【スポンサーリンク】

パソコンのSSDが壊れたけど Windows 10を再インストールできた

この項目は、随時追記します。なにかのヒントになれば嬉しいです。

  • 短い停電のあと、急にパソコンが起動しなくなりました。
  • いろいろ調べてみると、内蔵SSDが物理的に故障してしまったようです。

そこで、仕方がないので SSDを交換して、Windows 10 をクリーンインストールしてみました。
公式サイトで配布されているツールから、USBメモリをインストールメディアにします。

元の Windows 10 がすっかり消えてしまったので、Windowsのライセンスが有効なのか不安だったのですが、ちゃんと認証されました。

「デジタル ライセンス」が Microsoft アカウントにリンクされていたのです。

Windows は、Microsoft アカウントにリンクされたデジタル ライセンスによってライセンス認証されています。

Windows 10ではセットアップ時に、Microsoftアカウントでのサインインがあります。
このときに、すでに確認済みのデバイスのライセンスが認証されたのです。
Microsoft Officeなどは消えてしまいましたが、Windows だけは入れることができてよかったです。

Windowsの初期設定で、Microsoftアカウントを設定するのは面倒だと思っていたけど、こういうときに役立つんだね。

こちらもどうぞ。
HDDから容量の小さなSSDにクローンして換装する(Acer Gateway NE574-H14G/F)
4年前のノートパソコンの起動が遅くなっていたので、SSDに換装することにしました。 今回の作業では、HDD(1TB)から容量の小さいSSD(256GB)へディスククローンするのがポイントになります。 ついでに、メモリも増設します。 PC環境 Acer Gateway NE574-H14G/F(2017年販売) 結論としては、同容量のSSDの方が作業が単純でオススメです。 小さい容量に合わせてデータ...

[Windows] 回復ドライブの作成と回復パーティションの作成の違いは?
回復ドライブと回復パーティションの違いをまとめます。 回復ドライブは外部メディアに作成する Windows 10 が起動できなくなったときには、USBメモリから復旧できます。そのためには、あらかじめUSBメモリ(回復ドライブ:Recovery Drive)を作成しておきます。「回復ドライブの作成」を起動すると、USBメモリを Windows RE の起動ドライブにすることができます。 回復パーティ...

プレインストール版のOfficeをセットアップする(Office 2016の場合)
パソコンを購入する際にワードやエクセルなど、マイクロソフトオフィスが付属しているものを選ぶことが多いですが、初期設定でつまづいてしまう方をよく聞きます。 そこで、今回はプレインストール版Officeのセットアップについて解説します。 必要なものを確認しよう Office 2016 のセットアップには、Microsoft アカウントと Office 製品のプロダクト キー(25 文字)が必要です。 ...

古いPCから新しいPCにOfficeを移行できる?【ライセンス次第】
Microsoft Officeの「ライセンス(使用権)」は、Microsoftアカウントに登録します。 インストールしたMicrosoftアカウントがあれば、再インストールはスムーズです。 プロダクトキーは、基本的に一回限りの使い切りです。 ただし、有償ですがサポート窓口で「譲渡手続き」をすることもできます(現在はほぼ終了)。 「自分が買ったモノ」でも、簡単には移せないんだね。 基本は、インスト...
QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
パソコンのSSDが壊れたけど Windows 10を再インストールできた
【スポンサーリンク】
タイトルとURLをコピーしました