スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなQRコードもLINEひとつで大丈夫 【QRコードリーダーとアプリリンク】

スマホ基礎

巷でよく見かけるQRコードの使い方をしっかり学んでみましょう。

※「QRコード」は株式会社デンソーウェーブ様の登録商標です。

スポンサーリンク

LINEアプリが便利

QRコードリーダーアプリはたくさんあるけれど
QRコードリーダーアプリはたくさんあるけれど

QRコードを読み込むのには専用のアプリが必要なのか?

答えは「はい」でもあり、「いいえ」でもあります。というのも、多くの皆さんのスマートフォンに入っている「LINE」アプリがあれば、QRコードは読み込むことができるからです。

以前はQRコードを読み込むためには、専用のアプリをインストールする必要がありました。

しかし、今ではほとんどの人がインストールしてある「LINE」アプリで読み取るできるようになりました。

わざわざアプリをインストールするところから説明する必要がなくなったので、便利になりましたね

QRコードを読み取る手順

ということで、さっそくQRコードを読み取ってみましょう。

さくさく行きますよー

LINEでQRコードを読み取ろう(友だち追加)
LINEでQRコードを読み取ろう(友だち追加)
  1. LINEアプリを立ち上げて、「ホーム」から「QRコード」を立ち上げます。
  2. QRコードが枠の中に収まるようにカメラを向けます
  3. 読み取れました!

LINEアプリの「QRコードリーダー」のボタンに気づけば、あとはあっという間ですね。

逆に自分の「友だち登録用」のQRコードを見せるには?

LINEで自分のQRコードを見せる(マイQRコード)
LINEで自分のQRコードを見せる(マイQRコード)
  1. LINEアプリを立ち上げて、「ホーム」から「QRコード」を立ち上げるまでは一緒です。
  2. 「マイQRコード」をタッチします
  3. QRコードが表示されるので、相手のスマホで読み取ってもらいます

QRコードリーダーのアイコン

ちなみにこのQRコードのアイコンは、「カメラの枠の中にコードを収めている図」を図案にしたものです。

コードリーダーのアイコンは枠の中にコードを読み取る図案
アイコンはコードを読み取る操作が図案になっている

LINE以外のQRコードもスキャンできます

LINEアプリのQRコードリーダーの面白いところは、LINEの友だち登録やLINE PayのQRコード決済だけでなく、ほかのQRコードも読み取ることができることです。

へぇー、LINEだけじゃないだね

LINE以外のQRコードも読み込める
LINE以外のQRコードも読み込める

LINE以外のコードを読み込んだ場合は、青い文字(リンク)と「リンクを開く」ボタンが画面上に表示されます。

リンクを開くと、リンク先のウェブページが表示こされます。

リンクアドレスによってはPay PayやZoomなど対応するアプリが開き、操作をすることができます。

間違ったQRコードを読み込んだだけでは、勝手にお金を支払われたりはしないのでご安心下さいね

QRコードのしくみ

ここでQRコードのしくみを少し確認してみましょう。

バーコードと二次元コード(QRコード)
バーコードと二次元コード(QRコード)

QRコードはバーコードが発展したもので、「二次元バーコード」とも呼ばれます。

「二次元バーコード」の方が一般名で、覚えやすい「QRコード」の方は株式会社デンソーウェーブの登録商標です

まず、これまでのバーコードですが、バーコードは何桁かの数字を表しているものです。それだけでは「ただの数字の羅列」ですが、商品番号を登録したレジスターで読み込むと、商品の名前や価格がわかる、というしくみです。

QRコードも同様です。QRコード自体には何か機能があるわけではなく、ただの文字列にすぎません。読み込んだスマートフォンがQRコードの文字列を「解釈」して、アプリを処理をします

「アプリリンク」というしくみ

アプリリンクの仕組み
アプリリンクの仕組み

多くのQRコードは「URL」というインターネットのアドレスの形式になっています。URLを読み込んだ場合は、そのウェブページを開きます。

しかし、スマートフォンには「アプリリンク」というしくみがあります。そのURLに対応するアプリがあると、アプリ選択画面から選ぶことができるのです。この「アプリリンク」によってインターネットの代わりに、LINEで「友だち登録」をしたり、「QRコード決済」ができたりするのです。

アプリリンクに対応するアプリがない場合
アプリリンクに対応するアプリがない場合

もし、対応するアプリがなければどうなるかというと、対応するアプリのウェブサイトを表示するだけで、特に処理は進みません。例えば、QR決済の「PayPay」の支払いリンクをスキャンした場合は、アプリがなければサービス紹介のページが表示されます。

基本システムであるAndroidがURLを見て、自動的にアプリを判断してくれます

まとめ:LINEアプリがあればQRコードはバッチリ

LINEアプリがあれば、どんなQRでも「読み込め」ます。アプリに対応したQRコードは、そのアプリを事前にインストールしていなければ、勝手に処理が進んだりはしません。

QRコードを使えば、LINEの友だち登録をしたり、支払いをしたり、という操作がスムーズにできます。ぜひ、慣れておきましょう。

やってみよう

最近は、小学校の教科書にもQRコードがあります。

下の画像のQRコードを読み込んで、何のインターネットページが表示されるか見てみましょう。

教科書でも使われるQRコード
教科書でも使われるQRコード

傾いていても大丈夫。全体が入るように少し遠めに映すのがコツ!

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
どんなQRコードもLINEひとつで大丈夫 【QRコードリーダーとアプリリンク】
タイトルとURLをコピーしました