スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google検索のリンク先がAMPページじゃなくなった?【2021年7月】

ニッチな話題ホームページ運用

2021年7月11日、Google Analyticsを見ていたら、不思議なことに気づきました。

アクセスページが、AMPページではなく、通常ページになっているのです。

検索数の増減については、誤差の範囲でした。

一瞬、AMPページ自動生成の設定がオフになってしまったのか、と思いましたが、確認すると、ちゃんと表示されます。

chiilabo.com/?amp=1

AMPページは、ページの装飾を減らして、表示を軽量化したページのことです。通常のページに比べて、いくつかの表示のスタイルが制限されています。

このブログ同様、多くのウェブサイトで、通常ページから自動的にAMPページを生成するようになりました。

2019年〜2020年頃に、GoogleはAMP対応を推奨し、表示を軽量化したAMPページが検索上位になっていました。

このブログでも、スマホから検索して表示される場合は、AMPページが表示されていました。

一時的な不具合やABテストなのかもしれませんが、もしかすると、5Gでモバイル通信速度が向上したことと関係あるのでしょうか?

スマホでもパソコン同様に通常ページを表示するのが一般的になるのかな、と考えたり……。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
Google検索のリンク先がAMPページじゃなくなった?【2021年7月】
タイトルとURLをコピーしました