Macで撮ったスクリーンショットのファイル名を変更したい〜defaults write com.apple.screencapture

スポンサーリンク

Macで撮影したスクリーンショットを、ブログにアップロードして使うとき、ファイル名に日本語文字列が含まれるのが嫌だったので、調べてみました。

スポンサーリンク

スクリーンショットの撮影の仕方

Macでは、コマンドキーを使ってスクリーンショットを撮影することができます。

  • ⌘+Shift+3(画面全体)
  • ⌘+Shift+4(ドラッグして範囲選択)

このときのファイル名は、「スクリーンショット 2020-09-03 13.09.46.png」のように保存されます。

ところが、この「スクリーンショット」という全角文字列は、ウェブなどで利用するときにはやっかいです。

こんなこともありました。

ということで、設定を変更したいと思います。

スクリーンショットの設定はターミナルで変更する

「システム設定」アプリを探しても、スクリーンショットの項目は見当たりません。

実は、スクリーンショットの設定は、ターミナルのコマンドで変更するのです。

スクリーンショットのファイル名は、「先頭の名前」と「日付」に分かれています。

先頭のファイル名を「ScreenShot」変更

defaults write com.apple.screencapture name ScreenShot

コマンドの読み方を解説しておきます。

  1. 「defaults write」→「設定を書き込む」
  2. 「com.apple.screencapture」→「apple.comのスクリーンキャプチャ プログラムについて」
  3. 「name ScreenShot」→「ファイル名をScreenShotにする」

これで、「ScreenShot 2020-09-03 14.30.39.png」のようなファイル名になります。

勝手に「先頭の名前」と「日付」の間に空白文字が入るんですね

注意点としては、引用符は付ける必要がないようです。

これでファイル名から全角文字をなくすことができました

先頭のファイル名をデフォルトに戻すなら

defaults write com.apple.screencapture name スクリーンショット

スクリーンショットのファイル名の日付のオン・オフ

ここまでで目的は達成できましたが、一応日付部分の操作コマンドも書いておきます。

include-date(日付を含める)」というフラグのオン・オフを変更することになります。

ファイル名の日付をなしにする

defaults write com.apple.screencapture include-date -bool false

ファイル名に日付をつける(デフォルト)

defaults delete com.apple.screencapture include-date

こちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました