スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうして「安否確認」アプリに登録しないといけないの? 【エマージェンシー コール】

インターネット小話スマホ基礎

会社から災害時の安否確認のために、登録するように言われたんだけど……。

パソコンやスマホをあまり使わない人でも、働いている企業から電子システムの登録を求められることがあります。

パスワードを決めたりするのは、慣れていないと「面倒」な操作です。

しかし、自分の情報を自分で管理することは、今や誰でも必要なことなんですね。

災害時の安否確認サービスはいくつかありますが、今回は「エマージェンシー コール」を紹介します。

ポイント
  • 安否確認システムは、従業員の安否確認を自動化する仕組み。
  • これまで担当者がしていた業務を、電子システムに置き換える。
  • 一人ひとりの従業員が自分でシステムを利用をする必要がある。

従業員の立場だと、今までのままでよかった、と思いますよね。

しかし、全体の効率化のために電子システムを導入するケースは多くなっています。

スポンサーリンク

どうして安否確認システムが必要なの?

災害時の連絡なんて、電話やメールでいいんじゃないの?

わざわざアプリなんて必要かな?

災害時は電話回線が混み合って、なかなか連絡が取れないことがあります。

そのために、電話以外の連絡手段もいくつか考えられています。

例えば

災害ダイヤル」。音声を吹き込んでおいて、知り合いに聞いてもらう方法があります。

企業の安否確認システムも基本的には同じです。

しかし、企業の場合は 出勤できるかどうかなど、業務に関わる報告もあるので、一般の災害ダイヤルを利用することはできません。

もう一つの理由は、店長や事務員などの管理業務の負担を少なくすることがあります。

安否確認のシステム
引用元:安否確認システムのエマージェンシーコール|インフォコム株式会社

スタッフ一人ひとりに電話やメール連絡をすると、時間もかかりますし、集計や報告の手間もかかります。

安否確認システムを使うと、それぞれのスタッフが自分や家族の状況を報告することができます。

安否確認システムの登録

エマージェンシーコールには、ウェブ版とアプリ版があります。

安否確認システムを使うには、はじめにウェブ版で利用登録を完了する必要があります。

安否確認システムを導入すると、担当者から登録する手順を渡されます。

教えられる情報
  • ログイン画面のアドレス(QRコードなど)
  • ユーザID(社員番号など)
  • 仮パスワード
Emergency Callのログイン画面
引用元:一般ユーザ操作手順サンプル(日本語版)

担当者から教えてもらったアドレスやQRコードにアクセスすると、会社や団体ごとのログイン画面が表示されます。

ユーザIDと仮パスワードを入力すると、まずは「パスワード変更」の画面になります。

仮パスワードは担当者も知っているものなので、改めてパスワードを設定します。

パスワード変更と連絡先情報の登録
引用元:一般ユーザ操作手順サンプル(日本語版)

連絡先を登録してテスト送信で確認する

初期設定の中では、もっとも大事なのは 連絡先を登録することです。

電話番号やメールアドレスを登録することができます。

興味深いのは、「テスト送信」です。

実際に確認システムからの電話やメールを受信できるか、確認することになります。

エマージェンシーコールでは、確認率100%を掲げています。

登録時にはやや面倒に感じますが、実効性を高めるための仕組みなんてす。

アプリのログイン

スマホの場合は、エマージェンシーコールのアプリをインストールすることができます。

アプリストアでも公開されています。

安否確認アプリのログイン
安否確認アプリのログイン

接続先 企業コードは、ウェブ版の画面からも設定できます。

スマホアプリでは、メッセージを受信したり、確認項目を選択して回答することができます。

電話の場合は、音声ガイドに従って、ダイアルで選択することになるので、アプリの方がラクですよ。

エマージェンシーコールの管理メリット
  • 従業員の緊急連絡先をもれなく把握できる。
  • 緊急時に一斉にメッセージを発信できる。
  • 選択式の安否回答で過不足なく確認できる。
  • 回答するまで自動通知を送り続けられる。

安否確認ぐらい肉声を聞きたいもんだけど、時代なんだねー。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
どうして「安否確認」アプリに登録しないといけないの? 【エマージェンシー コール】
タイトルとURLをコピーしました