【スポンサーリンク】

「DNSレコード」とは?

この項目は、随時追記します。なにかのヒントになれば嬉しいです。

「DNSレコード」は、「インターネットの住所帳」のようなものです。
DNSレコードには、ドメイン名からIPアドレスに変換するプロセスで必要な情報が記録されています。

\記事が役に立ったらシェアしてね/
【スポンサーリンク】

DNSレコードは誰でも見られる

DNSレコードは、誰でも簡単に確認できます。

ドメイン名を使ってウェブサイトにアクセスしたり、メールを送受信したりする際に、バックグラウンドで自動的に参照されています。

直接 確認するには:

  • オンラインのDNSルックアップツール
  • コマンドラインツール
DNS

「DNS(Domain Name System)」は、人が覚えやすいドメイン名を、コンピュータや他のデバイスが理解できる数値のIPアドレスに変換する役割を担っています。

www.example.com → 192.0.2.1

オンラインDNSルックアップツール

インターネット上には、DNSレコードを確認できる無料のオンラインツールが多数あります。

例えば:

これらのサイトでドメイン名を入力するだけで、Aレコード、MXレコード、TXTレコードなど、様々な種類のDNSレコードを確認できます。

ブラウザでアクセスするだけで、特にソフトをインストールしなくてもよいのが便利です。

DNSレコードを確認するコマンド

Windows、macOS、Linuxなど、ほとんどのOSには、DNSレコードを確認するコマンドがあります。

nslookupコマンド(Windows)

コマンドプロンプトで nslookup コマンドを使用します。

nslookup -type=mx example.com

このコマンドは、example.com のMXレコードを取得します。-type= の後に他のレコードタイプ(例:atxtns)を指定することもできます。

digコマンド(macOS、Linux)

ターミナルで dig コマンドを使います。

dig example.com MX 

このコマンドは、example.com のMXレコードを取得します。
他のレコードタイプを取得するには、MX の部分を適宜変更します(例:ATXTNS)。

これらの方法を使えば、特定のドメインに関連するDNSレコードを簡単に取得できます。

DNSレコードに記録されている情報

DNSレコードは、サーバ管理画面で設定します。

DNSレコードにはいくつかの種類があり、それぞれ異なる情報を提供します:

  • Aレコード(アドレスレコード):
    ドメイン名をIPv4アドレスに変換します。
  • AAAAレコード(クワッドAレコード):
    ドメイン名をIPv6アドレスに変換します。
  • MXレコード(メール交換レコード):
    ドメインのメールを受け取るメールサーバーのアドレスを指定します。
  • CNAMEレコード(キャノニカルネームレコード):
    一つのドメイン名を別のドメイン名にマッピングします。
    これは別名設定によく使用されます。
  • NSレコード(ネームサーバーレコード):
    ドメインのDNS情報を管理するネームサーバーを指定します。
  • TXTレコード:
    任意のテキスト情報を提供します。
    このレコードは、SPF(送信者ポリシーフレームワーク)やDKIM(ドメインキー識別メール)など、メールの認証とセキュリティに関連する情報を格納するのに使用されます。
  • SRVレコード(サービスレコード):
    特定のサービスを提供するサーバーのアドレスとポート番号を指定します。
こちらもどうぞ。
レンタルサーバのDNSレコードの意味(レジストラとDNSサーバ)
自分で取得したドメインから自分のレンタルサーバに誘導するには、ドメイン管理会社にレンタルサーバ会社のネームサーバを登録し、レンタルサーバ会社のネームサーバにDNSレコードを登録しておく必要があります。 ちいラボでは、ドメイン管理会社にムームードメイン、レンタルサーバにmixhostを利用しています。 ドメインのDNSサーバ設定 ドメイン管理会社でドメインを取得すると、どのDNSサーバで受け取るのか...

DNSでのルーターとプロバイダの関係(DNSサーバ)
家庭内のパソコンやスマホがインターネット上のウェブサイトにつなぐ場合、ルーターやプロバイダによって接続先を見つけていきます。 ドメイン名解決とDNSサーバ URLのドメイン名からウェブサーバの IPアドレスを取得することを「ドメイン名解決」といいます。このドメイン名解決をするサーバを、「DNSサーバ」といいます。 ネームサーバ DNSサーバは、別名「ネームサーバ」とも呼ばれます。 プロバイダのDN...

詐欺サイトでよく見る duckdns.org はどんなドメインなの?【ダイナミックDNS】
Duck DNSは、無料でサブドメインを取得できるので、詐欺サイトに悪用されるケースも多いです。

「reCAPTCHA」とは?【GoogleのCAPTCHA認証システム】
ポイント CAPTCHAは、自動ツール判定テスト。 reCAPTCHAは、Googleのシステム。 「人間とマシンを判別するテスト」のことを「CAPTCHA認証(キャプチャにんしょう)」といいます。 「CAPTCHA認証」は、インターネットにアクセスしているのが、コンピュータの自動接続ではなく、本当に人間なのかを調べるための仕組みです。 カタカナ語の意味調べ 「CAPTCHA(キャプチャ)」という...

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
「DNSレコード」とは?
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました