率が高い
  • 万能な金券にすると還元率が低くなる

金券ショップでも使い勝手のよい金券ほど「割引率が低い」よね。

でも、そもそもなんで交換するものによって、得とか損とかがあるの?

どれでも同じ価値の方がわかりやすいよね。

クレジットカードのポイントの価値は、何と交換するかによって変わります。
一方で、Amazonや楽天市場など 1ポイント=1円 のサービスも多いです。

それを基準に考えると、「交換する商品によって還元率が変わるのは複雑だ」と感じます。

ポイントを「集めさせる」

これは、ポイントの「本来の姿」を考えると当然なのかもしれません。
例えば、地元のパン屋さんでの「スタンプカード」を考えると、「たくさん集めて特別な商品と変えるもの」だとわかります。

これなら、お店側にとってもメリットがあります。

  • 継続的に利用してもらったり、
  • ふだんは買わない特別な商品に誘導したり、

販売促進につながるからです。

そう言われてみれば、確かにポイントをためて、ちょっと贅沢ができるのが楽しいんだよね。

ポイント経済圏

一方、1ポイント=1円のポイントでは、あまりためる意味がありません。
すぐに使っても「損にならない」からです。

次回すぐに使えばいいんだもんね。

それなら、その買い物で割引してくれた方が便利。
でも、ポイントの意義がなくなっちゃうか……。

確かに「割引」にも宣伝効果はありますが、「ついで買い」や新たな商品の提案などはできません。

ただ、このような 1ポイント=1円のポイントでも、同じポイントを利用しているお店のグループ(ポイント経済圏)の利用を促す効果があります。

割引でなく「ポイント」にしている以上、お客さんの購買行動を促す、言い換えれば「行動をコントロールする」目的があるんですね。
その部分に「複雑さ」があるわけです。

ある意味、お店側の「振り付け」通りに振る舞うから、「お得」になるわけだね。

こちらもどうぞ。
クレジットカードの不正利用に気づくには? 【クレジット明細アプリとセキュリティ】
クレジットカードって怖いよね クレジットカードで一番怖いのは不正利用ですよね。ニュースで不正利用事件について見て、クレジット明細アプリの使い方は大切だなぁと思ったので、ご紹介します。 利用明細がわかるのが早ければ、詐欺被害は防げる クレジットカード決済の場合、約1ヶ月後にまとめて明細が届くので、知らないうちに悪用されて高額の請求が来るのが心配です。 この「知らないうちに悪用される」というのがポイン...

インターネットでクレジットカード支払いで入力する3項目 【セキュリティコードの意味】
インターネットでの買い物で、一番便利なのはやはりクレジットカード決済でしょう。注文時に支払いまで完了するのが魅力です。 でも、クレジットカード情報を入力することに不安を覚える方も多いと思います。 「セキュリティコードだけで、大丈夫なのかな?」と疑問に思って、まとめてみました。 支払い方法で入力する主な項目 インターネットショッピングだけでなく、アプリやチケットを購入するときなどには、必ず注文前に支...

クレジットカードを不正利用された【カードアプリのセキュリティ】
家族がクレジットカードの不正利用にあった、ってLINEがあったのよ。 やっぱり、スマホでクレジットカードを使うのって怖いね。 身近な人でも「クレジットカードを乗っ取られた」という話を聞くことが増えました。 インターネットではクレジットカードが主流ですが、便利な反面 不正利用の怖さがあります。 ただし、クレジットカード情報をアプリで管理することが、セキュリティにつながる面もあります。 かくいう私も、...

ホームセンターでカード情報と個人情報が流出した?【クレジットカードのセキュリティ】
新聞で「ホームセンターでクレジットカード情報が流出した」って書いてあったんだけど、大丈夫かな? 新聞を読んでいたら、身近なホームセンターの名前が出てきたので、びっくりしました。 とはいえ、これは直営のネット通販サイト(ECサイト)の話です。実店舗や楽天やYahooなどのショッピングモールサイト経由で買い物をしていたからといって、直接の関係はありません。 今回は、不正アクセスに関するニュースの「読み...
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
クレジットカードのポイントはお金じゃない(還元率と経済圏)
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました