【スポンサーリンク】

auメールをどう使う?(キャリアメールとウェブメール)

この項目は、随時追記します。なにかのヒントになれば嬉しいです。

\記事が役に立ったらシェアしてね/
キーワード

キーワード:

【スポンサーリンク】

auメール・アプリ・Webメール

auメール
  • au回線契約で利用できるメールアドレス(@au.com/@ezweb.ne.jp)です。
  • 送受信には、携帯電話のメール機能やスマートフォンの
    「auメール」アプリを使うのが基本ですが、そのほか
    1. マルチデバイス設定」や
    2. Webメール」、
    3. IMAPほかのメールアプリiOSメールやGmailなど)」
  • に設定できます。
auメールアプリ
  • auメールサービスを利用するための、携帯通信会社(KDDI)の公式アプリです。
    (ほかのアプリに設定することもできる)
  • auメールサービスは携帯回線契約に紐づいているため、auメールアドレスの管理/変更、自動転送設定、迷惑メールフィルター設定等にはau回線契約情報が必要です。
  • 「2023年10月の更新後に送受信が不安定になった」というレビューも多いです(2023-11-27時点)1
auメールの「マルチデバイス設定」
  • auスマートフォンで使っているメールアドレス(@au.com/@ezweb.ne.jp)を、スマホとタブレットの両方でメールが受信できるようにする仕組みです。
  • 既読・未読やフォルダの管理なども同期されます。
  • 設定変更後に送受信するメールはサーバ保存(サーバ同期型)に変更され、ローカル保存方式への再変更はできません。
  • サーバ保存容量は 400M/5,000件で、超過した場合は古いメールから自動削除されます。

auメールのWebメール機能
  • auメール(@au.com/@ezweb.ne.jp)をブラウザから閲覧・送信する仕組みです。
  • 携帯電話が手元にないときでも、auメールが確認できます。
  • 初回は au IDによる利用登録が必要ですが、追加料金なしで利用できます。
  • Webメールを利用するとメールサーバ保存容量が400MB/5,000件に拡大されます2
    (ローカル保存時は200MB/500件/30日)
auメールのIMAP設定
  • auメールのIMAP設定情報をもとに、auメールをほかのメールアプリ(Gmailなど)に設定できます。
  • メールアプリによって新着通知の間隔が異なるので、リアルタイムでの着信通知が行われない場合があります。
  • IMAPを利用設定すると、以降の送受信するメールは、サーバ同期型(IMAP)となり、端末保存方式への再変更はできません。
    (サーバ保存容量は400M/5000件)

auメールのWebメール機能を利用する

第4条 サービス内容

本サービスは、対象メールアドレスに係るメールサーバー内のメールボックス(以下
「本メールボックス」といいます。)に存在する電子メールを WEB ブラウザを通じて
閲覧すること、また WEB ブラウザを通じて電子メールを送信することを可能とするも
のです。また、お客様は、当社所定のホームページで掲示する本サービスの付加機能を
利用することができます。

auwebmail.pdf
月額使用料無料
申し込み不要
※初回ログイン時に利用登録

    Webメール機能を利用するには、
    https://www.au.com/mobile/service/webmail/login/ 
     から登録が必要です。

    1. 「ログインする」を押して、au ID・パスワードを入力します。
    2. 「利用規約を読んで同意します」にチェックを入れ、「登録メール送信」を押します。
    3. 携帯電話に「登録メール」が届くので、その登録用リンクを押すと、登録完了になります。

    「Webメールログイン」からメール操作ができるようになります。

    (補足)

    1. とにかく受信が遅延したり受信確認しても出てこなかったりと不安定過ぎてまともな連絡には使えない状態であるのが1番の問題ですね。2023年11月24日 – auメール – Google Play のアプリ
    2. Webメール | サービス・機能 | au
    QRコードを読み込むと、関連記事を確認できます。
    auメールをどう使う?(キャリアメールとウェブメール)
    【スポンサーリンク】
    タイトルとURLをコピーしました