スポンサーリンク
スポンサーリンク

インターネットって何?【スマートフォンとサーバ】

スマホ基礎パソコン基礎知識ミニ用語辞典

スマートフォンが、電話よりパソコンに近いと言われる理由の1つは、「インターネット」につながることです。

よく、ウェブページを見ることを「インターネットを見る」といいますが、「インターネット」は、それだけではありません。電子メールや地図など、さまざまなアプリが、インターネットを経由して、別のコンピュータにつながることで動いています。

つまり、「インターネット」は、世界中のコンピュータがつながった「巨大なグループ」ということになります。

常に稼働している大型コンピュータのことを「サーバ」といいます。インターネットでは、たくさんのサーバが協調して「橋渡し・交通整理」をすることで、世界中のコンピュータをつなげることができます。

スマートフォンがインターネットに参加する方法は、大きく2通りあります。

一つは、携帯電話会社とモバイルデータ通信の契約を結ぶことです。スマートフォンは基地局につながり、そこから携帯電話会社のサーバを通して、インターネットにアクセスすることができます。

それとは別に、自宅や職場では、「Wi-Fi」という無線ネットワークにつなぐ方法もあります。この場合は、スマートフォンは無線ルータという機械につながります。そこから、光回線などでインターネット接続業者(プロバイダ)のサーバにつながって、インターネットへとアクセスします。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
インターネットって何?【スマートフォンとサーバ】
タイトルとURLをコピーしました