スポンサーリンク
スポンサーリンク

問合せフォームにスパムが多いので、reCAPTCHA認証を有効にした(Contact Form 7の場合)

インターネット小話ニッチな話題ホームページ運用

教室に来る問合せにスパムメールが多く、整理に時間がかかります。

おそらく自動ツール(ボット)が、見つけたフォームに手当り次第 送りつけてきているようです。

このままでは本来のお問合せを見逃しかねないので、reCAPTCHA認証を加えることにしました。

ポイント
  • WordPressの Contact Form 7 プラグインを利用している。
  • Googleアカウントがあれば、reCAPTCHAを登録できる。
  • 生成された2つのキーをContact Formの設定に入力する。
スポンサーリンク

Contact Form 7でGoogle reCAPTCHAを使う

要点をかいつまんで説明すると、Contact Form 7は、7 4.3 以降 標準でreCAPTCHAに対応しています(Really Simple CAPTCHAプラグインは不要になっている)。

そこに、Google reCAPCHAのキーを入力すればよいわけです。

GoogleのreCAPTCHA API

reCAPTCHA機能は、Googleの運営しているシステムです。

API(Application Programming Interface)という仕組みで、自分のサイトに reCAPTCHA機能を組み込むことになります。

Googleアカウントがあれば、登録して利用できます。

reCAPTCHA v3と v2 とありますが、わたしは v3を選びました。

  • reCAPTCHA v2 … ボタンを押させて人間確認。
  • reCAPTCHA v3 … サイト内の操作の特徴から自動的に人間確認。

登録できると、サイトキーとシークレットキーをもらえます。

Contact Form 7と外部システムを連携する

生成されたサイトキー(公開鍵)とシークレットキー(非公開鍵)を、Contact Form 7の「インテグレーション」で設定します。

これで完了です。

reCAPTCHAが設定できた

表示画面の右下にreCAPTCHAのマークが表示されるようになりました。

reCAPTCHAを有効にするとプライバシーポリシーが表示される
reCAPTCHAを有効にするとプライバシーポリシーが表示される

プライバシーポリシーを消す

すべてのページにプライバシーポリシーのマークが表示されるのは邪魔なので、問合せページにプライバシーポリシーへのリンクをつけます。

アンカー広告と重なってしまうのも困ります。

グーグルによると、送信前にプライバシー表記をすればバッジを非表示にしても構わないそうです。

Frequently Asked Questions  |  reCAPTCHA  |  Google Developers

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
問合せフォームにスパムが多いので、reCAPTCHA認証を有効にした(Contact Form 7の場合)
タイトルとURLをコピーしました