スポンサーリンク
スポンサーリンク

【注意】こんな無料の「スマホ最適化」アプリには要注意【勝手にルート化するマルウェア】

インターネット小話スマホ基礎

「スマホ最適化」アプリの中には、勝手にセキュリティを無防備にしてしまうアプリがあります。「よくわからない便利ツール」アプリをインストールしないことが大事です。

ポイント
  • 「最適化ツール」は、スマホのさまざまな権限を利用する。
  • よくわからないアプリを「インストール」するは危険!
  • 「インストール」は、スマホ内に「招き入れる」こと。

ウェブページやYouTubeを見ていると、「スマホ最適化」アプリの広告があります。よく知らないと表示されるままに何個もインストールしているケースも見受けられます。

「インストール」は慎重にしましょう。

スポンサーリンク

システムの欠陥から勝手にルート化される

Androidスマートフォンを、ユーザーの知らないうちに「ルート化」してしまうアプリが、Google Playストアなどで見つかりました。

ルート化」とは、システムファイルの保護を解除して、何でも変更できる状態にすることです。マルウェア「AbstractEmu」は、Androidシステムの不備を突いて、スマートフォンを無防備にしようとします。

いったん「ルート化」されると、通常は制限されている操作もできるようになってしまうため、マルウェアは、個人情報や端末内のデータを外部に送信したり、さらに別のマルウェアをインストールしたり、やりたい放題できてしまいます。

Google Playストアなどでは、アプリの事前チェックしていて、マルウェアを除外するようになっていますが、このチェックをかいくぐるアプリがあったことになります。

マルウェアは便利ツールアプリとして公開されていた

セキュリティ企業Lookoutによると、マルウェアを含むアプリを19個以上あり、ほとんどが「便利ツール」として、公開されていたそうです。

ほとんどはダウンロード数が少ないものの、中には1万回以上ダウンロードされているアプリもありました(現在はストアから削除されています)。

出典:Rooting Malware Makes a Comeback: Lookout Discovers Global Campaign
Lite Launcher – Super lightweight and smooth interface for Android – Lite Launcher – Smart & Fast Launcher | Android Forums

一見、普通のホーム画面アプリに見えますね。

偽アプリを見分けるポイント

対策としては、まずは「よくわからない便利ツール」アプリをインストールしないことが大事です。

ほとんどの場合、アプリをインストールしても、スマホの負荷が増えて逆効果です。

その上で、偽アプリを見分けるポイントをおさえておきましょう。

偽アプリの特徴
  • 開発元が企業名ではない
  • ダウンロード数が少ない
  • レビューの数やスコアが低い
怪しいアプリはどうやってアカウントを「乗っ取る」の?(セッションの乗っ取り) – スマホ教室ちいラボ
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
【注意】こんな無料の「スマホ最適化」アプリには要注意【勝手にルート化するマルウェア】
タイトルとURLをコピーしました