スポンサーリンク
スポンサーリンク

AdGuardライセンスを iPhone で利用開始する 【ライセンスのアカウント管理】

インターネット小話スマホ基礎パソコン基礎知識

今回は、広告ブロックソフト AdGuard を例に、「ライセンスのアカウント管理」というテーマでお話します。

スポンサーリンク

AdGuardはパソコンでもスマホでも利用できる

「AdGuard」は、パソコンやスマートフォンの広告ブロックツールです。

セキュリティソフトのように、ライセンスを購入して利用します。

パソコンの場合は、ライセンスキーを入力するだけで利用開始できます。

しかし、iPhoneのアプリにはライセンスキーを入力する場所がありません。

iPhoneのAdGuardでライセンスを登録したい
iPhoneのAdGuardでライセンスを登録したい

「ログイン」から利用開始するのですが、その前に AdGuardの会員登録が必要です。

操作の流れ
  1. AdGuardのウェブページでアカウントを作成する
  2. iPhoneのAdGuardアプリでログインする

AdGuardのアカウントを作成する

まずは、パソコンでAdGuardのウェブページを表示します。

画面右上の「マイ・アカウント」からログインページを表示します。

マイ・アカウントから会員登録する
マイ・アカウントから会員登録する

はじめての登録は「サインアップ」です。メールアドレス・パスワードなどを入力して決めます。

アカウントにライセンスを紐付ける

会員登録ができると、「ライセンスを追加」することができます。

すでに購入しているライセンスキーを入力して、自分のアカウントに紐付けします。

AdGuardアカウントのライセンス管理
AdGuardアカウントのライセンス管理

この画面では、どの端末でライセンスを利用しているのか、確認できます。

すでに利用しているWindows PC の情報が表示されています。

iPhoneアプリからライセンスを利用する

ライセンスの追加ができれば、iPhoneでログインします。

先ほど登録したメールアドレス・パスワードを入力しましょう。

iPhoneのAdGuardアプリでログインする
iPhoneのAdGuardアプリでログインする

これで、iPhoneでもAdGuardアプリのすべての機能が有効になりました。

インターネットでAdGuardの「マイ・アカウント」を確認すると、ライセンスを利用している端末が増えているのが確認できます。

QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
AdGuardライセンスを iPhone で利用開始する 【ライセンスのアカウント管理】
タイトルとURLをコピーしました