スポンサーリンク

個人情報の入ったパソコンをどうやって廃棄する?【個人情報と自然環境を保護する】

いろんな周辺機器パソコン基礎知識

ずっと抱えている悩みなのですが、 使用していないパソコンの廃棄は、どうするのがベストなのでしょうか?

パソコンには個人情報が入ってるので、うかつに廃棄できなくて、過去に購入したものが数台残っています。

情報消すソフトもあるようですが、「それだけでは復元できてしまう」という情報も目にします。 基盤に穴を空けてくれるサービスをやってる電気屋さんもあるようですが、他人に任せてよいのか心配があります。

通常は、電気屋さんなどで回収してもらえば、十分だとは思います。ただ、もし、個人情報の面が心配があるならば、ひと手間かけて内蔵ハードディスクを破壊すればよいでしょう。

ポイント
  • 個人情報が心配なら、ハードディスクを破壊するのが確実。
  • パソコン本体の処分は、資源再利用のためにメーカーの回収に出す。
スポンサーリンク

パソコン廃棄の2つの観点

バソコンの廃棄については、2つの観点があります。

  • ゴミの分別(自然環境の保護)
  • データ消去(個人情報の保護)

データを読み取れなくする

個人情報の保護については、内蔵のハードディスクを「破壊」するのが確実です。

分解して、ハードディスクを取り出して、ハンマーで衝撃を与えれば、完全に破壊することができます。

ハードディスクは、機械の中にディスク(円盤)が入っていて、データが電磁的に刻まれています。円盤がゆがんだり破損すれば、読み取ることはできなくなります。

通常のハードディスクの「故障」では、読み取り機が故障していることが多いので、別の機械に付け替えることで復旧する可能性があります。しかし、ディスクが破壊されてしまえば、データは戻りません。

データの復旧と抹消

「情報を消すソフト(データ抹消ソフト)」も、データを「0」で上書きするので、理屈の上ではデータ復旧はできないはずです。

データの「抹消」と「削除」って、何が違うの?

そもそも、データの「復旧」とは何なのか、確認してみましょう。

通常のファイルの「削除」では、刻まれたデータを完全に抹消するわけではありません。番地に「空き」のチェックをつけるだけです。

いわば、「空き家」だけど、家は残っている状況で、「更地」にはなっていません。

確かに、このままだとディスク内をくまなくチェックすると、データの残骸を見つけ出すことができます。これが「復旧」です。

したがって、ハードディスクを隅々まできちんと空白で埋めれば、復旧はできません。

その分、処理に時間がかかります。

ただし、パソコン内部の処理は、直接確認できないので、消去ソフトが正しく動作しているか、一抹の不安がないわけではありません。

無料ソフトだと、本当に消去できているか、不安なものもあります。

ゴミは分別して処分する

ディスクを破壊したら、ゴミの処分ですが、これは地方自治体によります。

基本的には、PC本体は法律(資源有効利用促進法)によって、メーカーが回収するようになっています。電気屋さんを通して回収してもらうのが一般的です。

取り出したハードディスクは、基本的には「不燃ゴミ」(または自治体によっては小型家電の回収なども)として処分することができます。

廃品回収業者は?

廃品回収業者の訪問のときに、パソコンなどを回収してくれる場合があります。

ほとんどの業者はきちんと処分していると思いますが、訪問の業者では素性がよくわからない側面もあります。回収後にきちんとデータの抹消などの処理されるのか、心配がないとはいえません。

もし、業者に処分を依頼するなら、事前に信頼できる業者なのか実績などを調べてから、自分から連絡した方がよいかもしれません。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
個人情報の入ったパソコンをどうやって廃棄する?【個人情報と自然環境を保護する】
タイトルとURLをコピーしました