【スポンサーリンク】

スマホの画像ファイルを一箇所にまとめるには【オープンソースの「シンプルファイル管理」アプリ】

スマートフォンのファイル管理アプリは、機種を買い換えるごとに操作方法が変わるのが煩わしいです。
そこで、「シンプルファイル管理」をインストールして使っています。

無料アプリだと、広告表示や情報収集などが気になりますが、「シンプルファイル管理」は、「オープンソース開発」で、内部の設計図も公開しています。

\記事が役に立ったらシェアしてね/
【スポンサーリンク】

シンプルファイル管理(Simple Mobile Tools)

こないだは、OneDriveアプリの作業で、スマホ内の画像ファイルを一箇所にまとめる必要が出てきました。

そこで、今回は スマートフォンのファイル管理アプリの使い方 をご説明します。

どのアプリで操作を説明したらよいかな……

ファイル管理アプリはたくさんあります。
スマートフォンの機種によってもさまざまです。
人に説明しようとすると、いつも「どのアプリで教えようか」と迷います。

今回は「シンプルファイル管理」というアプリを例に、見ていきたいと思います。

いろいろファイル管理アプリを試してみて

私もはじめはスマートフォンに、もともとインストールされているファイル管理アプリを使っていました。しかし、機種を買い換えるごとに操作方法が変わるのが煩わしいです。

そこで、最近はファイル管理アプリをインストールして、使っています。

これまで「ES File Explorer」とか「File Commander」とか、いくつかのファイル管理アプリを試しましたが、「シンプルファイル管理」に落ち着きました。

「シンプルファイル管理」の特長
  • 無料
  • 広告がない
  • 必要な権限が最小限
  • デザインがシンプル
  • 日本語化されている
  • ソースコードが公開されている

どうしても、無料アプリだと収益源を確保するために広告がつきものです。
よくあるのが、「スマホの動作を軽くする」などというアプリ広告が出てきたりします。

しかし、このシンプルファイル管理」は、広告が出てこないんです。

開発元のSimple Mobile Toolsはオープンソース開発

そうなると、何か個人情報を収集しているのか、とも思ったりします。
ところが、「アプリの権限」を見ても必要最小限

それでも「人に紹介するなら信頼できるアプリを」ということで、開発元の「Simple Mobile Tools」も確認してみました。

Simple Mobile Tools

A group of simple, open source Android apps without ads and unnecessary permissions, with customizable widgets.

(カスタマイズ可能なウィジェットを備えた、広告や不要な権限のないシンプルなオープンソースのAndroidアプリのグループ)

https://www.simplemobiletools.com/

オープンソース開発」というのは、内部の設計図(ソースコード)も公開することです。
つまり、勝手に変な情報収集などはしていないことを第三者が確認できます。
これなら安心です。

Simple Mobile Toolsの GitHubリポジトリもあって、設計図を見ることができます。

開発者を支援したくなったら、99円の有料版を購入することもできます。

寄付で成り立っているんだね。

ファイルをフォルダにまとめる

ということで、いよいよ本題!

今回は「シンプルファイル管理」アプリを例に、ファイルの移動をしていきます。

シンプルファイル管理の基本的な画面構成
ファイルをフォルダにまとめる3ステップ
  • 保存場所を探す
  • フォルダの作る
  • ファイルを移動する

カメラの写真の保存場所を探す

まずは、カメラの写真がどこに保存されているか、確認しにいきましょう。

写真データは、「内部」の中の「DCIM」フォルダをみると、カメラアプリごとに小分けされて保存されています。

写真ファイルの保存場所

カメラアプリの作るフォルダ名はスマートフォン機種によって異なります。わたしの場合は「Camera」というフォルダ名でした。

こんなフォルダ名が多い
  • Camera
  • 100ANDRO
  • 100SHARP
  • 100SONY

画面上部の場所の「DCIM」をタッチすると、「DCIM」フォルダの階層に戻ります。

フォルダの新規作成

DCIMに「古い写真」というフォルダを作ってみます。

  1. 「+(新規作成)」ボタンをタップする
  2. フォルダ名を入力して、OKをタップする
  3. フォルダが追加されます

全部の写真ファイルを移動する

それでは、さきほどのCameraフォルダを表示して、全ての写真を移動します。

  1. 写真ファイルを一つ長押し(ロングタッチ)する
    画面右上の「︙(メニュー)」をタップする
  2. 「すべて選択」をタップする
    同様に「︙」→「移動」をタップする
  3. 移動先フォルダに先ほど作成したフォルダを選択する

ということで、これで Cameraフォルダは空になりました。

あとは、OneDriveのカメラアップロードから「古い写真」フォルダを除外すればOKです。

こちらもどうぞ。

「シンプルファイルマネージャー」が14日しか使えなくなった(更新で試用期間が追加)
「シンプルファイルマネージャー」が、最近の更新で「14日の試用期間」が設定されてしまいました。 有料版も買い切りで100円なので、使いやすさを考えると十分リーズナブルです。 ただ、誰にでも勧められなくなったのは残念。 最近、いろんな無料サービス・アプリが、維持できなくなっているね。 残りの試用期間を確認する 「シンプルファイルマネージャー」を起動すると、試用期間の残りの日数が表示されました。 すで...
OneDriveのバックアップが終わらない? カメラアップロードから古い写真を除外したい
先日、OneDriveが調子が悪かったので、何度か再インストールしました。 そこで問題になるのがカメラアップデート。スマホの中の全部の写真を延々と、OneDriveにアップロードしだすのです。 今回は、OneDriveを再インストールしたときのちょっとしたコツについて説明します。 カメラアップロードの基本的な仕組み 「カメラアップロード」は、スマホで撮影した写真をOneDriveというクラウド・ス...
持続化給付金申請の「ファイルを選択」の方法 【画像・写真の保存場所】
インターネット操作の場合、申請書の証拠書類(通帳の表面など)はコピーを郵送しなくても、スマートフォンで撮った写真を選択するだけで、手続きをすることができます。 今回は、ファイルの選び方を説明します。(2020年7月28日現在、機種:BASIOの場合) ファイルを選択する2つの手順 画像ファイルの選択には2つの方法があります。 カメラ…その場で写真を撮るファイル…スマートフォンに保存してある写真を使...
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
スマホの画像ファイルを一箇所にまとめるには【オープンソースの「シンプルファイル管理」アプリ】
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました