スポンサーリンク

Javascriptでmac用のツールを作ってみる【Electron】

とりあえずのメモプログラミング

簡単なファイル整理用のMacツールを作ってみたので、メモをしておきます。

スポンサーリンク

ElectronとAtomとクロスプラットフォーム

Electronというアプリ開発環境があります。もともとAtomというエディタソフトを開発するときに生まれました。

ちょうどGIMPを作るときに生まれたGTKみたいですね。

Atomエディタは、WindowsだけでなくMac, Linuxそれぞれで動くエディタです。クロスプラットフォームなわけです。ElectronはAtomエディタを作るときに作ったフレームを利用して、さまざまなアプリを作ることができます。

Node.jsとChromium

Atomをクロスプラットフォームにするために大きな工夫があります。それは、Node.jsとChromiumをランタイムにしていることです。

簡単に言うと、Atomは、それぞれのプラットフォームに対応してあるブラウザの上で動作しているわけです。ちょうど、ウェブ上のサービスが、どのプラットフォームでも動作するように。

ファイル管理など、ローカルのシステムにアクセスする仕組みは、Node.jsという仕組みで実現しています。Node.jsはJavascriptを解釈して、ローカルコンピュータの入出力を扱うことができます。

このように別々に発展してきたChromium(外見)とNode.js(内部動作)というシステムを組み合わせることで、Javascriptを使って、GUI表示と入出力ができる、クロスプラットフォームなアプリができあがるわけです。

すごいですよね。

今回は、macで開発環境とアプリを作ってみました。

準備その1:Node.jsのインストール

公式ページでnode.jsのパッケージをダウンロードします。

準備その2:Electronのインストール

electronはターミナルからnpm(Node.jsのパッケージマネージャ)からインストールできます。

インターネットブラウザからインストーラーをダウンロードするのではなく、コマンド操作でインストールできます。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
Javascriptでmac用のツールを作ってみる【Electron】
タイトルとURLをコピーしました