スポンサーリンク

[Windows 11] 急にOutlookのアイコンがなくなった?【アプリのピン留め】

Windowsとりあえずのメモ追記予定の話

この記事はまだ途中です。なにかのヒントになれば嬉しいです。

Q
急に Outlookのアイコンがなくなりました。
どうすればいいですか?
A

スタート画面やタスクバーにピン留めしているアイコンが「急になくなった」という場合、アプリそのものがパソコンから削除されていることは少ないです。

まずは、「スタート(田:画面下)」から「すべてのアプリ」を探してみましょう。

間違えて、スタート画面やタスクバーのピン留めを解除してしまった可能性があります。

キーワード
スポンサーリンク

タスクバーとスタート画面

Windows 11では、画面下にある「タスクバー」によく使うアプリが並んでいます。

タスクバーの中央左には「スタート(窓のマーク)」があり、押すとスタート画面が表示されます。
ここにもよく使うアプリが並んでいます。

タスクバーとスタート画面は、よく使うアプリを並べておくためのスペースです。

すべてのアプリ

タスクバーにもスタート画面にも、アプリが見つからないときには、「すべてのアプリ」を探します。
画面右上にある「すべてのアプリ」をクリックすると、アプリがA-Z順、あいうえお順に並んでいます。

例えば、Outlookなら、「O」のグループにあります。

ちなみに、Windows 10 から 11にアップグレードしたときにも、スタート画面のタイルが初期化されるので、アプリが見つからなくなることがあります。

タスクバーにピン留めする

アプリを見つけたら、クリックすることで起動できます。

アプリを起動すると、ウィンドウが表示されるだけでなく、タスクバーにもアイコンが表示されます。
このアイコンを右クリックすると、「タスクバーにピン留め」という項目があります。

よく使うアプリは、このようにタスクバーにピン留めしておけば、すぐに作業を開始できるので便利です。

反対に、タスクバーのアイコンを右クリックすると、「タスクバーのピン留めを外す」こともできます。

デスクトップからスタート画面へ

以前は、デスクトップにショートカットを作ることが多かったですが、デスクトップが散らかりやすい問題点がありました。最近では、アプリのアイコンは、デスクトップではなく、タスクバーやスタート画面にピン留めするほうが一般的です。

タスクバー」という名前は、実行中のタスク(作業)のアイコンが並ぶことに由来しています。

ちなみに、スタート画面でアプリを右クリックしても、「タスクバーにピン留め」を選択することができます。

「すべてのアプリ」で見つけられない

あれれ?「すべてのアプリ」を見たんだけど、ないよ。

アプリが見つけられないときは、「検索」を使うとスムーズです。

スタート画面の上部にある「検索するには、ここに入力します」をクリックして、アプリの名前を入力していくと、パソコン内に入っているアプリを探し出してくれます。

カタカナだと見つけられないこともあるので、綴りは間違えないようにしましょう。

もし、これでも見つからない場合は、アプリそのものをアンインストールしてしまっている可能性があります。

その場合は、Outlookをダウンロードしたり、ライセンス認証する必要があります。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
[Windows 11] 急にOutlookのアイコンがなくなった?【アプリのピン留め】
タイトルとURLをコピーしました