【スポンサーリンク】

DNSでのルーターとプロバイダの関係(DNSサーバ)

この項目は、随時追記します。なにかのヒントになれば嬉しいです。

家庭内のパソコンやスマホがインターネット上のウェブサイトにつなぐ場合、ルーターやプロバイダによって接続先を見つけていきます。

\記事が役に立ったらシェアしてね/

この記事では、わかりやすさを重視して説明しています(やや厳密さには欠ける表現もあります)。イメージが掴めたら、より専門的な解説へと進んでください。

【スポンサーリンク】

ドメイン名解決とDNSサーバ

URLのドメイン名からウェブサーバの IPアドレスを取得することを「ドメイン名解決」といいます。
このドメイン名解決をするサーバを、「DNSサーバ」といいます。

ネームサーバ

DNSサーバは、別名「ネームサーバ」とも呼ばれます。

プロバイダのDNSサーバから

多くの家庭内ルーターでは、ドメイン名解決のために まず契約プロバイダのDNSサーバに問い合わせます。
ルーター(またはONU)の設定で、契約プロバイダのDNSサーバのIPアドレスを登録しているからです。

1つのDNSサーバがすべてのサーバを管理できるわけではありません。
ドメイン名やDNSサーバは階層構造になっています。
大元のDNSサーバから順次問い合わせて、接続先のIPアドレスを知っているDNSサーバまでたどっていきます。

パブリックDNSサーバ

ちなみに、契約プロバイダのDNSサーバを使うかは必須ではありません。
端末設定によっては別のDNSサーバ(パブリックDNSサーバ)のIPアドレスを指定して利用できます。
例えば、Google Public DNS(8.8.8.8) やCloud flare Public DNS (1.1.1.1)を使うなど。

ルーターのDNSハイジャック

あるいは、ルーター内にDNSサーバ機能をもたせることも可能です。
ただし、個々のルーターにDNSサーバ機能をもたせるのは管理が大変。

不具合や脆弱性によって、インターネット上のドメイン名が偽装される(DNSハイジャック)可能性があるからです。
例えば、オンライン銀行のドメインを偽サイトに誘導する、など。

こちらもどうぞ。
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
DNSでのルーターとプロバイダの関係(DNSサーバ)
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました