【スポンサーリンク】

らくらくスマートフォンで「d払い」を使う

らくらくスマートフォンで「d払い」で支払うには、まず「d払い」アプリを開きます。

らくらくスマートフォンの場合、通常 ホーム画面の「ダウンロードしたアプリ」の中に、「d払い」アプリがあります。

あとは、レジで画面内のバーコードを見せれば、買い物ができます。

\記事が役に立ったらシェアしてね/
【スポンサーリンク】

簡単な後払い・安心の前払い

支払い方法は、大きく分けて「後払い」・「前払い」の2種類があります。

d払いの支払い方法
  • 電話料金と合算:後払い
  • d払い残高:前払い
  • クレジットカード:後払い

電話料金と合算」は、毎月の電話料金と一緒にまとめて後で支払う方法です。「電話料金合算」は、月の利用限度額が決まっているので、慣れないうちは安心です。

設定可能ご利用限度額は、1万円(税込)/3万円(税込)/5万円(税込)の範囲内で、ご契約状況、ご利用状況やお支払い状況などに応じてドコモが設定/変更するため、お客様ごとに異なります。(中略)

今月のご利用金額およびご利用可能残高は毎月1日にリセットされます。

よくある質問|d払い – かんたん、便利なスマホ決済

d払い残高」は、事前に「チャージ(入金)」しておいて、その中から支払う方法です。チャージは、コンビニの自動発券機などを利用して支払います。はじめは、ちょっとややこしいかもしれません。

ほかに、「クレジットカード」と連携する方法などがありますが、 慣れないうちは「電話料金合算」か「d払い残高」のどちらかから始めるとよいと思います。

使いすぎが心配な人は「d払い残高(前払い)」を管理する、
ATMなどの操作が苦手な人は「電話料金合算(後払い)」がオススメです。

支払い方法に「クレジットカード」を選ぶと、クレジットカードの上限が利用限度額になります。ただし、「3Dセキュア」という本人確認のために、あらかじめIDやパスワードを設定しておく必要があります。

3Dセキュアを導入することでより安全なお取引が可能
出典:3Dセキュア(クレジットカード本人認証サービス)とは | 決済代行のゼウス

d払いの支払い方法として、クレジットカード払いが選択できます。「VISA」「Mastercard」「American Express」「JCB」のいずれかのブランドで、本人認証サービス(3Dセキュア)の設定がされているクレジットカードであれば、d払いの支払い方法に設定可能です。(中略)

d払いの支払い方法にクレジットカードを設定しておくと、クレジットカードの利用限度額を上限として支払い可能です。

d払いの支払い方法はクレジットカードがいい?メリットや注意点を解説|ドコモでおトク!家計相談

こちらもどうぞ

80代スマホ苦手の生徒さんがキャッシュレスを習った理由(d払い)
80代の生徒さんから「d払いをやってみたい」と相談を受けました。理由を伺ってみると、「最近、レジで会計をするときに、小銭を用意するのに手間取るようになったから」という答えが返ってきました。確かに、キャッシュ決済なら、いつでもピッタリで支払うことができますね。
どうしてドコモはフィッシング詐欺の全額補償をしたの?【ドコモの決済サービス】(2021年10月)
ニュースでドコモでフィッシング詐欺があったらしいんだけど、全額補償されるんだって。 全額補償って、すごいよね。 通常、携帯会社がフィッシング詐欺の補償をすることは珍しいですよね。 今回、ドコモが全額補償をした背景には、ドコモが決済サービスを提供していることが関係しています。 現在の携帯会社は、通信だけではなくコンテンツ配信・通販・決済とさまざまな分野のサービスを手掛けています。 ポイント ドコモは...
らくらくスマートフォンでQRコードを読み取る【カメラアプリの便利機能】
らくらくスマートフォンでは、カメラアプリに「QRコード読み取り」機能があります。ピントを合わせるだけでも、QRコードを読み取れますが、うまく認識できないことがあります。その場合は、「メニュー」の「便利機能」から「QRコード」を選ぶと認識精度が上がります。
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
らくらくスマートフォンで「d払い」を使う
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました