スポンサーリンク

「Androidユーザー補助設定ツール」って何?【トークバック機能】

Androidとりあえずのメモスマホはじめて

Androidユーザー補助設定ツール」は、トークバック機能を中心に、いくつかのユーザー補助機能をまとめたアプリです。

トークバック機能は、スマホ画面を見ずとも、音声とスワイプ操作でスマートフォンを操作できる機能です(試してみると独特の操作感がわかります)。

そのほか 障害などによって、スマートフォン操作が難しい場合に、代替の操作方法を提供します。

スポンサーリンク

Androidユーザー補助ツールにはスマホ代替操作機能がまとめてある

Playストアの更新リストに、「Androidユーザー補助ツール」というアプリがありました。

Androidユーザー補助設定ツール」という名前からは、「ユーザー補助設定をするためのアプリ」のように見えます。

しかし、英語では「Android Accessibility Suite」です。つまり、ユーザー補助(Accessibility)に関する機能を、まとめてパッケージにした(Suite)アプリということになります。

ユーザー補助(Accessibility:アクセス可能)」は、もともと「障害者補助・障害者支援」とも呼ばれます。しかし、「障害」の有無に関わらず、さまざまな人の状況や必要を補助するものなので、「ユーザー補助」という表記になっています。

トークバックでスマホを操作する

「ユーザー補助」もいろんな分野がありますが、どんな機能をまとめているか、というと「スマートフォンの操作方法」です。

「Androidユーザー補助設定ツール」のPlayストアのアプリIDをみると、”com.google.android.marvin.talkback“となっています。

このことから、もともと「トークバック」機能を主として、発展してきたアプリということがわかります。

「トークバック」は、画面内のカーソルをスワイプとダブルタップで操作していく方法です。
選択した範囲を機械音声が読み上げてくれるので、「トークバック」といいます。

トークバックでの操作
  • カーソルの項目を決定:ダブルタップ
  • 次の項目にカーソル移動:右にスワイプ
  • 前の項目にカーソル移動:左にスワイプ
  • トークバックのオフ:音量大・音量小を同時に長押し

画面内をタップする操作方法と違うので初めは戸惑いますが、慣れると読み上げ音声を頼りに、「画面を見ずに」スマートフォンを操作できます。

細かな文字が見えにくい場合に役に立ちますね。

外部スイッチや顔ジェスチャーでの操作

「ユーザー補助設定ツール」では、トークバック以外にもさまざまな操作方法を提供しています。

例えば、USBなどでスイッチをつないだり、カメラへの顔ジェスチャーで操作したりなど、指先以外の操作方法を選択することができます。

もちろん、通常のスマホ操作に比べると、時間がかかる面はありますが、ゆっくりでも「自分で操作する可能性」が開かれている点が重要です。

障害でスマートフォンが操作できない場合でも、いろんなユーザー補助の選択肢があると、うまくフィットするかもしれません。

どんどん機能が追加されているので、ぜひ試してみてください。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
「Androidユーザー補助設定ツール」って何?【トークバック機能】
タイトルとURLをコピーしました