スポンサーリンク
スポンサーリンク

App Storeにつながらない?【サインアウトとサインイン】

インターネット小話スマホ基礎

友達がiPhoneにアプリを入れようとしてくたんだけど、なぜか うまくつながらなくって……。

どうすれば、いいのかな?

iPhoneでは、アプリは「App Store(アップ・ストア)」から追加します。

たまにApp Storeにつながらないときがありますが、サインインし直すことで「仕切り直し」できることがあります。

App Storeにアクセスできない場合
  • iPhoneのインターネット接続が無効になっている。
  • 通信会社のシステム障害。
  • Appleサーバのシステム障害。
  • Apple IDの認証エラー。
スポンサーリンク

App StoreとApple Storeの違い

そもそも、App StoreとかApple Storeとか、何が違うの?

iPhoneには、名前に「Store(ストア)」とついているアプリが3つあります。

  • iTunes Store:音楽・映画
  • App Store:アプリ
  • Apple Store:製品

「iTunes Store」は、もともと iPodなどで音楽やPodcastをダウンロードするためのサービスでした。今では音楽だけでなく映画なども購入できるようになっています。

「App Store」は、iPhone/iPadの「アプリ(Application Software)」を追加したり、更新したりするためのサービスです。

「Apple Store」は、Apple製品のネット通販です。iPhoneやMacbookだけでなく、イヤホンやGPSタグなども販売しています。

今回は、アプリを追加するから、App Storeだね。

iTunes Storeは、iPodの音楽をパソコンで管理していた人にはお馴染みかもしれません。

Apple Storeは、iPhoneの販売開始のニュースなどで実店舗は見かけますが、iPhone にもアプリとして入っているんですね。

App Storeにアクセスできない

「App Store」アプリを開いてみると、「App Storeに接続できません」と表示されていました。

この場合、いくつかの原因が考えられます。

App Storeにアクセスできない場合
  • iPhoneのインターネット接続が無効になっている。
  • 通信会社のシステム障害。
  • Appleサーバのシステム障害。
  • Apple IDの認証エラー。

「再試行」のボタンを押してもそのままです。

モバイルデータ通信

まず、一番に確認するのは、iPhoneのモバイルデータ通信が有効かどうかです。月のデータ使用量を使い切っていたり、間違って「機内モード」にしてしまっていたりして、インターネットにつながらなくなっていることは少なくありません。

見落としがちなのが、アプリごとの通信設定です。

iPhoneでは、アプリごとにインターネット通信の有効/無効を設定することができます。もし、App Storeが「無効」だと、接続できません。

システム障害

通信会社やAppleのサーバは、常時稼働していますが、たまに「システム障害」になる場合があります。

だいたい1日ほどで復旧するので、それまでは待つしかありません。

インターネットで検索して、システム障害がないか確認します。

Apple IDの認証エラー

ほかに考えられる要因が、Apple IDの「認証エラー」です。

iPhoneのシステム全体のApple IDではなく、App StoreのApple IDを確認します。

App Storeの右上のアイコンを押してみます。すると、自分のApple IDが確認できました。「サインイン」はできてはいるようです。

しかし、改めて「サインイン」し直すために、一度、赤い文字の「サインアウト」を押します。

Apple IDとパスワードを入力すると、無事にApp Storeを利用できるようになりました。

Apple IDのパスワードを忘れてしまっていると、直せません。

なぜ、サインインをし直す必要があったのか?

どうして、サインインできていたはずなのに、もう一度 パスワード入力が必要だったんだろう?

このように「サインインし直す」必要があるのは、認証の仕組みに理由があります。

毎回、パスワードを入力してサインインするのは大変なので、一度 パスワードを入力してサインインすると、一定期間アクセスできる「通行証」のようなデータがサーバから発行され、iPhoneに保存されます。App Storeのサーバは、iPhone内の「通行証」が有効な間は、それを確認するだけで アクセスを許可します。

しかし、サーバの更新などで「通行証」の仕組みが変わると、iPhone内の「通行証」は古くなってしまいます。

本来は、「通行証」がなくなると自動的にサインアウトされますが、iPhone内に「サインイン」の記録だけが残っている状態になることがあります。すると、「サインインされているはずなのにアクセスできない」ということになります。

そこで、いったん「サインアウト」して、「サインイン」し直す必要が出てくるのです。

このようにスマホにパスワードを覚えさせていても、定期的に「サインイン」を求められることがあります。必要に応じて、パスワードを入力できるように管理しておく必要がありますね。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
App Storeにつながらない?【サインアウトとサインイン】
タイトルとURLをコピーしました