スポンサーリンク
スポンサーリンク

[iPhone/iPad]メモアプリの2つの使い方【クラウドとノート】

インターネット小話スマホ基礎

iPhone/iPad 標準のメモアプリは、メモを書き留めておくだけでなく、写真を挿入したり、フォルダに分けて整理したり、かなり複雑な機能を持っています。

今回は、メモアプリが高機能化した理由を、iCloudと関連付けながら見てみましょう。

ポイント
  • 「メモ」は、クラウドにデータを保存するようになって、残して探すものになった。
  • 標準のメモアプリは、iCloudと連携して、Evernoteのような使い方が一般化した。
スポンサーリンク

メモアプリとiCloud

メモアプリは、メモをリストに貯めるだけでなく、フォルダに分類して保存することができます。

メモアプリのフォルダ管理

メモのフォルダ管理がより重要になったのは、データをiCloudに保存できるようになったことと関係しています。

メモアプリは、クラウド上にメモを保管できるようになると、一度作成したメモが、いつでもどの端末でも閲覧できるようになります。メモは、書き捨てるものから、書き残すものになりました。

クラウド保存のノートアプリは、Evernote(2010年〜)やOneNoteが有名です。

出典::最高のメモアプリ – Evernote で大切なノートを整理

2010年前半は、「クラウドサービス」の黎明期で、データの保存場所を端末からインターネット上に移行することで、いろんな新しいアプリケーションが考案されました。Evernoteなどのデジタルノートアプリもその一つです。

mac PCが iCloudでのメモの同期に対応したのは、OS X Mountain Lion(2012年7月25日〜)からです。

iCloudに「メモ」が追加された。出典:OS X Mountain Lion 10.8 はiCloudで本領を発揮する [Mac OSの使い方] All About(2012年08月13日)

新しいOS X Mountain Lionでは前バージョンよりiCloudの適用範囲が広がっており、自動的に同期できる項目が増えている。

(…)

Mail の ノートが「メモ」として独立。メールサーバーを通じて同期する。

OS X Mountain Lion 10.8 はiCloudで本領を発揮する [Mac OSの使い方] All About(2012年08月13日)

クラウドに保存するノートアプリは、容量を気にせず、何でも残すことができます。

つまり、メモアプリが、
(1)文章入力に機能を絞ったアプリ(メモ帳)から、
(2)文章・画像などを一箇所にまとめるためのアプリ(ノート)へと、
進化した、といえます。

メモアプリの2つの使い方
  • 「メモ帳」スタイル
    … シンプルな文章エディタ
  • 「ノート」スタイル
    … 情報のスクラップブック

たくさんのノートは、フォルダで分類したり、検索によって探します。

ノートアプリの3つの特徴
ノートアプリの3つの特徴

つまり、ノートアプリは、文章を作成するだけでなく、整理・検索する仕組みがセットになっています。

iPhone / iPad の「メモ」アプリも、メモからノートに進化したんです。

一時期 話題になった Evernoteが、その後 伸び悩んだ背景は、iCloudのメモ(Apple)や、OneNote(Microsoft)、Google Drive(Google)といった、大企業のクラウドストレージと連動した文書アプリに押された点が挙げられます。

メモアプリのフォルダ管理

メモアプリでも、フォルダを作成したり、削除して、メモを管理できます。

メモアプリでフォルダを作成・削除する
メモアプリでフォルダを作成・削除する

フォルダの名前を後から変更したり、移動したりすることもできます。

メモアプリでフォルダを整理する
メモアプリでフォルダを整理する
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
[iPhone/iPad]メモアプリの2つの使い方【クラウドとノート】
タイトルとURLをコピーしました