スポンサーリンク

[au] デジラアプリにログインできない 【どうやってアップデートする?】

インターネット小話スマホ基礎冊子テキスト

デジラアプリは、auのモバイルデータ通信量を確認するためのアプリです。たまに更新があると、ログインできない(=確認できない)ことがあります。

デジラアプリの更新は、「auマーケット」という特別なアプリストアを利用するので、戸惑うことがあります。

特に、利用規約・プライバシーポリシーの変更がある場合は、「承諾」の手続きが必要になります。

デジラ」アプリを通して、auアプリのアップデートの特色について整理してみましょう。

ポイント
  • デジラアプリは、auのデータサーバに接続して通信料金を表示する。
  • データサーバの修正に合わせて、アプリの更新が必要。
  • 通常のアプリと異なり、auマーケットから更新する。
  • auマーケットは、au 独自のアプリストア
環境

Android、au、京セラ BASIO 3。

スポンサーリンク

「古いバージョンのためにログインできません」ってどういうこと?

アプリを起動したら「古いバージョンでログインできない」って メッセージが出たよー💦

「デジラアプリ」は、auのモバイルデータ通信量の残量を確認するためのアプリです。いわゆる「ギガ」がどれくらい残っているか を見ることができます。

まずは、エラーメッセージを確認してみましょう。

デジラアプリが古いバージョンでログインできない。
デジラアプリが古いバージョンでログインできない。

デジラアプリ

古いバージョンのためログインできません。
ストアから最新バージョンにアップデートしてください。
残データ容量は、データチャージサイト(https://dc.auone.jp)でもご確認いただけます。

デジラアプリの更新の仕方がわからないままだと、このようなエラーになります。

デジラアプリは auマーケットからアップデートする

実際にデジラアプリをアップデートしましょう。

  1. 更新メッセージの「OK」をタッチする
  2. 無料」または「auスマートパス対応アプリ」をタッチする
  3. ダウンロード確認メッセージに「OK」をタッチする
  4. ホーム画面に戻って、デジラアプリを開き直す

デジラアプリの通知の「OK」を押すと、「auスマートパスで開く」という画面が表示されました。

更新のメッセージに「OK」を押すと、「auマーケット」につながり、ダウンロードすることができます。

アプリのバトンリレーでアップデート画面に進む

auスマートパス」を開くと、「デジラアプリ」の「アプリ詳細」が表示されます。

その中の「サービスを利用する」ボタンを押すと、今度は 「auマーケット」アプリに切り替わります。

どうして、このような ややこしいことをするかというと、
auスマートパス」は、アプリを探すためのアプリで、
auマーケット」は、アプリを管理・更新するためのアプリ、
という役割分担があるからです。

auマーケットで自動アップデートされない理由

「auマーケット」では、アプリの追加(インストール)や更新(アップデート)ができます。

あれ? 勝手にアップデートされるんじゃないの?

よく見ると、「自動アップデート許可」にチェックが付いています。このチェックがついていると、通常は空いている時間に自動でアップデートされるはずです。

手動で「アップデート」ボタンを押すと、自動でアップデートされない理由がわかります。それは、「プライバシー情報の外部送信」に対して「承諾」が必要だからです。

お客様情報の外部送信について」の説明を一番下まで確認すると、「承諾する」ボタンを押すことができます。あとは、「バージョンアップ確認」で「はい」をすると、更新データのダウンロード・インストールが開始します。

アップデート、ダウンロード、インストール…

横文字ばっかりで ややこしいよー💦

アップデート」とは、アプリの更新データを
スマホに転送して(ダウンロード)、
システムに組み込む(インストール)こと です。

アップデートが完了すると、デジラアプリで月の残データ容量が確認できました。個人のデータが表示されているので、「ログイン」できていることになります。

今回は、auIDのパスワードの入力はありませんでした。アプリ内のログイン情報がそのまま有効でした。

このように、利用規約やプライバシーポリシーが変更されると、アプリによっては「同意・承諾」が必要になります。

面倒だと思ったけれど、勝手に変更されないだけ「親切」なのかもね。

デジラアプリにアップデートが必要な理由

「デジラ」アプリは正常な動作すると、残っているデータ通信量や料金プランが確認できます。

デジラアプリの画面
デジラアプリの画面

個人の利用状況を管理している auのデータサーバは、日々セキュリティを強化するために修正されます。そこで、デジラアプリが古いままだと接続できなくなります。

データサーバに対応するためには、アプリを最新版にアップデートする必要があるのです。

アップデートとアプリストア

アップデート(update:更新)」というのは、アプリを最新の状態にすることです。

アプリの不具合を直したり新機能を追加したりすると、データサーバという大きなコンピュータにアプリの最新版が用意されます。これが「通知メッセージ」としてスマートフォンに表示されます。

それぞれのスマートフォンを使っている人は、インターネットを通して、サーバーから最新データをコピーしてくる必要があります。これを「ダウンロード」といいます。

アプリストアの仕組み
アプリストアの仕組み

auマーケットとGoogle Playストア

LINEやFacebookなど一般のアプリは、Googleの運営する「Playストア」で提供されています。つまり、インストールやアップデートはPlayストアから行います。

しかし、デジラアプリは、Playストアではなく、「auマーケット」からインストールします。ですので、通常のアプリのアップデートとちょっと操作画面が異なるわけです。

アプリストア(インストール・アップデート)
  • 一般のアプリ … Playストア
  • デジラアプリなど … auマーケット

なんか他のアプリのアップデートと違って、複雑ねぇ

「auスマートパス」はアプリ使い放題サービス

アップデートの途中で「auスマートパス」っていう言葉が出てきたけれど、これは何?

auスマートパス・auスマートパスプレミアム」というのは、携帯電話会社auのスマートフォン向け会員サービスです。セキュリティ対策などがセットになった月額サービスです。

「auスマートパス」には、アプリ使い放題サービスが含まれています。

通常は有料のアプリが、「auマーケット」から追加・更新することができます。

auスマートパスとスマートパスプレミアムには、アプリ使い放題サービスがある
auスマートパスのサービスの1つにアプリがあります

スマートフォンを支える会社はたくさんある

スマートフォンの基礎を支えている会社は大きく3つあります。

携帯電話会社(キャリア)auモバイル通信と基本的なアプリ
(メールやメッセージなど)
メーカー京セラハードウェアや基本的なアプリ
(カメラ・電話など)
基本システム(OS)Googleシステムや基本的なアプリ
(設定・アプリストアなど)
auで京セラのBASIO(Androidスマートフォン)を利用している場合

この3社が基本的なアプリの開発に携わっています。だからこそ、基本的な操作ほど機種による違いが多くあります。

一方で、LINEやAmazon、Facebookなどの一般的なアプリは、それぞれが別の会社のサービスです。このようなアプリは独立しているので、機種による違いはほとんどありません。

今回のデジラアプリは、携帯電話会社(キャリア)の用意したアプリなので、更新などがややこしかったのですね。

ラバーマスク ゴジラ
Party Story
これは「デジラ」じゃなくて「ゴジラ」

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
[au] デジラアプリにログインできない 【どうやってアップデートする?】
タイトルとURLをコピーしました